「珍右翼が巣くう会」に突っ込む(10/5分:高英起の巻)ほか(追記・訂正あり)

【高以外のネタ】
■スーパーゲームズワークショップエンタテイメント『【翻訳記事】金甲洙氏のフェイスブックより「朴槿恵の身辺確保火急、緊急逮捕と拘束収監以外に答はない」』
http://roodevil.blog.shinobi.jp/Date/20161128/

 日本の「朝鮮半島専門家」(在日朝鮮人か日本人であるかを問わず)どもはどれもロクな者がおらず、此度の韓国の事態に対してもまともな事を言ってるのを見た事がない。この期に及んでもまだ朴槿恵を決死擁護し続けている河信基*1http://blogs.yahoo.co.jp/lifeartinstitute/47227938.html)(笑)。2016年というこの時代になってもまだ「この間に北が攻めてくるぞおおおおおッ! 文在寅*2民主党は北の手先だぞおおおおおッ!」という戯言をわめき散らすしか能がないコリア国際研究所の朴斗鎮*3http://www.koreaii.com/nknews/nk20161123.html)。おめえ一体何10年前の化石反共主義者なんだよ(笑)。あんな事を真顔で言って、朴斗鎮はよく恥ずかしくねえな! 極めつけは「朝鮮半島問題専門誌「コリア・レポート」の編集長」である辺真一*4であろう。「朝鮮半島問題専門誌の編集長」たる者が、これまで盧武鉉の事をよく知らなかったみたいな事(http://www.sankei.com/west/news/161123/wst1611230051-n1.html)を言ってるのだからアホの一言だ。じゃあおまえが以前に出した「大統領を殺す国 韓国」*5とかいう本は何なんだ? 盧武鉉の事を何も知らないくせに「韓国の大統領」を書いたというのか? 「できることなら彼が大統領になるまでの経緯を詳しく書き加えたくなった*6」ではなく、今すぐその本絶版にしろよという話だろう。ついでに辺真一という人間もマスコミから永遠に絶版になるのが望ましい。これら在日2世総連転向者の河・朴・辺という百害あって一利のない「有害廃棄物オヤジズ」は一刻も早く、朴槿恵共々除去されるべきであろう。

 まあ「俺的には」この中で特に酷いのが「北朝鮮が攻めてくる」だの「野党は北朝鮮の手先」だの言ってる朴斗鎮ですね。だって産経と同レベルですモン。
 「朴クネ女史は崔の本性に気付けなかっただけで、不正には無関係だと信じる」つう河信基氏も「盧武鉉映画を見てびっくりした」と、すっとぼけた事言ってる辺真一もいい加減酷いですが、朴斗鎮と比べたらまだマシです。


中央日報『韓国教育部、今月28日に国定歴史教科書を発表』
http://japanese.joins.com/article/797/222797.html
 国民の批判を無視して国定教科書を強行するとは、朴クネも完全に居直ってるとしか言い様がないですね。
 こうした朴の悪政を変えられなければ、仮に朴が退陣しても
スーパーゲームズワークショップエンタテイメントの
■『【翻訳記事】「100万キャンドル」果たして偉大な事なのか』
http://roodevil.blog.shinobi.jp/Date/20161115/
という批判を朴批判派が浴びても仕方がないでしょう。たとえば「朴は退陣しました、しかし教科書は国定のママ*7です」では自由主義、民主主義という意味で意義に乏しい。もはや問題は「朴を退陣させるだけではすまない」事態に来ています。


■スーパーゲームズワークショップエンタテイメント『【翻訳記事】「100万キャンドル」果たして偉大な事なのか』
http://roodevil.blog.shinobi.jp/Date/20161115/
 このブログ主の言ってることは「安保闘争で日本の左派は岸*8を首相辞任に追い込んだ」「しかし安保条約自体は改定され、岸の後継・池田*9は長期政権を樹立した」「岸も弟・佐藤栄作*10(後に首相)、子分・福田赳夫*11(後に首相)らを通じ一定の政治力を保持した」「仮にこの集会が朴を岸のように辞任に追い込んでも、朴が在任中やらかしたこと(例:教科書国定化方針)が全く是正できず、ポスト朴がセヌリ党じゃ意味がない(さすがに朴は岸のようには政治力を保持できないだろうが)」つう批判です。
 まあ一理あるんですが、現時点でそこまで悲観的になる必要もあるかどうか。まずは朴をやめさせることでしょう。また「岸を首相退任に追い込んだこと」はそれはそれとして評価できることでしょう。
 まあ朴が辞めない理由は
1)起訴されたくない
2)与党内反朴派も、野党も「朴早期辞任」では意見の一致はあっても朴辞任後の政治については意見の違いがあるので、朴が「意見の違いによる対立→朴批判の弱まり」を期待してる
つうところでしょうがとにかく朴はやめさせないといけない。


■スーパーゲームズワークショップエンタテイメント『浅井基文氏*12の「驚き」について』
http://roodevil.blog.shinobi.jp/Date/20161108/
 今確実に朴クネにとどめを刺しておかないと「下野したはずなのに、安倍やサルコジベルルスコーニのように復権しかねない」「韓国保守における朴チョンヒのご威光は未だにバカにできない(安倍にとっての祖父・岸元首相のように?)」と語るブログ主です。さすがに韓国民主主義が「日本やフランスやイタリアほどお粗末」とは思いたくないですが、確かに「水に落ちた犬・朴クネ」はボコボコにしておく必要があるでしょう。
 安倍やサルコジベルルスコーニ並みに往生際が悪いのが朴のようですから。
 そしてブログ主が言うように「朴が潰れても」与党から「朴の二番煎じ」が出るようではどうしようもありません。野党がきっちりと与党下野、政権奪取にいけるかが問われているわけです。なにせ「セウォル号事件の不手際で勝利するだろう」と言われながら、セウォル号事件当時の選挙において詰めの甘さで朴一派(与党セヌリ)に敗北したのが韓国野党ですから「勝って兜の緒を締めよ」、野党側がどれほど最悪の事態を想定してもしすぎることはないでしょう。まあブログ主は韓国最大野党に対して「安倍と似たり寄ったりの野田代表時代の民主党みたいなもんで朴と何処が違うのか」と否定的なようですが、それでもまずは「朴下野、セヌリ下野」が大事なことでしょう。


■スーパーゲームズワークショップエンタテイメント『【拡散希望朝鮮民主主義人民共和国への水害支援募金』
http://roodevil.blog.shinobi.jp/Date/20160919/

 日本政府は当然のように支援はしないと早々に表明し、韓国政府もやはり支援の考えは基本的にないという態度です。それどころか韓国内の民間による支援行動すら妨害しかねない様相です。一般的にはどんなに関係の悪い国が相手であっても、この手の人道支援は別というのが国際政治の常識です。そうした慣例すら放棄すると言うのは、日本政府と韓国政府は朝鮮共和国を完全に打倒・転覆すべき対象としか見ていない、事実上の戦争状態と宣言したに等しい暴挙でしょう。

 全く同感です。こうした敵対的な態度が北朝鮮をして核武装に追いやってるわけだし、拉致問題の解決を事実上不可能にしてるわけです。
 また「ベタな物言いですが」、別に北朝鮮民衆が拉致をしたわけでもないし、核実験やミサイル発射をしたわけでもない。そしてこの種の人道支援をしないからといって苦しむのは民衆だけでしょう。
 開業工業団地のような積極的な経済支援ならともかく「水害に対する人道支援」を否定するのは単に非人道的なだけです。ならば北朝鮮以外の独裁的国家(発展途上国ならいくらでもあるでしょう)でも水害、震災などで同じ扱いをするのか。そんな話は俺は聞いたことないですけどね。

【追記】

http://diamond.jp/articles/-/102239?page=3
■ダイヤモンドオンライン『暴走続く北朝鮮、最悪と最良のシナリオは』真壁昭夫*13 [信州大学教授]
 現在、北朝鮮では大規模な洪水によって多くの死傷者が出ている。人の不幸に乗ずるようであまり良くない例えではあるが、結果的には、大規模な自然災害などとの遭遇も金正恩体制を揺るがすきっかけとなる可能性があるだろう。

 北朝鮮問題専門家でない真壁に何でダイヤモンドがこんな記事を書かせるのか、さっぱりわかりませんが、それはさておき。
 「人の不幸に乗ずるのは良くないが」と言い訳しながらも「水害」を「これで北朝鮮政権が崩壊するかも」と言い出すとは人として最悪ですね。救う会拉致議連ですら公式にはそんな事は言ってないでしょう。「巣くう会副会長」島田洋一辺りがツイッターで放言してるかも知れませんが。
 なお、これだけで予想が簡単につくでしょうが真壁の言う「最良のシナリオ」とは「救う会流の制裁強化論」です。もちろん俺の理解ではそれは「最善ではなくむしろ悪*14」ですが。
 当然ながら「水害で体制が揺るぐかも」などという事を言い出す真壁のような馬鹿がいれば「水害を好機に在韓米軍が攻めてくるかも」と北朝鮮が「本気でびびり」あるいは「それを口実にして」核、ミサイル開発に励む事は容易に予想できます。今必要なことは水害に対する支援でしょう。それは「北朝鮮人民の命を救うこと」であり「北朝鮮の核、ミサイル開発の動機、口実を減らすこと*15」にもなります。

 わが国は北朝鮮の核問題という脅威から、自国の安全を、ある程度自力で守る仕組みを考える必要があるだろう。

 「奥歯に物の挟まった物言い」ですが真壁は具体的に何が言いたいんでしょうか。もちろん「日本の核武装」など、「具体的に言いづらいような極右的内容」だからこうなるのは簡単に予想できますが。
 なお、真壁には『日本経済がなければ中国・韓国は成り立たない』(2014年、海竜社)なんて著書がありますからまあ、要するに産経文化人的な御仁なんでしょう。「日本経済がなければ中国・韓国が成り立たない」と言えるほど中国、韓国が日本経済に依存してるかは疑問*16ですし、むしろ最近の「中国人観光客の爆買い」など考えれば「中国経済がなければ日本は成り立たない」んじゃないか。


【高の記事に突っ込む】
■健康不安を「知ってもらいたがり」な金正恩氏の幼稚な心理
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kohyoungki/20170119-00066727/

 気になるのが金正恩氏が、なぜ足を引きずる姿を公開して健康不安説を誘発するような動画を公開したかということだ。
 今回の動画を見てわかるが、足を引きずる複数の場面が映し出されている。ここからはあくまでも筆者の邪推だが、もしかすると「意図的に見せている」のではないかということだ。
 金正恩氏は、今年の新年の辞で自己批判らしき反省の弁を述べた。これについて、自らが襟を正すことによって、幹部に対して締め付けを図ろうとしているとの見方がある。その脈絡からすると、あえて足を引きずる姿を公開したのは、「私はこんな体でも頑張っているんだ」という一生懸命な指導者のアピールかもしれない。

 ばかばかしいですね。「足を引きずる」程度で「足をくじいたのかな」程度は思っても、健康不安説なんか普通口にしないでしょう。
 と俺は思うし、金正恩君も思ったし、側近も思った、それだけの話でしょう。高の話は奴自身が「邪推」と認めるようにまともな根拠は何もない。「足をくじいた」が「テレビ出演(?)を控える必要はないので出た」で終わる話です。
 そもそも何らかの理由で正恩君が「テレビ出演(?)」を控えればそれこそ高のような輩は「健康不安だから人前には出れないのだ」と言い出すでしょう。結論ありきのまったくくだらない話です。


■数百人死亡の大惨事の裏で…北朝鮮が「国家ぐるみ」で保険金詐欺
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kohyoungki/20170116-00066634/
 例の脱北駐英大使がそう言ったと言うだけの話です。動かぬ証拠でもあるのならともかくそうでないなら「ああそうですか」で終わる話です。保険金詐欺としてどうこうできる話じゃない。
 そもそも加入者による保険金詐欺の恐れは保険会社とて「北朝鮮に限らず」当然警戒してるでしょう。そうそう簡単に詐欺ができるとも思えない。まあ、話半分に聞いていた方が無難でしょう。


■「忠臣」も簡単に処刑…金正恩氏は「盗み聞き」の悪癖で身を亡ぼす
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kohyoungki/20170109-00066373/

 韓国に亡命したテ・ヨンホ元駐英北朝鮮公使は(中略)今月8日に行われた韓国の聯合ニュースとのインタビューで、2012年7月に粛清された李英浩(リ・ヨンホ)元朝鮮人民軍総参謀長もまた、「盗聴に引っかかり、死んだ」との認識を明かしている。
 テ氏によれは、「金正恩は執権当初、よく改革開放をやろうと言っていた」とのことだが、李氏はこれについて、「将軍様(故金正日総書記)が、改革開放をすれば国が豊かになるということも知らないで、やらなかったと思うのか」と漏らしたという。改革開放は北朝鮮の体制にとって大きなリスクを伴う、という意味だろう。突っ走りがちな若い指導者をいさめる言葉だが、強烈な批判ではない。むしろ、体制の行く先を案じているという意味で、正恩氏にとっては「忠臣」と言える。正恩氏はそんな人物を、簡単に殺してしまったというのだ。

 高が

 テ氏は「裏付けの取れた事実ではない」と言っているし、李氏粛清の背景については諸説ある。処刑されたかどうかもわかっていない。

と書いているように「処刑されたかどうか」「処刑されたとしてテ氏の言うような理由かどうか」真偽は不明です。確実にわかっていることは「表舞台にでないから失脚したんじゃないか」ということだけです。失脚は死刑まで行かず、左遷レベルに過ぎないかも知れない。もしかしたらまた復権して表舞台にでるかも知れない。
 別に俺も専門家ではないのでテ発言の真偽なんか分からないし、ここで真偽について述べる気もない。
 じゃあ何が言いたいかと言えば「脱北者・テ氏(元駐英公使)」や反北朝鮮活動家・高のような「立場的にアンチ北朝鮮の人間」でも「巣くう会と違って」ある程度常識があれば「金正恩政権が中国の改革開放やベトナムドイモイを模範として何らかの改革開放を目指してることは認める」つうことです。
 いわゆる先軍主義というのは何も「経済成長」を無視してるわけではない。


金正恩氏が誕生日を明かせない理由は日本にあった
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kohyoungki/20170108-00066356/

 金正恩党委員長の生誕記念である1月8日が、今年も祝日として制定されなかった。自尊心が強く派手なイベントが好きな金正恩氏が、誕生日を祝日に設定できない最大の理由は日本にかかわることだった。
 もはや誰もが知る金正恩氏の誕生日が祝日に設定されない理由は、彼の出自に公に出来ない秘密があるからだ。その秘密とは(ボーガス注:在日出身の)実母である高ヨンヒ氏の存在だ。

 「実母が在日だから(かの国では在日については差別的見方が強い)」云々と「手塚治虫ブッダ』のビドーダバ(ルリ王子)の母親の話」のようなことをいっているのは高の勝手な言い分に過ぎません。
 たとえば、NHK

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170108/k10010832251000.html
NHK北朝鮮 キム委員長誕生日に祝賀行事なし 謙虚さ印象づけか』
 北朝鮮ではキム・ジョンウン金正恩朝鮮労働党委員長の誕生日にあたる8日、国を挙げての祝賀行事はこれまでと同様に行われない見通しで、「謙虚な指導者像」を印象づけたい思惑があるという見方が出ています。
(中略)
 キム委員長は元日の演説で「能力が伴わない悔しさと自責の念の中で去年1年を送った」と異例の反省の言葉を口にしたばかりで、国民に対して「謙虚な指導者像」を印象づけたい思惑があるという見方が出ています。

としています。
 もちろん高とNHKとどちらが正しいか俺は知りません。もしかしたら高が正しいのかも知れない。しかしNHKのような指摘の存在を無視し、なかったことにする高は「アンチ北朝鮮活動家」ではあってもおよそジャーナリストではないでしょう。
 ちなみに「話が脱線しますが」俺的には手塚『ブッダ』で一番印象深いのはここで紹介した「ビドーダバ(ルリ王子)」の話ですね。
 「国王でありながら、ヒンズー教のしがらみを脱することができず、元スードラの実母を泣く泣くスードラ待遇に落としたあげく死に至らしめ、深い後悔にさいなまれるビドーダバ」や「ビドーダバの苦悩を救うことなどできるのかと悩むブッダ」の描き方は「俺的」にはさすが手塚という所です。
 小生も「お涙頂戴」には結構弱いので、こういうのを読むとつい涙腺がゆるんできます。
 と言ってもブッダを読んでない人は何のことだかさっぱり分からないでしょうが。

参考

手塚治虫ブッダ』(ウィキペ参照)
潮出版社の少年漫画雑誌『希望の友』*17(連載中に『少年ワールド』(1978年)→『コミックトム』(1980年)と改題)にて、1972年から1983年まで連載された。1975年にこの作品で文藝春秋漫画賞を受賞している。また海外でも評価され、手塚没後の2004年にアイズナー賞を受賞している。
 仏教の開祖で、釈迦族の王子ゴータマ・シッダルタの生涯を描いた。
■登場人物(コーサラ国関係者)
・パセーナディ
 コーサラ国王。元プロレスラーで横暴な性格*18。「成り上がりで気品に欠ける」と見做されていた自身の権威を高めようと属国であるシャカ族に妃の提供を求めたが、自尊心の強いシャカ族が彼をだまし、クシャトリア(貴族階級)ではなくスードラ(奴隷)の女を妃として納めたことを恨み、シャカ族を滅ぼそうとする*19。しかし、それを果たす前にビドーダバに幽閉された上に位を簒奪された。
・ビドーダバ
 コーサラ国王子(後に国王)。パセーナディの子。額にはめ込まれた瑠璃球になぞらえて、「ルリ王子」とも呼ばれる。クシャトリヤの身分だが、母はスードラという事をカピラヴァストゥで知らされ屈辱を受ける。その後、己を貶した者を全員殺害し、さらに母を幽閉する。出自に苦しむ自分を救ってくれたブッダに帰依*20するが、後にシャカ族を滅ぼしたのも彼である。

http://kintaku3.blog.fc2.com/blog-entry-115.html?sp
 誇り高いシャカ族はシャカ族の純血を守るため、他の民族とは結婚しないという伝統があった。しかし、コーサラ国の属国であるシャカ族がパセーナディ王の申し出を断れば、なんらかの手段で報復してくるに違いない。一計を案じたシャカ族は大臣マハーナーマンが召使い女に産ませた娘ヴァーサバ・カッティヤーを王族の娘と偽ってパセーナディ王に嫁がせた。
 何も知らないパセーナディ王はこの麗しい娘を第一夫人として寵愛し、生まれたのがヴィドゥーダバだ。
 漢訳仏典では毘瑠璃【びるり】や瑠璃【るり】と訳され、手塚治虫の『ブッダ』ではルリ王子の名前で登場する。8歳になった頃、母親の実家であるシャカ族の地へ行って、弓術などの修練に励んで来るようにお父さんに命じられたヴィドゥーダバは、カピラヴァットゥでシャカ族の子弟と共に弓術を学んだ。ちょうどその頃、城の中に新たな講堂が完成し、神々や王族などのみが登ることができる神聖な獅子の座に、ヴィドゥーダバが登り座ったのをシャカ族の人びとが見て、「お前は下女の産んだ子だ。それなのにまだ諸天さえ登っていない獅子座に座った」と、ヴィドゥーダバを捕らえて門外に追い出し鞭を打って地面に叩きつけた。母親の生まれによって恥辱を受けたヴィドゥーダバは父王を怨み、ついに父王を廃して王位を奪ってしまう。


金正恩氏の「反省したフリ」は「大粛清」の予告だった!
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kohyoungki/20170105-00066257/
 「俺は悪くない、全て部下が悪い」ならともかく何で「反省ポーズ」が「大粛清の予告」なんですかね?。まあ、『とにかく叩く』という「結論ありき」の高相手にマジレスしても空しいですが。


■韓国軍が「金正恩暗殺部隊」を年内に創設
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kohyoungki/20170104-00066219/
 事実なら韓国政府は正気じゃないですね。そんなことは現実問題できるわけもない。
 その上、そんなことをすれば北朝鮮の反感を買い、軍拡の口実にされかねません。今の韓国は「セヌリ党の暴走」&「それを黙認する米国」によってとてもなく危ない世界に突入しているというべきでしょう。
 しかしここまで非常識な話について、ろくに韓国政府を批判しないんだから高も論外のバカです。


■「自分は能力不足です」と認めた金正恩氏が今すぐにすべきこと
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kohyoungki/20170103-00066171/
 まあ別エントリでも書きましたが正恩君がこういう「謙虚パフォーマンス」することは「俺は無謬だ」パフォーマンスすることよりずっといいことです。
 ただアンチ北朝鮮の高がそう言う評価を書くわけもない。本文を読む前からタイトルだけで「だったら公職を辞めろ」などと悪口雑言してるであろう事が容易に理解できます(追記:予想した程には悪口雑言ではなかったですね)。

 国内における違法薬物の蔓延に対し、本気で取り組んではどうか。

 そんなことは高に言われるまでもなくやってるでしょう。
 大体、薬物の蔓延なら「アメリカ」「コロンビア」など、北朝鮮以外にもあることです。「だから北朝鮮で蔓延していい」「北朝鮮の薬物取締はパーフェクト!」とは言いませんが「薬物が蔓延してるから北朝鮮だめ」つうのは「独裁的だから北朝鮮だめ」「経済が良くないから北朝鮮だめ」以上に無理筋の北朝鮮批判でしょう。

ただそのやり方は、密売人を処刑するといった力に頼ったものだけで、国民の情報・知識不足が蔓延の媒介となっている現実に対処できていない。だからこそ、女子中学生や幼稚園児までが薬物で汚染される事態が生じている。

 イヤー、ヒロポンが普通に流通していた昔の日本*21ならまだしも、啓蒙とか言う話なんですかね?。
 まあ北朝鮮が高の言うように「ヒロポンが流通していた昔の日本レベル」なら啓蒙は勿論必要でしょうけど。
 そして「啓蒙してない」とは言いませんが、多くの国でも取締のメインは「薬物犯罪者への厳罰」じゃないですかね。日本だって「ASKA清原和博」といういい大人が薬物にはまるわけで「啓蒙」には限界がある。
 あと「北朝鮮で何処までできるのか」つう問題がありますけど、俺が思うに薬物犯罪撲滅の重要なポイントの一つは「ASKAや清原のように薬物にはまった人間をいかにして真人間にするか」つうことでしょうね。
 なお、さすがに「中学生や幼稚園児」つうのはガセでしょうね。薬物汚染が深刻と言われるコロンビアやアメリカですらそんなんないんじゃないか。
サザエさんでタラちゃんはヒロポン飲んでるじゃないか!」ですか?。
 いやそれ、あくまでもネタですし。ヒロポンが昔の日本で家庭に普通に置かれていたのは事実でしょうが、さすがに幼稚園児には飲ませないでしょう。

参考

ヒロポン(ウィキペ参照)
 大日本住友製薬(旧:大日本製薬)によるメタンフェタミンの商品名。
 日本では、戦前より製造されており、「除倦覺醒劑」として販売されていた。その名の通り、疲労倦怠感を除き眠気を飛ばすという目的で使用されていた。当時はメタンフェタミンの副作用について、まだ充分知られていなかったため、規制が必要であるという発想自体がなく、一種の強壮剤として利用されていた。日本軍では、長距離飛行を行う航空兵などに支給されている。日本の敗戦により、日本軍の備蓄品が一気に市場へ流出すると、人々が精神を昂揚させる手軽な薬品としてヒロポンは蔓延した。その薬物依存症者即ち「ポン中」が大量発生し、中毒患者が50万人を超えるなど社会問題となった。加えて、中毒者が行う不潔な注射器の使い回しは、ウイルス性肝炎の伝染機会を増加させ、輸血による肝炎発生の遠因となった。この時期芸能界にも蔓延し、多くの芸能人が常用していたことが、のちに明らかになっている。当時芸能界で活動したコロムビア・トップが、参議院議員に転身後国会において、ヒロポンが蔓延した当時の芸能界を証言したことがある。
 1951年(昭和26年)に覚せい剤取締法を施行したことに伴い、日本国内では、「医療・研究用途での使用」を除き、覚醒剤の使用・所持がすべて禁止されている。2014年現在、処方箋医薬品としてヒロポンは製造されているが、医療機関覚醒剤を治療に使用する場合には、都道府県知事への事前の届け出義務があるなど、極めて管理が厳しい。


金正恩氏の北朝鮮経済「貧富の格差拡大」の5年間
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kohyoungki/20161231-00066074/
 興味深いのは高が「格差拡大の要因の一つ」として「北朝鮮流の改革開放」を上げていることでしょう。アンチ北朝鮮の高でも救う会とは違い「北朝鮮が改革開放を志向していること」は認めるわけです。


北朝鮮のカレンダーに客室乗務員が初登場…金正恩氏の指示か
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kohyoungki/20161230-00066037/
 外国人観光客誘致の一環のようです。もちろん「別に悪い事ではない(むしろ改革開放でいいこと)」ので「本来突っ込みようがない話」です。「ふーん、そうなんだ」で終わる話ですがこんなことでも「国連制裁食らってるのに来る物好きな外国人観光客が(以下略)」「中国人観光客ぐらいしか(以下略)」などと悪口雑言始めるんだから、まあ、高の反北朝鮮は「気合い入ってる」つうか「ほとんど病気」つうか(苦笑)。


■抗議する労働者を戦車で轢き殺し…北朝鮮の人権問題を直視するとき
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kohyoungki/20161226-00065876/

 韓国にどのような政権が誕生するにせよ、人権問題で北朝鮮に譲歩するようなことを許してはならない。これは、日本人拉致問題の解決を考えるうえでも、非常に重要なことなのだ。

 やれやれですね。「譲歩しないことが大事」とは要するに「譲歩しないで制裁すれば拉致が解決する」つう反北朝鮮ウヨのいつもの寝言でしょう。
 与太も大概にしろよ、ですね。むしろ「譲歩しなければ拉致問題は解決しない」でしょう。


金正恩氏を追い詰める「ぜいたく品プレゼント」大作戦
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kohyoungki/20161224-00065829/
 「正恩君に何かプレゼントを贈るときに、核廃棄とか何か条件にしたらどうだろう」てそれまんま「金大中盧武鉉政権の太陽政策(南北の緊張緩和目的で経済支援)」とか「小泉訪朝(国交正常化に経済支援する前提で拉致被害者が帰国)」とかなんですがね?。高はあれらの政策には明らかに賛成してないんですけど?。
 まあ、高の場合「太陽政策や小泉訪朝」と違って「追い詰める(金政権転覆)」ですから「のめない条件つけていたぶる」とかその程度のくだらない話でしょうが。


金正恩氏が「公開処刑を禁止する」と指示…その真意は!?
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kohyoungki/20161218-00065578/
 事実だとして「今まで公開処刑してたのかよ、そしてそれを認めるのかよ(呆)」と思う反面、事情はともかく「人権に配慮した措置」がとられてるわけでそれは悪い事ではないでしょう。

 世界で公開処刑を行っているのはイラン、サウジアラビアソマリア、シリア、アフガニスタン、イエメン、そして北朝鮮の7カ国に過ぎない。

 まあ「公然と公開処刑をやってる国」が7国と言う事で他にも「非公然にやってる国」はあるかもしれませんが「ほとんどの国が公然とは公開処刑しない」程度に人権は進歩してきたわけです。


金正恩氏が「あの国」の情勢が気になって仕方ない理由
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kohyoungki/20161218-00065614/
 「あの国=シリア」です。シリア反体制派を「米国の支援を受けてアサド政権転覆活動に従事してる」と見る北朝鮮にとっては「そうした米国の謀略」が失敗することは「嬉しいこと」でしょう(アサド軍のアレッポ掌握、反体制派の敗戦で反体制派は完全に落ち目になったと見ていいのでしょう)。
 なにせアサド政権を支援してるロシアは「北朝鮮も支援している」。「米国がシリアでやってる謀略を我が国相手にやってもシリアのようにロシアが支援してくれるのではないか」という思いも出てくるでしょう。
 で問題は「そこまで北朝鮮に恐怖感を与える米国の対北朝鮮外交は果たしてまともなのか」つうことです。
 高だとそう言う話にならずに「シリアと北朝鮮支援するロシア許せない」とか言い出しますがそう言うコト言っても仕方がない。
 俺的には「シリアの現状は明日の我が国ではないか」なんて北朝鮮に恐怖感与えてるようじゃ「核廃棄なんかするわけがない」し、「拉致交渉も進展しづらいだろう」てことです。本当に米国には北朝鮮敵視をやめてほしいですね。別に友好国になれとは言わないので「シリアのようなことを米国は狙ってない」と北朝鮮が安心する程度には良好な関係を作って欲しい。正直「米朝国交樹立」「在韓米軍削減」などそれなりの対北朝鮮政策をして欲しいところです。あるいは「人権面でのアサド批判」などはするにせよアサド政権転覆工作なんか正式にあきらめて、ロシアとの協調に転じるとか。


金正恩氏が「ブチ切れて拳銃乱射」…独裁者「ご乱心」の1年
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kohyoungki/20161216-00065537/
 正恩君が乱心してるか知りませんが「ブチ切れて拳銃乱射」なんて怪しい記事を喜んで書く高が乱心してることは確かでしょう。

 東京新聞が13日付朝刊で、北朝鮮金正恩党委員長の「ご乱心ぶり」を垣間見せる興味深いエピソードを紹介している。一部を引用しよう。

 今年9月末の夜。北朝鮮金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は、全国に三十以上ある別荘の一つに急きょ軍長老を集めた。「おまえたちが軍事衛星ひとつ造れなかったのは反逆罪に等しい過ちだ」。泥酔していた正恩氏は怒鳴り散らし、夜を徹して反省文を書くよう命じた。

 まあ真偽の怪しい話ですね。「北朝鮮工作員養成マニュアルを入手した」という「他社の後追い報道がなかった」「東京新聞すらろくに続報しなかった」怪しい記事を書き飛ばした「東京新聞」では「ああ、はいはい、またガセネタッすかあ(嘲笑)」ですね。

 韓国の聯合ニュースは8月、正恩氏の「ご乱心」ぶりについて、あるうわさを伝えている。なぜか日本語版ウェブサイトでは削除されているのだが、記事のハングル版原文には次のような一説がある。
「米国が自分を人権犯罪者扱いしていると言って激怒し、拳銃に実弾を装填して辺りに乱射した」
あくまでうわさだが、事実ならば正気の沙汰ではない。

「噂に過ぎないのなら紹介するな、ボケ」ですね。


■「11歳の少年も銃殺された」北朝鮮の処刑実態、米国で証言
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kohyoungki/20161216-00065518/
 戦国時代や江戸時代だと連座制でたとえば「豊臣秀次の子ども」「伊達騒動原田甲斐の子ども」などが乳幼児でも容赦なく処刑されるわけですが、北朝鮮もそこまでやりますかねえ?
 脱北者証言なんて何の裏付けも取れないわけで「全部嘘」ではないまでも「明らかに怪しい部分は眉唾で見る方がいい」でしょう。


金正恩氏が「ぞうきん」と「タバコの銀紙」を集める理由
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kohyoungki/20161204-00065131/

 ある識者から、「朝鮮人民軍はなぜ、今になって古着集めに力を入れているのか? ヤバい徴候ではないのか?」との指摘があった。
 言われてみれば、それもそうだ。北朝鮮が慢性的なモノ不足であることを考えれば、軍の「ぞうきん不足」も以前からのものであると思われる。
(中略)
 それなのに、今になってにわかに「ぞうきん集め」の動きが活発になったのは、米韓との戦争を現実のものとして意識しているからではないか――前述の識者は、こうした可能性を指摘していたのだ。

 そんな識者とやらが本当にいるのか、高の脳内妄想、捏造ではないのか、いや仮にいても「識者の名に値しないトンデモ」ではないのかと思いますね。
 そう思う理由その1。何故、高はその識者とやらの名前を出さないのか。
 理由その2。高が言うように「メンテナンス用の雑巾*22」集めに北朝鮮が力を入れてるのか知りませんが仮にそれが事実だとしても「ヨンビョン島砲撃レベル」「天安撃沈レベル*23」ならまだしも「高や、高の言う識者」とやらが妄想するレベルの戦争なんかするわけがないでしょう。
 それにしても自称北朝鮮ウオッチャーの癖にここまでモロバレのデマを放言できる高の下劣さには心底呆れます。読者を何処まで舐めてるんでしょうか。


北朝鮮の薬物汚染「幼稚園児もやっている」との目撃情報
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kohyoungki/20161203-00065103/
 さすがに幼稚園児はやってないでしょう。こういうガセを公言できる神経には心底呆れます。


金正恩氏「バカにされて幹部ら処刑」…庶民にも牙むく
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kohyoungki/20161203-00065069/

 正恩氏の叔父である張成沢*24チャン・ソンテク)国防委員会副委員長の処刑や、玄永哲*25(ヒョン・ヨンチョル)前人民武力部長を「ミンチ」にするような残忍な方法で殺した件は、権力闘争の一環だったと見ることもできる。

 やれやれですね。「通常の銃殺じゃなかった」つう説はあまりにも信憑性なさ過ぎるのでまともな人間はもはや口にしてないと思いますが。
 そもそも「死刑にしたことは法的、政治的、道義的に問題ない*26が死刑方法が残忍(例:日本で火あぶり刑を復活させる)」と言う立場でない限り「死刑方法ガー」という必要ないですし、しかも「高射砲で殺害」なんてどう見てもガセでしょう。

 国情院は、「金正恩氏が残忍な粛正を続ける理由は、その多くが『無視されたから』だった」 「忠誠心の表し方が期待外れだったり、一部幹部の傲慢な態度などが28歳で権力を握った金正恩氏の『年齢コンプレックス』を刺激したようだ」と分析している。

 随分とうさんくさい怪しい「分析」ですね。大統領が極端な反北朝鮮で非常識な「アレ」なので国家情報院も「アレにこびへつらってるのか?」と疑いたくなります。


金正恩氏がキューバに対しては物凄く丁重である理由
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kohyoungki/20161129-00064937/
 まあ敵対関係になければ、ある種の友好関係にあれば、要人の死去に対してはそれなりの敬意を払うでしょう。それだけの話です。高に寄れば「過去の経緯」もあって「キューバ」は「韓国と国交がない数少ない国」だそうですが。まあ韓国との国交についていえば「北朝鮮とのつきあい」だけではなく「米国の制裁」もあるでしょう。米国が制裁するような国と韓国が国交を持ちたがると思えないし、そうなればキューバの方もわざわざ韓国に接近しないでしょう。ただ「キューバ・米国国交正常化」すればそうした事情も変わるわけで、今後の動向によっては「キューバ・韓国国交樹立」の可能性もあるでしょう。


北朝鮮系の在日団体がトランプ氏に期待を寄せる理由
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kohyoungki/20161119-00064617/

 北朝鮮を支持する民族団体、在日本朝鮮人総連合会朝鮮総連)の機関紙である朝鮮新報が、ドナルド・トランプ次期大統領への期待を表した。
 同紙は18日、電子版に「クリントンとトランプ」と題した短いコラムを掲載。「主流メディアはいかにも、善良な人々がクリントンを支持しており、トランプは『悪人』であるかのように描いているが、それはわい曲だ」と指摘した。
(中略)
 コラムは、旧態依然の政治と新自由主義に反感を持つ米国の有権者クリントンを危険視している、米国民はウォール街軍産複合体と癒着しているクリントンが、国家財政の危機を戦争で乗り切ろうとするはずだと恐れたのだ、などと解説。続けて次のように述べた。
「一方、トランプは野卑で差別主義的な発言で非難された。しかし彼の公約が重要だ。それは、これ以上、他国のことに干渉してはならない、対話を優先させなければならない、『世界の警察』のような真似をする必要がない、それより自国の問題を解決しなければならない、非常事態にある経済をどうにかして再生し失業者を救済せねばならず、腐った政治を清算しよう、というものだ。とても常識的で妥当な主張だ」

 まあ朝鮮新報の指摘「クリントンは手放しで評価できない」「トランプの主張(海外派兵に消極的な態度や景気対策)にも一理はある」に、一理はあります。「トランプに甘すぎねえか」「クリントンに厳しすぎないか」とはさすがに思いますが。
 もちろん『世界の警察官はしない』というトランプを支持する、と言うのは要するに「北朝鮮軍事攻撃を公式に廃棄するならありがたい。朝鮮戦争終戦協定を締結し国交を樹立したり、制裁を解除したり、在韓米軍を撤退したりしたらもっとありがたい」つう話のわけですが、「北朝鮮に限らず」米国に海外で戦争されても率直に言ってありがたくないでしょう。イラクやアフガンなんかぐちゃぐちゃの内戦状態ですし。

 筆者とて、北朝鮮と米国の対話に反対する者ではないが、それには、人権問題を後退させないという前提条件が付く。

 前提条件とやらがくせ者で「北朝鮮が到底のめないような前提条件で交渉ぶっ壊す=つまり高は交渉派では全くない」わけですが、その高ですら建前では「僕だって交渉を否定はしないんよ」と言い訳してるのが興味深い。


北朝鮮大惨事は金正恩氏の「思うつぼ」…脱北が困難に
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kohyoungki/20161121-00064645/

「もしかしたら、今後は北朝鮮国民の国外脱出がこれまでより格段に難しくなるかもしれない」
 こんな懸念を示しているジャーナリストがいる。韓国の有力紙「東亜日報」で10余年にわたって北朝鮮関連の記事を書き続ける、脱北者出身のチュ・ソンハ記者だ。
(中略)
 北朝鮮当局は、台風10号により発生した未曽有の水害の被災地に1万1900棟の住宅を完成させたと発表している。これは金正恩氏にとって、禍を転じて福と為す結果になるかもしれない。北朝鮮当局はこれまで、豆満江の川辺にあった村落が脱北の温床になっていると見て移転を試みていたが、うまく行かなかった。しかし、今回の洪水でその村々は消え、当局は遠く離れた山裾に新たな村を作った。また(中略)鉄条網が整備され、監視カメラまで設置された、アリの這い出る隙もなくなる。

 高と、高の紹介するチュ氏の記事には思わず吹き出しました。
 被災地支援しなければ「冷たい」と非難。被災地支援してもこのように非難。「お前ら非難ありきと違うのか」と。


■トランプ勝利は金正恩氏に「2つのハッピー」をもたらす
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kohyoungki/20161110-00064266/
 まあばかばかしいアホ記事です。むしろクリントンの方が「予測ができてハッピー」だったのではないか。トランプ当選については「ロシアが歓迎してる」なんて報道がありますがこれまた疑問に思いますね。トランプ当選でもちろん変化は出るでしょう。ただその変化の方向性が読めないのに「クリントン北朝鮮やロシアに批判的だから」「トランプが『海外の問題には基本的には手を出さない』と言ってるから」といって「トランプ当選万々歳」と思うかといったら思わないんじゃないか。まあ、とにかく今後のトランプ外交を見るしかないですが。

 クリントン氏の外交ブレーンを務めてきたウェンディ・シャーマン元国務次官は5月、朝鮮半島関連セミナーの昼食会で発言し、「北朝鮮で内部崩壊またはクーデターが起こる可能性を想定するのは不可欠であり、韓国と米国、中国、日本が速やかに協議を行うべきだ」と述べた。

 さすがに本気ではなく北朝鮮に対する牽制でしょうがシャーマン発言は酷い暴言だと思います。これを容認できる高は頭が狂っています。しかも高はシャーマン発言を「ワシら米国はあんたらの国・北朝鮮にスパイ工作して内部崩壊やクーデターを仕込むことも一つの選択肢として、考えてるんや(それが嫌ならワシら米国の核廃棄要求に応じろや)」という「恫喝まがいの牽制*27」と理解した上で容認しているのだから心底呆れます。
 まあ、高だと「牽制でなくて本当にそう言う工作して政権打倒して無問題」と平気で放言するのでしょう。まともな人間にはおよそついていけません。いずれにせよこの程度で「トランプ勝利万歳」と思うほど金正恩君も単純バカでもないでしょう。


■自国民を弾圧する金正恩氏に朴槿恵氏を非難する資格はあるのか
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kohyoungki/20161108-00064190/
 まあ、朴クネと金正恩君とは敵対関係にあるわけですし、あんな「弁解の余地のない不祥事(崔順実疑惑)」を朴がやらかせば批判するでしょう。そんだけの話です。朴を擁護することなどできる話ではないし、だったら「自国民を弾圧する金正恩氏に朴槿恵氏を非難する資格はあるのか」なんて言っても空しい。
 「原爆投下した米国にあの戦争のことで批判されたくない」(日本ウヨ)とかそのレベルの寝言ですから。
 むしろ高は「朴はとっとと辞めろ、セヌリ党に迷惑をかけるな」「北朝鮮に批判されて、『そんな疑惑は事実ではない』などと一言も反論出来ない不祥事をやらかした奴が何故、大統領に居座る」と言うべきでしょう。まあ「脳内に反北朝鮮しかない男・高」にそう言う言動は期待していませんが。


■「北朝鮮との戦争を準備しろ」米韓連合司令官が発言
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kohyoungki/20161104-00064056/
 あくまでも「韓国の内政混乱(崔順実疑惑)に北朝鮮がつけ込んできたら」という保留条件付ですが、非常識以外の何物でもない発言でしょう。しかし、もちろん非常識極右の高はこうした発言を批判しません。呆れたバカです。


金正恩氏が朴槿恵氏に「恨み」を晴らす時が来た
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kohyoungki/20161102-00063993/

 今の時点で北朝鮮が核実験やミサイル発射を強行、または小規模な軍事挑発を決行すれば、自身のスキャンダルで手一杯の朴氏が、まともに対応できるのだろうか。これまでのように、対北強硬姿勢を貫けるのだろうか。冒頭に述べたように、朴氏の対北朝鮮強硬姿勢をそれなりに支持してきた世論は、すでに離れつつある。
 こうした朴氏のピンチを踏まえて、北朝鮮が何かを仕掛けてくる可能性は十分にある。

 勿論小生には正恩君と側近の考えは分かりません。しかし正恩君と側近が「合理的考えの持ち主」なら少なくとも今、軍事的行動を仕掛けることはしないでしょう。
 「韓国の危機→今、崔順実疑惑を追及してる場合じゃない」ということで朴クネや政権与党セヌリ党をアシストしかねないからです。「朴クネやセヌリをアシストしてでも(対米、対中、対露などの意味で)やらなければならない理由がある」というならともかく。
 当面は「朴クネは辞任せよ」「セヌリ執行部も辞任せよ」などと北朝鮮メディアによって攻撃することはあっても「朴クネの疑惑が追及されるのを静観」でしょうね。
 動くとしたら「反北朝鮮」朴が「大統領辞任」で完全に失脚してからでしょう。
 大体、朴への批判は「金銭疑惑」であって「彼女の北朝鮮政策に対する批判」でもありませんし。


金正恩氏の肥満の原因は「韓国風おつまみ」なのか
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kohyoungki/20161026-00063676/

 首都・平壌では8月、同国初となる「ビール祭り」が行われたのだが、主催した朝鮮人民服務総局の局長はオープニングセレモニーで「このビール祭りは、金正恩党委員長が発起し、詳細まで指示*28した」と述べていた。
 面白いのは、会場でビールとともに売られた「おつまみ」メニューだ。
 このイベントには、乾き物、枝豆、プレッツェル、羊の串焼きなど様々なおつまみが用意されたが、中国メディアによると一番人気は「フライドチキン」だった。
 ここで気付いた読者もいるかもしれないが、フライドチキンと言えば、韓国で定番中の定番のビールのおつまみだ。ギャロップコリアが2014年に行った「韓国人の好きなおつまみ」という調査で、フライドチキンは2位に入った。(1位はサムギョプサル、3位はスルメ)
 つまり、「韓流ドラマで見たフライドチキンを食べて、ビールを飲んでみたい」という願望*29が現れた結果である可能性があるということだ。

 高の「いつもの反北朝鮮バイアス」を除いてこの記事を読めば面白いことが分かると思います。
 それは「金正恩君も北朝鮮国民の生活について、その動機はともあれそれなりに配慮してる(あるいは、配慮してるというイメージをつくろうとしている)」つうことです。
 だから「国民に対する慰労としてビール祭りをやるし」、「ビール祭りに韓国国民同様に北朝鮮国民も好きだと思われるフライドチキンがつまみとして出るし」、「それが北朝鮮メディアによって報じられる」わけです。


■30万人被災の大惨事で金正恩体制が「終わる」可能性
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kohyoungki/20161024-00063624/
 大惨事とは水害の事ですがまあ、終わる可能性はないでしょうね。そんなことは高も分かってはいるでしょう。
 つうか「そんなこと」よりも大事なことは「今苦しんでる水害被災者を救うこと=私見では不正流用防止のモニタリング付の人道支援」ですが、そう言う理解(と言うか被災者への同情の念)は「北朝鮮打倒>越えられない壁>被災者救済」、つまり北朝鮮打倒が何よりも大事な「人非人」の反北朝鮮活動家のウヨ・高にはやはりないようです。


北朝鮮「名薬」がネットで売れない訳
http://dailynk.jp/archives/75957
 まあアンチ北朝鮮の高が「北朝鮮製品は粗悪だから売れない」とコケにしてるだけの記事ですが「敢えて言えば」そんな事より重要なことは「北朝鮮がネット販売に乗り出してる」つうことでしょう。北朝鮮だってそれなりに経済活動を考えてるわけです。


■韓国の人権政治家は北朝鮮の「国民虐待」を見逃していたのか
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kohyoungki/20161019-00063389/
 そもそも北朝鮮を非難すれば人権問題が解決すると言うほど話は単純ではない。あえて「太陽政策をすることによって」、北朝鮮国民の経済状況を改善するとともに、「それによる中産階級の誕生」や「経済交流による情報の流入」などによる「漸進的民主化を期待」つうのだって一つの考えとしてあり得るでしょう。まあそう言う話を「アンチ北朝鮮の高」にしてもある意味空しいですが。


北朝鮮金正恩は即死」発言にブチ切れ反撃
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kohyoungki/20161018-00063359/
 いくら相手が独裁国家とは言え国家元首相手に「即死」云々なんて非常識であり、北朝鮮の抗議は当然の行為です。そもそも「即死なんか物理的&政治的にできるのか」つう話ですが。
 物理的な不可能性は言うまでもないでしょう。政治的不可能性としては「そんなん中露が容認するわけがない」「金正恩を暗殺してもポスト正恩が反米派なら意味がない」という事が指摘できます。


■「金正恩は即死する」米国務次官補が発言
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kohyoungki/20161014-00063235/
 高の記事が事実なら「米国(あるいはダニエル・ラッセル国務次官補個人)はアホか」ですね。もちろん「北朝鮮が核ミサイルを韓国や米国に向かって撃てば」などの条件付の話であり「いつでも俺達米国は金正恩を即死させる用意がある。今すぐやることだって一応可能だ」「今度、正恩が核実験やミサイル発射をしたらそのときが正恩の命日だ」なんて物騒な話ではない。また「記者との朝食会」だそうなんで軽口が出たのかも知れない。
 それにしたって「即死」はないでしょう。前後の文脈から見て「米国が即死させる」としか読めない。
 どうやって即死させるのか、つうことです。そんな事が可能とはとても思えない。まあ可能だとしても言うべきじゃないし、ましてや、やるべきじゃないですが。
 こんなことを言ったところで
1)米国にそんな事ができるわけがない、フカシだと北朝鮮に鼻で笑われる
 まあ、「全面戦争で打倒する覚悟がある」ならまだしも「即死」なんて無理でしょう。もちろん中露からも「マジでそんな事したら許さない」つう警告も来るでしょう。
2)米国がその気ならこっちにも考えがあると北朝鮮が軍事対応を強化するか
どっちにしろいい結果は出ないでしょう。それにしてもこれほどの非常識発言ですら非難しないのだから高の極右ぶり、アンチ北朝鮮も酷いもんです。


金正恩攻略を担う「女傑」たちが相次ぎ韓国を訪問
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kohyoungki/20161012-00063127/

米国の要人が相次ぎ訪韓した。
(中略)
 ヒラリー・クリントン氏の外交ブレーンと言われ、同氏が大統領になれば政権の要職に就くと見られているウェンディ・シャーマン*30元国務次官だ。
(中略)
 ちなみにシャーマン氏は5月、米ワシントンDCで行われた朝鮮半島関連セミナーの昼食会で「北朝鮮で内部崩壊またはクーデターが起こる可能性を想定するのは不可欠であり、韓国と米国、中国、日本が速やかに協議を行うべきだ」と述べた。
 このことから察するに、シャーマン氏は新たな対北戦略を考案する上で、金正恩体制の変更(あるいは打倒)を究極的な目標に据えるものと思われる。
(中略)
 米政界の一部では北朝鮮に対する先制攻撃さえ論議され始めているが、いかに米軍の力が強かろうとも、核兵器を除去するためだけに軍事行動を起こすことはできない。韓国と日本という同盟国のリスクが大きすぎるためだ。
 しかし、そこに人権問題が加われば、大義名分は立つ。「北朝鮮ではいまも大勢の人々が国家による虐待に苦しんでいる。早く救わねばならない」との理屈だ。悪い例ではあるが、イラク戦争においてもこうした論法が持ち出された。
(中略)
 だから、米国の対北戦略の中で核・ミサイル問題と人権問題が交差すれば、「解決策は体制変更しかない」との結論に到達する蓋然性は非常に高いのである。

 もちろん「そんなわけねえだろ、与太も大概にしろ」です。米国がそんなリスキーなことはするわけがない。
 北朝鮮を支援する中露もそんな米国の行為を黙ってみているわけもない。韓国内ですら「よほどの極右」でもない限りそんな事には賛成しないんじゃないか。
単に
1)アンチ北朝鮮の高が「そうなってほしい」と願望してる(本気でそう願ってる)
2)アンチ北朝鮮活動家相手に「耳障りのいいことをいって」金を稼いでる高が「単に商売でいってるだけ」か(高の本心ではない)
どっちかでしかないくだらない話です。


■新聞が報じない、安倍政権が日本人拉致問題を解決できない理由
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kohyoungki/20161008-00062991/
 高の言う理由とは何か、といえば
1)北朝鮮から被害者を取り返すには経済支援とのバーター取引(外交交渉)しかない。「自衛隊特殊部隊の突入(救う会の主張)」などその他の方法は非現実的。
2)しかし北朝鮮に対して敵対的姿勢を強める米韓両国政府(特に韓国)や、以前から「経済制裁強化を叫ぶ」家族会、救う会拉致議連の反発を押し切って「経済支援」を実現するだけの覚悟と能力が安倍政権にあるのか。沖縄問題なんか完全に米国のいいなりヤン。
3)大体、家族会、救う会拉致議連のアンチ北朝鮮を煽りまくって「日朝交渉論者の田中均氏を外務省退職に追い込んだり」して経済支援による解決のムードを潰したのは、小泉内閣官房長官、第一次内閣首相時代の安倍自身やん
つう話です。
 まあ、「覚悟と能力」があるか疑問ですが「拉致解決を目指すなら」正直「でもやってもらうしかない」わけです。
 それが無理なら「安倍をとっとと首相から引きずり下ろして最大野党代表(今なら蓮舫*31)か、自民幹部(岸田外相、菅官房長官、石原*32経済財政担当相、二階*33幹事長、谷垣*34前幹事長、石破*35元幹事長など)かはともかくポスト安倍にやってもらうか」。どっちにしろ拉致解決を目指すなら「政府に経済支援をやってもらう」しかないわけです。
 まあ、「どうせ経済支援なんか無理だから被害者救出なんかあきらめようぜ、そんなことより北朝鮮政権打倒による南北統一やろうぜ」つうのが高の立場のようですが、もちろん俺はそう言う立場じゃありません。
 ただ内心は「高と同じ立場」だろうにそうは言わない救う会拉致議連に比べたら高は「正直者」かもしれません。


金正恩氏の「アノ動画」が北のビデオ屋で広がる可能性
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kohyoungki/20161007-00062910/

北朝鮮に「個室ビデオ店」が存在することが内部映像によって明らかになった。

 へえ、て感じですね。まあ、それなりの国家統制はされてるのでしょうし、日本と違って「事実上の性風俗店」でもないでしょうが。


金正恩氏に「宣戦布告」する米議会と「対話を模索」する日本政府
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kohyoungki/20161007-00062968/
 日本には拉致問題がある以上対話を模索するのは当たり前です(拉致解決をあきらめるのなら話は別ですが)。
 いや正直な話、
1)拉致ではないが米国には確か「スパイ容疑で北朝鮮に身柄拘束されてる米国人観光客がいたはず」
2)シリア、イラク、アフガンで手一杯の米国が下手に朝鮮半島で戦端を開くと収拾がつかないし、そんなことになったら世界経済にも悪影響
つう意味で米国も「対話を模索して欲しい」ですが。
 ただ米国の態度は敵対的ではあるでしょうが「宣戦布告」とまではいえないでしょう。「北朝鮮なんか怖くない」という舐めた態度なんだと思います。シリア、イラク、アフガンのことを考えたら北朝鮮相手に宣戦布告する度胸はさすがにないでしょう。


■「私の故郷に人道支援をしないで欲しい」ある脱北者の血のにじむ手記
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kohyoungki/20161005-00062898/
 「血なんかにじんでない」と思いますけどね。単に故郷に対する愛がなく、金正恩政権に対する敵意が旺盛なだけでしょう。もしかしたら金正恩政権だけでなく故郷にも敵意しかないのかもしれない。
 勿論脱北者全てがこんな「人非人」ではなく「私は脱北したが故郷を捨てた気はない」「故郷の人を救うために援助を!」「モニタリングをきっちりやればいい!」「いや仮にモニタリングが不十分でも、援助は一定程度救済に回されるだろう」「人道支援を否定しても何がどうなるわけでもない」つう人もいるでしょう。
 一方「とにかく金正恩政権にダメージを与えたい」「大体故郷で俺は差別されてた、故郷に愛なんかない」つう人もいるでしょう。それだけの話です。問題は「何が一番いいか」を冷静に判断することであり、俺は勿論「モニタリング付での人道支援」ですね。まあ、韓国や日本、米国はともかく国連はそう言う立場ですが。
 なお、高は「支援すべき」といってはいますがそれは

北朝鮮の人々に、国際社会が「あなたたちを忘れていない」と伝え、希望を与える必要があると思うからだ。そうしてこそ、彼らは正義の存在を信じ、いずれ行動を起こすことができるのではないか。

だそうです。いや人道支援つうのは「困ってる人を救う」と言う話であって「いずれ行動(金正恩政権打倒の?)をおこせる」つう話ではないんですが。

*1:著書『韓国を強国に変えた男・朴正煕』(2004年、光人社NF文庫)、『証言「北」ビジネス裏外交』(2008年、講談社)など

*2:元大統領秘書室長(盧武鉉政権)、前「共に民主党」代表。前回大統領選挙での野党候補(次期大統領選挙の有力候補の一人とされる)。

*3:著書『朝鮮総連』(2008年、中公新書ラクレ)、『揺れる北朝鮮金正恩のゆくえ』(2016年、花伝社)など

*4:著書『「金正日」の真実』(2002年、小学館文庫)、『「金正恩北朝鮮」と日本』(2012年、小学館101新書)など

*5:2014年、角川oneテーマ21

*6:ブログ主の指摘するとおりで映画になった、盧武鉉氏の弁護士時代の活躍は韓国ではかなり有名な話です(まあ俺も最近そう言う事実を知ったので偉そうなドヤ顔できませんが)。日本人ならまだしも韓国ウオッチャーを名乗る辺がそれを知らないなんて公言したら物笑いの種でしかありません。

*7:もちろん朴の問題は教科書国定化にとどまらないでしょうが。

*8:戦前、満州国総務庁次長、商工次官、東条内閣商工相。戦後、自民党幹事長、石橋内閣外相を経て首相

*9:吉田、石橋内閣蔵相、岸内閣通産相などを経て首相

*10:吉田内閣郵政相、建設相、岸内閣蔵相、池田内閣通産相科学技術庁長官などを経て首相

*11:岸内閣農林相、自民党政調会長(池田総裁時代)、幹事長(佐藤総裁時代)、佐藤内閣外相、田中内閣蔵相、三木内閣副総理・経済企画庁長官などを経て首相

*12:外務省中国課長、広島市立大学広島平和研究所所長など歴任。個人サイト(http://www.ne.jp/asahi/nd4m-asi/jiwen/)。最近の著書に『13歳からの平和教室』(2010年、かもがわ出版)、『ヒロシマと広島』、『広島に聞く・広島を聞く』(以上、2011年、かもがわ出版)、『すっきりわかる! 集団的自衛権』(2014年、大月書店)など。

*13:著書『最強のファイナンス理論』、『ゼロからわかる個人投資』(以上、2003年、講談社現代新書)、『はじめての金融工学』(2005年、講談社現代新書)、『実戦! 行動ファイナンス入門』(2009年、アスキー新書)、『最新行動経済学入門』(2011年、朝日新書)、『日の丸家電の命運:パナソニックソニー、シャープは再生するか』(2013年、小学館101新書)、『AIIBの正体』(2015年、祥伝社新書)など

*14:最悪とまで言うのはひとまずおきます。やはり最悪は「可能性は極めて低いですが」イラクフセイン政権打倒のような米軍の北朝鮮軍事攻撃、あるいは北朝鮮による韓国軍事攻撃(これは北朝鮮の国力の小ささから、米軍の北朝鮮軍事攻撃以上に低い)でしょう。

*15:残念ながら「ゼロにはならない」でしょうが減ることはいいことだと俺は思います。

*16:もちろんだからと言って日本経済などどうでもいいとは向こうも思ってないでしょうが

*17:1965年に「希望の友」として創刊、1978年に「少年ワールド」、1980年に「コミックトム」、1998年に「コミックトムプラス」と改題を続けたが、2001年に休刊。2012年8月にWEBコミックトム(http://www.usio.co.jp/html/comic_tom/)の名でウェブコミック配信サイトとして再開した。発行元の潮出版社創価学会系列であるが、「希望の友」時代の連載作品である芝城太郎『四条金吾』(日蓮の弟子となった鎌倉幕府御家人が主人公)や北野英明『牧口先生』(創価教育学会の創立者牧口常三郎の伝記漫画)など少数の例外を除いては、創価学会の布教的な意図を持った作品はほとんどなく、近年においては最早再現できない豪華執筆陣(安彦良和虹色のトロツキー』、石ノ森章太郎『変身忍者 嵐』、坂口尚『石の花』、藤子・F・不二雄ポコニャン』、『T・P(タイムパトロール)ぼん』、星野之宣『宗像教授伝奇考』シリーズ(現在は小学館ビッグコミックで連載)、みなもと太郎風雲児たち』(現在はリイド社コミック乱で連載)、諸星大二郎西遊妖猿伝』(現在は講談社・月刊モーニングツーで連載)、横山光輝三国志』など)を備えた「幻の漫画雑誌」と評価されている(ウィキペ「コミックトム」参照)。

*18:手塚の創作であり実際の仏典とは大いに異なる。

*19:手塚の創作であり実際の仏典とは大いに異なる。

*20:手塚の創作でありビドーダバはブッダには帰依していない。

*21:たとえば『サザエさんにも出てくるヒロポン覚せい剤だった! ワカメとタラちゃんが飲んでゲラゲラ笑うシーンあり!』(https://matome.naver.jp/odai/2143518794725378101)参照

*22:小生も自家用車の掃除には雑巾を使いますが、戦車や軍用機にまでそんなもんを使うのかどうかは素人なので知りません。

*23:天安については北朝鮮は犯行を否定していますがそれはひとまず無視します。

*24:国防委員会副委員長、朝鮮労働党行政部長など歴任

*25:朝鮮人民軍総参謀長、人民武力部長など歴任。なお玄については張と違い北朝鮮は処刑を認めておらず処刑説は一つの説に過ぎない。単に左遷されたに過ぎず、生存しているとする説もある。

*26:死刑廃止論の存在はひとまず無視します。ここでいう「問題ない」とは「ナチドイツの手先」などの濡れ衣、でっち上げで政敵を処刑したスターリン粛清のような冤罪じゃないと言う意味です。

*27:確かにそうかも知れませんが、言葉の上ではそこまでいってはいません。

*28:こういうのは「偉大な我らの正恩同志」ですから「発起はあり得る」としても「細部までは恐らく指示してない」でしょう。

*29:これを高は「正恩君ら支配層の願望」と「のみ」しますが、「正恩君ら支配層が考える北朝鮮国民の願望」でしょうね。

*30:ビル・クリントン政権国務次官補、オバマ政権国務次官を歴任。またビル・クリントン政権時代に一時、北朝鮮特使を務めたことがある。

*31:菅、野田内閣行政刷新担当相、民主党代表代行を歴任

*32:小泉内閣国交相自民党政調会長(第一次安倍総裁時代)、幹事長(谷垣総裁時代)、第二次安倍内閣環境相を歴任

*33:小渕、森内閣運輸相、小泉、福田、麻生内閣経産相自民党総務会長(第二次安倍総裁時代)を歴任

*34:小泉内閣国家公安委員長財務相自民党政調会長(福田総裁時代)、福田内閣国交相、第二次安倍内閣法相など歴任

*35:福田内閣防衛相、麻生内閣農水相自民党政調会長(谷垣総裁時代)、幹事長(第二次安倍総裁時代)、第三次安倍内閣地方創生担当相を歴任