水曜ミステリー9『逆光:保護司・笹本邦明の奔走』(ネタバラシあり)

http://www.tv-tokyo.co.jp/mystery9/index.html
 保護司・笹本邦明(橋爪功)は身元引受人の工務店社長・太地喜三郎(丸岡奨詞)と17年の刑期*1を経て仮出所となった名本登(萩原聖人)を迎えに行く。
 数週間後、刑事の石出誠(田中哲司)が笹本を訪ねてくる。ある旅館で宿泊中の女性・真柄きよ子(奥山佳恵)が(注:首つりの状態で)死んでいた件で、きよ子の死亡は自殺に見せかけた他殺事件の可能性があり、容疑者として名本があがっているのだという。出所した際の名本の様子から、事件を起こすとは信じがたい笹本が事実確認に向かうと、名本はきよ子と会っていたことは認めたものの、死亡したことは知らなかった。きよ子と名本は同郷の幼なじみで、刑務所の中にいるときも手紙のやりとりをしていた仲だった。
出所後に一度だけきよ子が訪ねてきて一緒に旅館に入ったが、名本は泊まらずに帰り、その時はまだきよ子は元気だったという。名本の証言を信じた笹本は疑いを晴らそうと試みるが、石出は前科がある名本が犯人と決め付けるような取り調べを行う。
 一方笹本の計らいで、名本は箱根の人里離れた場所の家具職人・上島作太郎(品川徹)のもとで働くことに。ところがしばらくして、その近くのモーテル裏の雑木林で若い女性の首つり死体*2が見つかって…。
【原作】水上勉*3「その橋まで」*4

 原作を後で読んでみようかと思いました。こういう話は刑事の視点で描かれることが日本のドラマでは多いように思いますが「名本を信じようと奮闘する笹本」の視点から描かれてる点が評価出来ますね(なお、終盤まで殺人事件の犯人が誰なのかはわかりません。犯人はわかりますがそれは別に笹本の推理によるわけではなく警察の通常捜査によるものです。「水曜ミステリー9」は謎解き物が多いですが、この作品は、別に謎解きミステリではないですね。サスペンスですかね。まあ、ネタバラシすれば犯人は名本ではないです)。
 日本の刑事ドラマでは「犯罪者は極悪人」であるかのように描かれますし、マスコミ報道も本当にそういう報道ばかりで、うんざりしますが、このドラマの「名本」は「元・凶悪犯罪者ではあるが根っからの悪人ではない」「笹本の期待にこたえようとしているらしい」という造形をされてるわけです。なお、出所した名本の生活も楽ではない。世間の偏見や「刑務所での生活に慣れてしまってること」などで名本は苦しむわけです。
 そういえば今村昌平『うなぎ』の山下拓郎(役所広司)(妻を殺害し、妻の浮気相手にも重傷を負わせたため無期懲役となるが仮釈放される)なんかも「殺人鬼」と言う描かれ方ではなくそういう描かれ方でしたね(原作は吉村昭『闇にひらめく』。なお、『闇にひらめく』に似た内容の作品『仮釈放』も映画作成においては参考にされている)。
 落ちも『うなぎ』に似ていますかね。単なる偶然だと思いますが。『うなぎ』ではトラブルを起こした山下は刑務所に収監され、名本もトラブルを起こして刑務所に収監されます。「凶悪犯罪を起こしたわけではない」と言う意味では救いがありますが、「刑務所への収監」と言う点では救いがない。
 山下はともかく名本にいたっては「俺みたいな奴が外でやっていけないことがよくわかった」「刑務所の方が気楽でいい」とまで自嘲するに至ってるわけです。
 ただ山下と名本の出所を待つ人間がいる点は一つの救いの訳です。まあ山下の場合、待ってくれる相手が恋人(?)服部桂子(清水美砂)ですが、一方、名本の場合、保護司・笹本(橋爪功)でまるで色気がない点は違います。

参考

水上勉『その橋まで』上下(新潮文庫) - 平穏無事な日々を漂う〜漂泊旦那の日記〜
 殺人犯として刑に服し、17年ぶりで娑婆に出てきた名本登。仮釈放を許され、自由の身になったとはいえ、彼は厳重な保護観察を受けなければならず、どんな微罪でも犯せば最後、たちまち刑務所に逆戻りだった。犯罪者の更生の苦しみを描く問題作。(上巻粗筋より引用)
 「週刊新潮」昭和45年10月3日号〜47年10月14日号にかけて連載。連載時タイトル「あの橋まで」。昭和47年、新潮社より単行本刊行。
 (ボーガス注:水俣病を取り上げた)社会派推理小説『海の牙』で(ボーガス注:探偵作家クラブ賞(現在の日本推理作家協会賞)を受賞し)売れっ子になった水上勉だが、推理作家時代は数年というイメージしかない。そもそも探偵作家クラブ賞を受賞した年に『雁の寺』で直木賞を受賞しているぐらいだし、以後も推理小説というよりは社会的な問題や人間の姿を描くといったところに力点が置かれていることから、これは殺人事件を扱っているから推理小説、これは殺人事件がないから普通小説、みたいな捉え方しかされていなかったんじゃないかと思う。そのうちに大物作家となって、推理小説を書かなくなってしまったが、罪をテーマにした作品を何作も書いており、ミステリのカテゴリに入れても問題がないような作品もある。
 この作品は、殺人事件で無期懲役判決を受け仮釈放された男が、変わってしまった世の中に戸惑い、微罪でも刑務所に逆戻りしてしまうという保護観察の檻に縛られながらも更生しようともがき苦しむ姿が描かれている。喧嘩に巻き込まれても、交通事故を起こしても、下手をすれば職務質問をしてきた警官の挑発に乗っただけでも、仮釈放は取り消されて刑務所に逆戻りしてしまうのだ。しかし主人公の名本は、刑務所の外でも苦しみ続ける。前科者・殺人者という冷たい視線と偏見と、厳しすぎる遵守事項は、自業自得とはいえ苦しいものだろう。
 傷害事件を引き起こし、名本は保護観察を取り消されてしまう。名本は、社会には出たくない、刑務所に一生過ごしたいと言い残し、刑務所へ帰っていく。更生しようともがくのに、社会の冷たさに絶望する名本の姿は、あまりにも哀しい。
 ただ名本がかつて殺した被害者については、ほとんど描かれることがなかった。
 かつての罪の重さに(ボーガス注:過去を反省した)名本が引きずられていることは事実だし、過去にばかり目を向けていてはいけないこともわかるのだが、その辺の描写が少ないことには残念に思った。
 なお、2004年9月26日の読売新聞によると、この小説にはモデルがいる。強盗殺人罪無期懲役を受け、仮釈放中の新潟県内の男性が、2004年9月8日に水上勉が亡くなった後に名乗り出た。富山県出身の男性は、戦後の混乱期で窃盗や恐喝を繰り返して少年院や刑務所を往復する。出所後の21歳の時、富山県内で母子を殺害する強盗殺人事件を犯し、無期懲役判決を受けた。15年後の1968年に仮釈放された後、服役中に自らの生い立ちをつづった15冊の大学ノートを何人かの作家に持ち込み、自分の人生に区切りをつけたいと訴えた。それに応えたのが水上勉だった。取材は2年間に及び、連載が始まったのがこの小説だった。男性は刑務所で身に着けた印刷の技術を生かして社会復帰し、結婚して一児をもうけた。しかし印刷所での現金盗難事件で真っ先に疑われて、地方を転々。20年前には妻とも離婚し、以後は一人暮らしだった。水上との付き合いはずっと続いていた。

*1:人妻とつきあっていた名本は痴情のもつれの末、人妻を殺害、夫にも重傷を負わせ無期懲役の判決を受ける。

*2:もちろんこれも殺人の疑い濃厚なわけです

*3:水上と言えば『海の牙』で1961年に第14回日本探偵作家クラブ賞を受賞し、当初は社会派ミステリ作家扱いされていました。内田吐夢監督、三国連太郎主演の映画によって代表作となった『飢餓海峡』(1963年刊行)も殺人事件が題材です。

*4:1974年に新潮社より刊行