高世仁に突っ込む(2021年2/12日分)

◆高世のツイート

高世仁リツイート
◆仁藤夢乃*1
 初めて行政の会議の委員になったとき、長年委員をしていた男性たちが、事前に決められた方向性やゴールに向けて誘導的な発言をするだけで、そのためのアリバイづくりみたいになっている会議に驚きショックだった。現状を変えるため、たくさん発言した。これからもそうしていく。 #わきまえない女

  #わきまえない女

とは

森氏発言を逆手「#わきまえない女」共感広がる:中日新聞Web
 東京五輪パラリンピック組織委員会森喜朗会長(83)による女性蔑視発言は「(ボーガス注:女性が多いと)会議が長引く」に加え、「組織委の女性はわきまえている(ボーガス注:ので会議が長引かない)」も注目を集めた。参加者が男性中心の議論に出席してきた女性らは問題点を指摘。ツイッターでは、発言のあった三日の夜から「#わきまえない女」との検索目印(ハッシュタグ)を付けた投稿が拡散し、共感する声が広がっている。
 「男性たちは事前に決められたゴールに向けて誘導的な発言をするだけ。(会議を開いたという)アリバイづくりみたいになっていた」。
 虐待や貧困に苦しむ十代女性を支援する一般社団法人「Colabo」代表の仁藤夢乃さん(31)はツイッターに、初めて行政主催の会議に参加した際の状況を投稿。「現状を変えるため、たくさん発言した。これからもそうしていく」とした。
 フォトジャーナリストの安田菜津紀さん*2(33)も投稿した一人。取材に「『わきまえる』という言葉には、自身にとって都合の良い人を選別できるという特権意識を感じた」とし、「これで終わりにしてはいけない。黙って心の内に押し込めるのではなく、こうした発言が繰り返されないよう、怒りを力に変えなければ」と話した。

ということだそうですがそれはさておき。
「事前に決められた方向性やゴール」といえば

拉致被害者の即時一括全員帰国(段階的帰国は不可)」
北朝鮮経済制裁で締め上げる(制裁解除など論外)」

という結論が「不動の前提」として存在する「救う会、家族会の運営」がまさにそれであり、仁藤氏風に言えば

現状を変えるため、『段階的帰国でもいいのではないか?』『拉致が解決するなら制裁解除してもいいのではないか?』などとたくさん発言した。
#わきまえない男

だったために家族会を不当にも除名されたのが蓮池透氏ですが、彼は

これからもそうしていく。

ということで今も救う会、家族会批判をしているわけです。仁藤氏風に言えば我々、日本国民は「わきまえない人間(?)」として、蓮池透氏のように「横田早紀江ら家族会連中の思い上がり」を批判していくべきでしょう。というと「家族会の太鼓持ち」高世なんぞは「何が思い上がりだ!」とマジ切れでしょうか?
 しかし仁藤氏風に言えば高世も「わきまえる男」というか、呆れるばかりの「巣くう会、家族会への幇間」の分際でよくもまあ、こんなツイートにリツイートできるもんです。高世はどこまで恥知らずのクズなのか。
 おそらく高世は

 (「巣くう会、家族会の幇間太鼓持ち」という生き方を)これからもそうしていく。

のでしょうからねえ(呆)。
 「仁藤ツイートにリツイートすることで、JOC組織委員会の連中は、森さんに媚びてるといいたいのだろうが、手前の横田早紀江へのこびへつらいよりはましだ!。お前と横田早紀江には上下関係は本来、ないだろうが!」「黙れ、クズ野郎。とっとと郷里の山形に帰れ。二度と東京に出てくるな!」と「高世のバカ」を怒鳴りつけたくなります。大体、「巣くう会副会長」の島田洋一や、「元救う会事務局長」「特定失踪者問題調査会代表」の荒木和博が

https://twitter.com/ProfShimada/status/1359688587436978183
島田洋一
 どんなに謝罪しても森「差別」発言を許してはならないと追及する様を「漫画だ」と感じるのは私だけではないだろう。

https://twitter.com/ProfShimada/status/1359765102438715397
島田洋一
 森元首相が辞任に追い込まれた。アメリカ社会はこうした事を繰り返して分断を深めた。

https://twitter.com/ARAKI_Kazuhiro/status/1358552221332299776
荒木和博
 森前総理*3の発言が問題になってますが、それなら北朝鮮や中国で行われている女性の人権侵害はどうなんだというお話しです。

などと公然と森擁護するのをろくに批判もできない男が「ふざけんな、高世!」て話です。高世は「拉致の風化」「ジンネットの倒産」によって最近は拉致問題から逃げ出し始めていますが、巣くう会とずぶずぶだったときは島田や荒木を持ち上げていたわけですからね。高世の無責任さ、クズさには心底呆れます。

高世仁リツイート
◆仁藤夢乃
 いつまで幼稚園児で、いつまで女たちに教えてもらうことを求め続けるんだ。

 仁藤氏の言葉は「森元首相のような女性差別おやじ」への皮肉ですがそれはさておき。
 仁藤氏風に言えば「いつまで幼稚園児で、いつまで政府やマスコミにちやほやされることを求め続けるんだ?」「そんなことより拉致の解決をいい加減まじめに考えろよ。小泉訪朝から何年たったと思うんだ?」「いつまで蓮池透氏を不当に敵視してれば気が済むんだ?。いつまで救う会にへいこらすれば気が済むんだ?」という言葉を贈呈したいのが横田早紀恵ら家族会の連中です。俺は家族会の連中にはもはや「軽蔑」「憎悪」「憤怒」といった「負の感情」しかありません。

*1:1989年生まれ。一般社団法人Colabooおよび女子高生サポートセンターColaboの代表。著書『女子高生の裏社会:「関係性の貧困」に生きる少女たち』(2014年、光文社新書)、『難民高校生:絶望社会を生き抜く「私たち」のリアル』(2016年、ちくま文庫)。「元AKB48メンバー」仁藤萌乃(1992年生まれ)の姉(仁藤夢乃 - Wikipedia参照)

*2:2012年に第八回名取洋之助写真賞を受賞。著書『君とまた、あの場所へ:シリア難民の明日』(2016年、新潮社)、『それでも、海へ:陸前高田に生きる』(2016年、ポプラ社)、『故郷の味は海をこえて:「難民」として日本に生きる』(2019年、ポプラ社)など(安田菜津紀 - Wikipedia参照)

*3:原文のまま。前総理は安倍なのでもちろん元総理が正しい。