新刊紹介:「歴史評論」3月号(追記・訂正あり)

特集『室町時代をどう位置づけるか』
興味のある論文だけ紹介する。詳しくは歴史科学協議会のホームページをご覧ください。
http://www.maroon.dti.ne.jp/rekikakyo/

■『室町期荘園制論の課題と展望』(伊藤俊一*1
(内容要約)
・「院政期荘園制や鎌倉期荘園制、戦国期荘園制」と室町期荘園制の「共通点と違い」を把握し、「荘園制が何故生まれ、どのように発展し、そして何故消えたのか、どのように消えたのか」を論じることが「今後の課題」のようだ。
 現時点での筆者の考えもいろいろと述べられているが、うまくまとまらなかった。


■『室町期朝廷制度史研究の現状と課題』(丸山裕之)
(内容要約)
・室町期朝廷研究は従来低調であった。戦前は「南北朝正閏問題に触れかねない」ということで研究がタブー視されていた。戦後はそうしたタブーはなくなったが長い間「室町期の朝廷は無力だった」と言う見方が強く、そのことが研究意欲を阻害したと言える。
・こうした「室町期の朝廷は無力」と言う見方に対する批判が富田正弘*2のいわゆる「公武統一政権論(丸山氏の理解では現在の通説的見解)」である。富田は朝廷が室町期に果たした役割を具体的に分析することにより「朝廷無力論」を批判した。なお、丸山氏は「富田説」はもっぱら「三代将軍・足利義満期の分析」を下に展開されているので「4代将軍・義持以降」では成立しない可能性がある(一部修正が必要な可能性がある)としている。
・なお、丸山氏は富田説に対する伊藤喜良*3の批判を紹介している。伊藤は富田が「室町幕府が伝奏を支配していること」を理由に「公武統一政権論」を提唱していると理解した上で、「単に伝奏を支配しているだけで公武統一とまで言っていいのか、公武統一と言うには下部機関において人的交流があるような状態でないといけないのではないか」と批判した。
 これに対し丸山氏は「伊藤批判の是非」はともかく、従来の研究が「下部機関における武家と朝廷の関係」について手薄であることを指摘していることは重要であると評価している。

【2014年5/16追記】
歴史評論6月号には
・丸山論文について「他者の論考からの不適切な引用が行われていること」が判明し(読者の指摘か?)
・丸山氏に確認したところ、当該論文を撤回する旨の意思が表明されたため、「掲載取り消し措置(もちろん、既に出版してしまった物を物理的に削除できないので掲載しなかった物と見なし、年鑑などには記載しないと言う事だろう)」をとる
・今後このようなことがないよう編集体制を見直す
旨、記載されている。


■『室町時代の境界意識』(黒嶋敏*4
 『室町時代の境界意識』というより『室町将軍の支配意識』と言う方が適切な気がする。
 京都(室町幕府)からの距離の遠近に関係なく、
・「明徳の乱」(足利義満と山名氏の抗争、義満が勝利した)での山名氏領国
・「応永の乱」(足利義満大内氏の抗争、義満が勝利した)での大内氏領国
・「永享の乱」(足利義教による鎌倉公方足利持氏討伐)での持氏領国
・「嘉吉の乱」(足利義教を暗殺した守護大名・赤松満祐が幕府に討伐される事件)での赤松氏領国
がわかりやすいが「将軍と敵対関係にあると認識された場所」は「支配外」と認識される。
 たとえば、倭寇について足利将軍が明に対し「明で取り締まって欲しい」としたのも本音はともかく建前は「(将軍家に敵対的な)倭寇は支配外の存在だから」である。
 ただしそうした認識は幕府討伐による敵対関係の打破が行われれば「支配内」と認識されるのである。


■『懋勤殿開設案と外国人顧問招聘策:対外連携策の果ての戊戌政変』(宮古文尋)
(内容要約)
西太后による光緒帝廃位や変法派処罰*5の強行(いわゆる戊戌政変(1898年))についての説明。
 光緒帝とその側近グループ(康有為・梁啓超らのいわゆる変法派)は1898年、「懋勤殿*6の開設」を計画する(懋勤殿は前後の文脈から考えるにある種の諮問機関らしい)。
 これに対して西太后は強く反対する。この西太后の反対を打破するため光緒帝サイドが考えたのが「外国人顧問の招聘」であり、顧問の有力候補として白羽の矢が立ったのが伊藤博文*7であった(変法が『日本を含む列強の中国侵略に対抗すること』を目的としていたことを考えれば、伊藤顧問案は奇妙な話であるが)。
 しかし伊藤顧問案の登場はむしろ西太后の感情を逆なでし、かえって1898年、「戊戌政変による光緒帝廃位、変法派処罰」というやぶ蛇を招いたのだった。
 日本に「閔妃(明成皇后)暗殺(1895年)」と言う前科があることを考えれば伊藤顧問案に西太后が恐怖感を募らせるのもある意味当然と言えるだろう。
・なお、宮古論文の本筋とは関係ないが宮古論文が「翁同ワ(変法派の重鎮)の更迭」について触れているのでメモっておく。ウィキペ「翁同ワ」は

戊戌の変法の直前に西太后は光緒帝に迫って翁同ワを解任させてしまった

としているが、宮古論文によればそうではなく「西太后守旧派の同意を取り付けながら改革を進めていくべき(そうしないと最悪、守旧派による光緒帝の廃位すらあり得るから)とする穏健派・漸進主義の翁」と「守旧派と対立してでも改革を進めるとする急進派の光緒帝、康有為ら」の意見対立により翁が辞意を表明したことが「解任理由」であるという。


■書評:本城正徳*8『近世幕府農政史の研究:「田畑勝手作りの禁」の再検証を起点に』(2012年、大阪大学出版会)(武井弘一*9
(内容要約)
 いわゆる「田畑勝手作りの禁」法令について論じた著作である。
 「田畑勝手作りの禁」については従来、『幕府は年貢となる米の生産を奨励した。そのため、商品作物(タバコ、菜種*10、木綿)の生産を規制する法令を出した』と説明されてきた(ウィキペ『田畑勝手作禁止令』の説明も現時点ではそうした説明の仕方)。
 こうした説は、武井氏に寄れば「中村吉治、古島敏雄、児玉幸多、安良城盛昭、三橋時雄ら多くの先行研究」が支持したこともあり、従来、通説的見解であったが、それに異を唱えるのが本書であり、武井氏もそれを支持している。
 本書の理解に寄ればいわゆる「田畑勝手作りの禁」の理解はこうなる。
1)「タバコ、菜種、木綿」の全てについて作付け制限をする法令が出たのは寛永期のみである。
 これは「寛永の飢饉」という非常時において、食糧増産を目的とした物であり、これをもって「商品作物生産規制」が幕府の方針だったとは見なせない。
2)幕府が継続的に作付け制限していたのはタバコのみである。そしてその理由は「喫煙の有害性」であった。
 むしろ、桑、コウゾ*11、漆、茶、麻、藍、紅花*12、木綿、いぐさ*13等の生産を幕府は奨励し、そこからも米とは別途年貢を取っていたことがわかる
 ただ武井氏は「問題はこれでおわらない」とする。従来の「田畑勝手作りの禁」理解が不適切であったことはわかったが問題は「誰がいつ何故そのような不適切な理解」をしてしまい、なぜそれが普及したのか、どのように普及したのかという点については本書は検討していないからだ。
 「過ちの発生とその普及の経緯」を把握することによってこの問題は完全に解決したと言えるだろう。


■会告『YOSHIMI裁判いっしょにアクション』への入会を呼びかけます
(内容要約)
 これについては、『YOSHIMI裁判いっしょにアクション』への入会を呼びかけます(http://www.yoisshon.net/2014/01/yoshimi_23.html)に歴史評論に掲載された文章とほぼ同じものが掲載されているので紹介しておく。

参考

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG26036_X20C13A7CC0000/
日経新聞『中大教授、維新・桜内議員を提訴 慰安婦問題で』
 記者会見で著書を「捏造(ねつぞう)」だと指摘されて名誉を傷つけられたとして、従軍慰安婦問題を研究する中央大の吉見義明*14教授は27日までに、日本維新の会桜内文城衆院議員に1200万円の損害賠償などを求める訴訟を東京地裁に起こした。
 訴状によると、桜内議員は5月、同党の橋下徹共同代表(大阪市長)の従軍慰安婦問題をめぐる発言に関する記者会見に同席し、吉見教授の著書を指して「捏造だということがいろんな証拠で明らかにされている」と発言。研究者としての名誉と信用を傷つけたと主張している。
 桜内議員の事務所は「訴状が届いていないのでコメントは差し控える」としている。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-02-12/2014021201_02_1.html
赤旗『「極端な国家主義」批判、「建国記念の日」反対集会開く』
(前略)
 歴史科学協議会の本庄十喜(とき)さんが、「YOSHIMI裁判いっしょにアクション」の立ち上げについて特別報告。中央大学の吉見義明教授が日本維新の会桜内文城衆院議員を名誉毀損(きそん)で訴えた裁判を支援する行動で、「家永教科書裁判のように支援の輪を広げよう」と訴えました。

*1:著書『室町期荘園制の研究』(2010年、塙書房

*2:著書『中世公家政治文書論』(2012年、吉川弘文館

*3:著書『後醍醐天皇建武政権』(1999年、新日本新書)、『東国の南北朝動乱:北畠親房と国人』(2001年、吉川弘文館歴史文化ライブラリー)、『足利義持』(2008年、吉川弘文館人物叢書)、『足利義満法皇への夢を追った華麗な生涯』(2010年、山川出版社日本史リブレット人)など

*4:著書『中世の権力と列島』(2012年、高志書院)、『海の武士団:水軍と海賊のあいだ』(2013年、講談社選書メチエ

*5:譚嗣同、林旭、楊鋭、劉光第、楊深秀、康広仁が死刑に処された

*6:何と読むか、わからないのでルビを振って欲しかった

*7:首相、貴族院議長、枢密院議長、韓国統監など要職を歴任

*8:著書『幕藩制社会の展開と米穀市場』(1994年、大阪大学出版会)

*9:著書『鉄砲を手放さなかった百姓たち:刀狩りから幕末まで』(2010年、朝日選書)

*10:菜種油の原料

*11:和紙の原料

*12:紅花油や赤色染料の原料

*13:畳の原料

*14:著書『従軍慰安婦』(1995年、岩波新書)、『日本軍「慰安婦」制度とは何か』(2010年、岩波ブックレット)など