「珍右翼が巣くう会」に突っ込む(8/31分:高英起の巻)ほか北朝鮮・韓国ニュース(追記・訂正あり)

 高以外にもいろいろ書いています。
■暗殺狙うスパイ団を摘発…金正恩氏が警戒する「国内の敵」
https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20180908-00096050/

 東京新聞は2017年4月2日付の朝刊で、北朝鮮金正恩党委員長の暗殺が計画され、未遂に終わったと伝えた。

 「ホンマかいな?」ですね。

 北朝鮮は韓国が朴槿恵前政権下にあった時期、韓国の情報当局が金正恩氏の暗殺を狙っているとして繰り返し非難していた。

 真偽は不明です。ただしこうした発言をすることで韓国側への牽制になっていることは事実でしょう。

 もっとも、金正恩氏は進んで自らの命を危険にさらすような行動も取ってきた。弾道ミサイルの試射がある度に、現地で直接指揮していたのだ。その様子は間違いなく、米国の偵察衛星で監視されていたはずだ。その現場をステルス戦闘機などで奇襲されたら、ひとたまりもなかっただろう。

 吹き出しました。さすがに米国もそこまで無謀じゃないでしょう。


北朝鮮で「凄まじい交通事故」が多発する理由
https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20180903-00095441/
 「急激に自動車社会化が進展しているが道路の舗装や交通教育など条件整備が追いついていないから事故が多発している」という高です。いずれにせよ「自動車が急激に普及する北朝鮮」が経済的な意味で「早急に崩壊すること」は中露の経済支援もあるので、まずありえないでしょうね。


北朝鮮幹部「安倍首相との首脳会談は11月に」…金正恩氏が指示
https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20180830-00094928/
 話半分に聞いておきます。
 というのはまず第一に高のこの話、『情報源は秘密だが』ということで裏のとりようがないからです。
 第二に安倍に首脳会談するだけの度胸があるかどうか。第三に「安倍ほど北朝鮮たたきをしてこなかった」、また「選挙区・鳥取が長い間、北朝鮮と交易してきた」、「石破ならまだしも」、救う会とつるんで長年、北朝鮮たたきに狂奔してきた極右・安倍を北朝鮮側がそんなに信用するとも思えません。
 大体、「11月の政治情勢がどうなってるか」は現時点ではまるきり読めませんし。
 「自民党総裁選の選挙結果(残念ながら安倍三選なのでしょうが石破がどれだけ健闘し、かつそれを土台に安倍に今後どう立ち向かっていくのか)」「沖縄県知事選の選挙結果(与党勝利か野党勝利か)」などによっても状況は変わってくるでしょう。そういう政治情勢下で「11月に首脳会談」なんて話が何で出てくるのか。
 そもそも安倍と会談などしなくても米朝会談、南北会談の成果を今後も米国、韓国相手にうまくすすめると共に、中露との関係改善に努めれば何も安倍なんぞ相手にしなくても「米国、韓国、中露などから」十分経済的利益は手にできるでしょう。その方が安倍なんぞ相手にするより「ローリスク・ハイリターン」かと思います。