今日の産経ニュース&しんぶん赤旗ニュース(2021年4月24、25日分)

参院長野補選あす投票/生活者目線の政治に/羽田統一候補競り合う
参院広島再選挙 あす投票/志位委員長 こん身の訴え/宮口候補必勝で菅政権に審判を
衆院北海道2区補選あす投票/松木候補「共闘の一番星」を国会へ/共同街宣 穀田氏が応援
 おそらく長野補選は「コロナ死による弔い合戦(同情票)」「羽田家(羽田*1元首相→羽田元国交相(首相の息子)→元国交相の弟)の固い地盤」ということで野党共闘勝利*2でしょうが、北海道、広島が微妙ですね(北海道は自民の不戦敗が決まっているが、「自民の二軍・維新」所属の鈴木宗男*3の擁立した候補が自民入りする危険性があるので勝利したいところ)。
 名古屋市長選(これまた4/25投開票)で「あれほどの不祥事(リコール署名捏造疑惑)」をやらかした現職・河村が「ストップ河村」で「大阪市長選挙での自共共闘」のような「自共共闘」が成り立ったというのに「優位(世論調査結果)」というのは「対立候補が仮に酷いとしても*4」、「名古屋市民のアホさ」に「維新を支持する大阪府民並みにアホだな」と絶句しますが、仮に「名古屋市民が愚かにも河村を勝利させた」ところで「河井夫妻の公選法違反同様」、選挙勝利で疑惑がごまかせる話ではない。河村を徹底的に追及し、辞職に追い込む必要があります(なお、選挙結果が出たら追記予定です)。

【2021.4.25日の午後8時追記】
衆参補選は立民候補ゼロ打ち、参院広島再選挙は激戦。しかし名古屋市長選の出口調査は河村たかし優勢orz - kojitakenの日記
 「ゼロ打ち」とは「8時ゼロ分で当確(当選確実)を打つ」、つまり投票終了直後にNHKなどマスコミが速報*5で当確発表ですね。出口調査などで圧倒的な差が確認できれば当然そうなります(一般論で言ってそうしたことは『投票意欲をそぐ』ので、望ましいことではありません。特に首長選での『与野党(自民、公明、立民、国民民主、社民など)相乗りVS共産』などは本当に愚劣だと思います)。
 既に書きましたが「コロナ死による弔い合戦(同情票)」「羽田家の固い地盤」ということで長野補選がそうなるのは予想の範囲内ですが、いかに野党共闘候補が「元議員の松木菅直人内閣で農水大臣政務官)」とはいえ、「北海道に強い地盤を持つ鈴木宗男が候補を擁立した」北海道補選がそうなるのは意外でした。
 広島が「野党共闘優位」だが、当確が打てる状況では無く「激戦でどうなるか」はまだ不明。「善戦に止まらず」何とか広島でも勝利したいところです。
 菅首相、麻生副総理・財務相、二階幹事長、山口選対委員長(なお、我が埼玉選出)、山口公明党代表ら与党、政権幹部がどう強弁しようとも「3敗」すればそのダメージは大きいでしょう。彼らも「長野の敗北」「北海道の不戦敗」は覚悟していても「広島の敗北」だけは避けたいでしょう。
 しかし「広島で河井案里のごり押し」などしなければこんなこと(自民敗北の可能性)にはなっていなかったのだから「安倍のごり押し」を許した自民も全く愚劣です。野党共闘には「溝手支持者」の票もかなり入ってるのでは無いか。
 しかしこうなると岸田や石破も「むしろ菅に総裁選で負けて良かった」とすら思い始めてるかもしれない(まあ広島県選出の岸田氏にとってこの敗北は痛いことではありますが)。麻生副総理・財務相、二階幹事長、山口公明党代表らも「菅をおろす方向」で動くかもしれない。そして、いい加減、こんな事態を産んだ安倍に対して島内の批判が高まっても良いと思うんですが。
 なお、俺はこの件で菅には同情しません。マスコミ報道に寄れば「第二~四次安倍内閣官房長官」として「安倍の溝手おろし」に積極的に加担したのが菅だからです。というか麻生副総理・財務相、二階幹事長(以上、留任)、下村政調会長(第二~第四次安倍内閣時代において、文科相自民党選対委員長を歴任)、加藤官房長官(第二~第四次安倍内閣時代において、官房副長官自民党総務会長、厚労相を歴任)、茂木外相(第二~第四次安倍内閣時代において、経産相、経済財政担当相、外相、自民党政調会長を歴任)といった今の政権幹部は、菅に限らず、ほとんどが「安倍時代からの政権幹部(留任、横滑りなど)」であって「溝手おろしの共犯者(容認という消極的共犯も含む)ばかり」ですが。
 名古屋市長選が、当確が打てる状況では無く「激戦でどうなる」かはまだ不明だが、河村優勢だそうです。「河村ごときに投票する名古屋市民の馬鹿さ」には「維新ごときに投票する大阪府民の馬鹿さ」同様にうんざりしますが、「繰り返しますが」「名古屋市民が愚かにも河村を勝利させた」ところで「河井夫妻の公選法違反同様」、選挙勝利で疑惑がごまかせる話ではない。河村を徹底的に追及し、辞職に追い込む必要があります。

河村たかしの4選を許した名古屋市民を成敗すべく、スワローズが神宮球場でドラゴンズを3タテ\(^○^)/ - kojitakenの日記
 「選挙前日までに公表された事前世論調査」や「出口調査も元にした開票後の予想」での河村優位から「ある程度覚悟」はしていましたが絶句ですね。「河村ごときに投票する名古屋市民の馬鹿さ」には「維新ごときに投票する大阪府民の馬鹿さ」同様にうんざりしますが、「しつこく繰り返しますが」「名古屋市民が愚かにも河村を勝利させた」ところで「河井夫妻の公選法違反同様」、選挙勝利で疑惑がごまかせる話ではない。河村を徹底的に追及し、辞職に追い込む必要があります。
 なお、俺個人はkojitaken氏の記事タイトルのようなセンス(もちろん冗談でしょうが)にはあまり共感しません。
 「安倍ホワイト国除外を支持する日本人を反省させるため韓国サッカー(あるいは野球)チームがワールドカップ(あるいはWBC)で日本チームに大勝」「安倍ホワイト国除外を支持する日本人を反省させるため甲子園に出場した韓国系学校(京都国際高校)が優勝」「朝鮮学校無償化除外を容認する日本人を反省させるため朝鮮高校ラグビー*6が花園で優勝」みたいなセンスですからねえ。
 「スポーツと政治と関係ないがな」「ファンや選手が軒並み、そういう愚行を支持してるわけと違うがな」「勝利しても政治問題の解決にならんがな」ですよねえ。
 また、kojitaken氏は「スワローズの3タテ(3連勝)」を「野党の3タテ(コメ欄で指摘がありますが広島も野党共闘が勝利しました)」と結びつけて「ドラゴンズも自民党も嫌いなのでどちらも3タテで良かった」という趣旨のことを書いていますが「ドラゴンズも自民党と同類扱いされてもねえ、ドラゴンズに失礼すぎねえか?(苦笑)」感はあります。


米、アルメニア人虐殺認定 トルコ反発、関係悪化も - 産経ニュース
 「アルメニア虐殺問題」の当事者でもない米国が何故こんなことをするのだろうという疑問を感じますね。
 「認定するな」と言う「トルコびいき(?)の話」をしたいのでは無く単なる疑問表明ですが。「慰安婦、徴用工問題を理由としたホワイト国除外(WTO違反行為の疑い濃厚)には何の批判もしない癖にバイデンはふざけてる。そんなんで誰が人権派として評価するか!」「アルメニアロビー(?)or『アンチトルコの立場のロビー(イスラエルロビーとか)』の政治力か?」というバイデンへの不信感しか俺にはないですね。


プロ野球、無観客で政府に補償を求める方針 - 産経ニュース
 当然すぎるほど当然の要望でしょう。


浅草演芸ホール、通常営業へ - 産経ニュース
 「国や東京都がまともな休業補償もしないくせに休めるか!」「要請(依頼)であって強制でないんだろ!(極論すれば従わなくてもいいんだろ!)」と言う話ですね。もちろん「三密を避けるために人数制限をする」わけですし、「演芸場側を一方的に批判できる話ではない」と思います。こうした動きは恐らく他でも出てくるでしょう。


【孤高の国母】(74)首相人事で混乱 天皇は“究極の選択”を強いられた - 産経ニュース

 対中政策の失敗や閣僚の収賄事件などで人気が凋落した首相の大隈重信が、閣僚の辞表をとりまとめて奉呈した大正5年10月4日、大正天皇は元老筆頭格の山県有朋*7を呼び、困惑の表情で聞いた。
 慣例上、後任首相を天皇に推薦するのは元老である。明治末期には退陣する首相が後任を推薦することもあったが、これも事実上、元老の同意を前提としていた。
 ところが大隈の辞表には、前外相の加藤高明*8を後任とするよう明記されていた。山県ら元老が加藤に反対し、朝鮮総督寺内正毅*9を推していること*10大正天皇も知っている。首相と元老の相反する人選に、困惑を隠せなかったのも無理はない。

 有料記事なので途中までしか読めません。

閣僚の収賄事件

とは、おそらく大浦兼武内務相が大臣辞任に追い込まれた大浦事件 - Wikipediaのことでしょう。
 大浦が第二次大隈内閣の提出法案可決のために野党議員をカネ(機密費)で買収していたという疑惑であり、その後、「第2次桂*11内閣農商務相時代」にも同様の「野党議員買収」をしていた疑惑が発覚、「大物政治家と言うこと」「おそらく買収は大隈首相も事前に同意していたこと」などで大隈首相らの忖度で「刑事責任追及は免れた」ものの、さすがに政治責任は逃げ切れず

大浦兼武 - Wikipedia
◆内務官僚出身(島根県知事、山口県知事、熊本県知事、宮城県知事、警視総監など歴任)
◆第1次桂内閣逓信相、第2次桂内閣農商務相、第3次桂内閣内務相、第2次大隈内閣農商務相、内務相を歴任。

という大物政治家・大浦は大臣を辞職(一時、大隈首相が内務相を兼務した後、一木喜徳郎*12が内務相に就任)、事実上の政界引退に追い込まれたあげく3年後に病死しています。
 それはともかくこの記事から分かることは「天皇はお飾りではない」ということですね。天皇は、山県ら元老*13の意見に従い、後任を寺内にしましたが、米騒動の責任を取って寺内は後に辞任。寺内の後継が原敬*14となり、この後、「515事件での犬養*15首相暗殺」まで、いわゆる「憲政の常道」によって政党内閣が続くことになります。
 大隈が推薦した加藤も後に首相になります。


【孤高の国母】(73)日米開戦の遠因!? 痛恨の対華21カ条要求 - 産経ニュース
 有料記事なので途中までしか読めません。もちろん「中国の反日感情や米国の対日警戒感を助長した」と言う意味では「遠因の一つ」ではあるでしょう。しかし「対華21箇条要求(1915年、第2次大隈*16内閣)」と、「日中全面戦争」そして「対米開戦」へ突入することになる

張作霖暗殺事件(1929年、田中*17内閣)
満州事変(1931年、第2次若槻*18内閣)
◆盧溝橋事件(1937年、第1次近衛*19内閣)
◆北部仏印進駐、日独伊三国軍事同盟締結(1940年、第2次近衛内閣)

等との間に大分、時間があるし、もちろん「張作霖暗殺など直近の事件」の方が影響が大きい。そして日頃の産経が「張作霖暗殺事件」などで日本政府にそれほど批判的で無いことを知っていれば「何だかなあ」です。

*1:中曽根、竹下内閣農水相、宮沢内閣蔵相、細川内閣副総理・外相を経て首相。首相退任後も太陽党、民政党党首

*2:正直「世襲候補であること」「リベラル派と言えるか微妙であること(これは北海道の松木もそうですが)」に共産支持者として抵抗はあるのですが、まあ、菅を利するわけにもいかないし、共産党が候補を立てず共闘に動いたことは仕方が無いとは思います。

*3:橋本内閣北海道・沖縄開発庁長官、小渕内閣官房副長官など歴任

*4:この辺り無知なので知りませんが。

*5:日曜の8時ちょうどにニュース報道してる局はないし、今回は衆院選挙、参院選挙である特番もありませんでした。「補選、再選挙」とはいえ「3つ同時」と言う意味では特番つくってもおかしくは無いでしょうが。

*6:ここがラグビーではかなり強いことは割と有名かと思います。

*7:陸軍卿、内務卿、第1次伊藤、黒田内閣内務相、首相、第2次伊藤内閣司法相、枢密院議長、参謀総長など歴任。元老の一人

*8:第4次伊藤、第1次西園寺、第3次桂、第2次大隈内閣外相などを経て首相

*9:第1次桂、第1次西園寺、第2次桂内閣陸軍大臣、韓国統監、朝鮮総督などを経て首相

*10:山県ら元老(特に山県)が嫌ったのは「大隈や加藤の個性」というよりは「政党出身首相それ自体」と見るべきでしょう。だから陸軍軍人の寺内が推薦されるわけです。

*11:台湾総督、第3次伊藤、第1次大隈、第2次山県、第4次伊藤内閣陸軍大臣内大臣侍従長兼務)、首相など歴任

*12:法制局長官、第2次大隈内閣文相、内務相、宮内大臣、枢密院議長など歴任

*13:山県以外は大山巌(元・陸軍大臣(第1次伊藤、黒田、第1次山県、第1次松方、第2次伊藤、第2次松方内閣))、西園寺公望(元首相)、松方正義(蔵相(第1次伊藤、黒田、第1次山県、第2次伊藤、第2次山県内閣)、首相を歴任)

*14:立憲政友会幹事長、第4次伊藤内閣逓信相、第1次、第2次西園寺、第2次山本内閣内務相等を経て首相

*15:第1次大隈内閣文相、第2次山本、加藤高明内閣逓信相などを経て首相

*16:参議、大蔵卿、第1次伊藤、黒田、第2次松方内閣外相等を経て首相

*17:原、第2次山本内閣陸軍大臣立憲政友会総裁を経て首相

*18:第3次桂、第2次大隈内閣蔵相、加藤高明内閣内務相を経て首相

*19:貴族院議長、首相を歴任。戦後、戦犯指定を苦にして自殺