今日の産経ニュース(9/9、10分)ほか(追記・修正あり)

朝日新聞『名護市議選、与野党が同数に 普天間移設めぐり緊張続く』
https://digital.asahi.com/articles/ASL9B009VL99TIPE018.html?rm=380
 ここからわかるのは「政治情勢が極めて微妙」ということですね。基地賛成派、反対派共に一方が一方を圧倒するような状況にない。
 そして自民・公明も野党側もお互い「うれしさ反面、悲しさ反面」でしょうね。改選前14議席を1議席減らしたことは、野党的には残念でしょうが、「名護市長選に残念ながら敗北しても」、与野党同数の成績を得ることができたわけです。一方、自民、公明も「基地問題ではいかに、予算ばらまきによる懐柔をしても基地批判世論は簡単には消えないこと」を実感し、県知事選も楽な戦いではないであろうことを改めて痛感したでしょう。


【ここから産経です】
■国民民主党玉木雄一郎*1代表「4年で政権奪取したい」 地元で意欲
https://www.sankei.com/politics/news/180909/plt1809090011-n1.html
 最大野党立民の枝野*2代表ならまだしも「世論調査で共産、社民、自由、維新の支持率を下回り毎度毎度最下位(ないし最下位に近い成績)」「既に離党者続出」「岡田*3元代表、野田*4元代表などは不参加」のポンコツ政党の党首が「4年で政権奪取(もちろん連立でしょう)。10年後には国のトップになりたい」とは良くもいったもんです(呆)。
 「4年後まで国民民主なんかあるんですか?」ですね。
 こんな「現実とかけ離れたこと」は他党の幹部は言わないし、こういうことを放言することも支持率低迷の一因でしょう。

 現状の支持率低迷にも触れ「守っても仕方がない。攻めて攻めて、倒れるなら前のめりに倒れるぐらいの気持ちで頑張る」と述べた。

 産経記事を信じる限り、こんな精神論しか言えないようじゃ既に「だめだ、こりゃ」ですね。

*1:民主党政調副会長、民進党幹事長代理、希望の党代表などを経て国民民主党代表

*2:鳩山内閣行政刷新担当相、菅内閣官房長官、野田内閣経産相民主党幹事長(海江田、岡田代表時代)、民進党代表代行(前原代表時代)を経て立憲民主党代表

*3:鳩山、菅内閣外相、民主党幹事長(菅代表時代)、野田内閣副総理・行革相、民主党代表代行(海江田代表時代)、代表を歴任

*4:鳩山内閣財務副大臣菅内閣財務相、首相、民進党幹事長(蓮舫代表時代)を歴任