「珍右翼が巣くう会」に突っ込む(2021年10/4日:荒木和博の巻)

金日成と北朝鮮のコンプレックス(R3.10.4): 荒木和博BLOG
 5分40秒の動画です。まず第一に「根拠のない放言するな」ですね。荒木の言う「コンプレクス」云々はまともな根拠がある話では全くありません。
 第二に「拉致と関係ないことやるな」ですね。仮に「金日成のコンプレクス」とやらが事実としてそんなことが「拉致被害者の日本帰国」と何の関係があるのか。何の関係もない。荒木もこじつけですら「拉致解決と関係がある」とは言えない。


【調査会NEWS3511】(R3.10.4) 平壌の韓流ドラマ、女の戦い: 荒木和博BLOG

金正恩の妹金与正、妻李雪主、党宣伝扇動部副部長の玄松月、この3人が平壌の王宮の中で女の戦いを繰り広げているのではないか
・姜哲煥・北韓戦略センター代表は「金正恩には実は玄松月との間に子供がおり、玄松月はその子を後継者にしようとしているとの情報がある」と語っていました。

 まず第一に「根拠のない放言するな」ですね。荒木の言う「女の闘い」「金正恩の隠し子」「玄松月金正恩の愛人」云々はまともな根拠がある話では全くありません。
 第二に「拉致と関係ないことやるな」ですね。仮に「女の闘い」云々が事実としてそんなことが「拉致被害者の日本帰国」と何の関係があるのか。何の関係もない。荒木もこじつけですら「拉致解決と関係がある」とは言えない。
 なお、この三人の中で「公式の肩書きでは一番偉い」のは「国務委員*1朝鮮労働党宣伝扇動部副部長」の金与正です。李雪主に至っては「公式には何の肩書きもなかった」かと思います。
 この点、どう評価すべきか、気になるところです。
 例え「金正恩実妹」でも「公式な肩書き」がなければ政治活動はできないつうことならば、「何の役職にも就いてないらしい李雪主」は「政治活動を夫・金正恩が期待してない」ということになるでしょう。 

*1:国務委員会は日本の内閣に、「国務委員(国務委員会メンバー)」は日本の大臣に当たり、国務委員長(国務委員会トップ、現在は金正恩)は首相に当たる。