産経新聞

今日の産経ニュース(2020年1月27日分)

沈む日教組、現実路線に 組合離れ懸念、現場と温度差 教研集会閉幕 - 産経ニュース 「何だかなあ?」ですね。産経の「日教組は落ち目だから現実化した、文科省との協調路線になった」という今回の記事を「正しいと評価するか間違ってると評価するか」どう評…

今日の中国ニュース(2020年1月27日分)

【産経抄】1月27日 - 産経ニュース ・給料日の金曜夜、新橋で一杯引っかけ、ちょっと気が大きくなってタクシーに乗った。しばらくして真っ赤っ赤な東京タワーが目に飛び込んできた。 ・びっくりして眺めていると、親切な運転手さんが「春節前夜に、中国か…

今日の産経ニュース(2020年1月26日分)

京都市長選、共産・れいわ連合に立民ピリピリ 国政の野党共闘に暗雲 - 産経ニュース 野党共闘をどんな汚い手を使っても破壊したい産経らしいですが、前回の京都市長選でも旧民主の連中は「今回同様」自民系の現職に相乗りしてるし、それでも共産は当時、野党…

今日の中国ニュース(2020年1月26日分)

訪日中国人、新型肺炎の影響どこまで 観光業界に打撃 :日本経済新聞 中国の団体旅行中止 日本の旅行会社 キャンセル対応に追われる | NHKニュース 訪日中国人、新型肺炎の影響どこまで 観光業界に打撃 :日本経済新聞 ・中国政府は(ボーガス注:中国)国内の…

今日の中国ニュース(2020年1月25日分)

習近平氏の国賓待遇 批判強める野党「覇権主義容認と誤解招く」(1/2ページ) - 産経ニュース 「『国賓待遇』で接遇することによって、世界に対して、中国の覇権主義、国際法や民主主義の基本的価値やルールに反する行動を容認する*1といった誤ったメッセー…

今日の産経ニュース(2020年1月25日分)(追記あり)

徳勝が単独首位、正代破る 貴景3敗、賜杯争いは平幕 - 産経ニュース 小生的には徳勝龍(前頭17枚目(いわゆる幕尻)*1、13勝1敗で単独トップ)、正代(前頭4枚目、12勝2敗)の奮闘を認めながらも、やはり横綱、三役(大関・関脇・小結)が最後まで優勝最有…

今日の産経ニュースほか(2020年1月24日分)

谷内前国家安全保障局長「ロシアは無条件締結要求」平和条約交渉で - 産経ニュース 谷内正太郎前国家安全保障局長は24日のBSフジ番組*1で、ロシアとの北方領土問題を含む平和条約締結交渉に関し、ロシア側が領土問題を盛り込まない形で無条件の条約締結…

今日の産経ニュース(2020年1月23日分)

阪神の守屋投手が暴行否定 妻がモラハラと主張 - 産経ニュース 野球選手に誰も聖人君主であることを求めはしませんが今の時代、「DV夫でも投手として能力があればOKです」という時代ではありません。 最低限 1)妻の主張が虚偽であることを証明するか 2)妻…

今日の産経ニュース(2020年1月22日分)

【衆院代表質問】首相答弁要旨 習氏の国賓「中国側の前向きな対応求める」(1/2ページ) - 産経ニュース ■選択的夫婦別姓 家族のあり方に深く関わる事柄で国民の間にさまざまな意見があることから、引き続き国民各層の意見を幅広く聞くとともに、国会の議論…

今日の産経ニュース(2020年1月21日分)

ネット戦略で中国インバウンド獲得強化 群馬県知事がインフルエンサー同行案内も - 産経ニュース ということで地方自治体にとっては中国人観光客万々歳であり、産経のような中国敵視など全く論外です。もちろん「福田父*1」「中曽根*2」「小渕*3」「福田子*4…

今日の産経ニュースほか(2020年1月20日分)

白鵬の張り手やかち上げは禁じ手か :日本経済新聞浅香山博之(元大関・魁皇) ・反則技でもない取り口は、それほど批判されることなのだろうか。 ・長年相撲を取ってきた者からすれば、ひどい取り口とも思えないし、封印を余儀なくされるのはどうかと思う。 …

今日の産経ニュースほか(2020年1月19日分)

「死刑やむをえない」約8割 内閣府世論調査 | NHKニュース 「死刑もやむをえない」と答えた人に複数回答で理由を聞いたところ、「廃止すれば被害を受けた人や家族の気持ちがおさまらない」が最も多く、57%。次いで「凶悪な犯罪は命をもって償うべきだ」が5…

今日の産経ニュース(2020年1月18日分)

共産党大会ルポ 一番人気は「ふかし芋」 党員と警官が対右翼で“団結” - 産経ニュース 「団結」も何も街宣右翼が無法な妨害活動をすれば警察が「被害者(今回は共産党)の側にたつ」のは当たり前の話です。 世田谷一家殺害 遺族が現場住宅室内を初公開 - 産経…

今日の産経ニュース(2020年1月17日分)

桜を見る会、内閣府幹部6人を処分 - 産経ニュース どう見ても官僚の暴走ではなく「安倍の命令でやらせた」わけですから処分と言っても「厳重注意」と言う大甘な処分です。今後の出世に影響があり得る「降格」「減給」ではない。 かつ管理監督責任のある「安…

今日の産経ニュース(2020年1月16日分)

「憲法に自衛隊を明記しようではありませんか」 安倍首相発言詳報(1/4ページ) - 産経ニュース 安倍のやりたいことはもちろんそう言うことではなく「専守防衛の枠を外し、海外で集団的自衛権を行使すること(つまり米軍と共同軍事作戦すること)」なので詐…

今日の産経ニュースほか(2020年1月15日分)

河井氏、公選法違反疑惑に「捜査に全面協力」 辞職は否定 法相辞任後、初の公の場 - 産経ニュース 今後どうなるのか注目したいですね。河井夫婦が安倍に「トカゲの尻尾切りされた」のか。 もちろん国会開会後は「河井夫婦の公選法違反疑惑」だけでなく、「菅…

今日の産経ニュースほか(2020年1月14日分)(追記あり)

【追記】 拉致問題って、よっぽどネタがないんだと思う(拉致1年後の絵葉書なら意味があるが)(私も記事を書いていないしね) - ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)で拙記事をご紹介頂きました。いつもありがとうございます。 なお、拉致問題って、よっぽ…

今日の産経ニュースほか(2020年1月13日分)

フェミニズムの弊害 邪教・法輪功機関誌「大紀元」らしい与太記事です。何故、法輪功が「フェミニズム」を敵視するかと言えば 1)「同性愛は邪悪→同性愛に好意的なフェミニズムも邪悪」 2)女性は男性に尽くすのは当然、男女平等でそれを否定するフェミニズ…

今日の産経ニュース(2020年1月12日分)

【花田紀凱の週刊誌ウオッチング】〈753〉ゴーン被告弁護団に責任はないのか? - 産経ニュース 逃亡の件でゴーンの共犯で無い限り責任はないでしょうし、おそらく共犯ではないでしょう。 「保釈条件を弁護団が守っている限り*1」、法的、道義的義務は全て…

今日の産経ニュースほか(2020年1月11日分)

台湾総統選は、「民主主義を守ろう」対「みんな金持ちになれる」の抗争。 | ちきゅう座 良識ある理念派 やれやれですね。「アンチ中国」の澤藤氏にとって「蔡英文」は「良識ある理念派」なのでしょうが、「澤藤氏のようなアンチ中国*1ではない」俺にとって彼…

今日の産経ニュース(2020年1月9日分)ほか

森法相、ゴーン会見で発言訂正「無罪『主張』すべきだ」 - 産経ニュース 「素人が法相やるからこうなる」と思ったのですが、ウィキペ「森雅子*1」によれば「一応、司法試験に合格して弁護士資格を持ってる」というからびっくりです。まあ「金融庁に入庁→その…

今日の産経ニュース(2020年1月7日分)

【安倍政権考】子年は政変を繰り返すか 首相一族は過去に受難(1/3ページ) - 産経ニュース 干支と政局の関係では、参院選と統一地方選が重なり、自民党が苦戦を強いられるとされる「亥年選挙」が有名だ。昨年はこの亥年選挙だったが、自民党は7月の参院選…

今日の産経ニュース(2020年1月6日分)(追記あり)

【正論】年頭にあたり 今春の国家的な難問題について 東京大学名誉教授・小堀桂一郎 - 産経ニュース 気になるのは4月に予定されてゐる日中首脳会談の開催である。それが日本国内で行はれる以上、中国の国家主席たる習近平氏*1を我が国は国賓として招聘(し…

今日の産経ニュース(2020年1月5日分)

ゴーン被告逃亡で茂木外相「不正な形で出国」 - 産経ニュース 当然ながら「不正な形で出国したので、入管で出国が阻止できなかった」というのであればそれこそ弁護側に「ゴーン出国の責任」など問えない話です。 一方で「通常の形で出国したのに見落とした」…

今日の産経ニュース(2020年1月4日分)

「逃亡、全否定できない」ゴーン被告弁護人、ブログで理解示す(1/2ページ) - 産経ニュース 呆れて二の句が継げませんね。澤藤弁護士が澤藤統一郎の憲法日記 » ゴーン逃亡正当化の口実と、香港市民の逃亡犯条例反対の理由。両者は相似たるか、似て非なるか…

今日の産経ニュース(2020年1月3日分)

IR推進、地元議員に接近 職務権限なければ収賄の可能性低く(1/2ページ) - 産経ニュース 自民党応援団・産経らしいですが、 ◆共和製糖事件(1966年) 社会党の相沢重明参議院議員 ◆日通事件(1967年) 社会党の大倉精一参議院議員 ◆撚糸工連事件(1985年…

今日の産経ニュース(2020年1月2日分)

香港「独立」目立った元日デモ 若者に浸透…民主派はジレンマ(1/2ページ) - 産経ニュース さすがに「超少数意見」のようですが、まあ非常識ですね。「基地問題で日本中央政府が冷たいから独立したい」と同じレベルの「香港民主化で中国政府が冷たいから独立…

今日の産経ニュース&しんぶん赤旗ニュースほか(2020年1月1日分)

◆一応新年のご挨拶 昨年は色々と拙記事にコメント頂きありがとうございました。 まあ、「安倍のようなごろつきが首相」ではあまり「めでたくもない」のですが、お約束として「あけましておめでとうございます」。 今年も拙記事に色々コメント頂ければ幸いで…

今日の産経ニュースほか(2019年12月31日分)

「外圧に屈した」ゴーン被告の保釈 異常事態招いた裁判所の判断 - 産経ニュース 産経が何を根拠に「外圧(フランスの圧力?)」云々と決めつけるのかは全く意味不明です。 というか、問題は「外圧に屈したかどうか」ではなく「保釈自体が適切だったかどうか…

今日の産経ニュース(2019年12月30日分)

最優秀新人賞にビヨーンズ 日本レコード大賞 - 産経ニュース まあ、レコード大賞は単純に「ファン投票やCD売り上げ枚数で決めてるわけではなく」審査員審査であり「審査員を大手芸能事務所が買収してる」「最初から結果が分かってる出来レース」という噂すら…