お前が言うな

珍右翼・高世仁に突っ込む(2021年12/20日分)(副題:今日も高世に悪口する)

飯塚繁雄さんの死去によせて - 高世仁の「諸悪莫作」日記 飯塚の死については俺も大筋ではけっきょくのところ「巣食う会」にものを言えない人だった(拉致被害者家族会前代表飯塚繁雄氏の死によせて) - ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)と同意見なので…

「リベラル21」や「家族会」はもはや「エコーチェンバー」化していないか?(2021年12月20日分)

リベラル21については以前から 1)なぜかお客様意識が強く、先日の衆院選でも「議席を減らした共産党や立憲民主党」へ「期待外れ」などと悪口雑言する割に「我々リベラル派の敗北であり反省し、事態の改善を目指そう」という当事者意識、自己反省精神が弱…

「ゼロコロナ信仰」というデマ記事を書く「リベラル21」に呆れる他(2021年12/18分)

リベラル21 ゼロコロナ信仰が生む人権侵害(盛田常夫*1)(経済学者、在ハンガリー) 「ハンガリーに住む人間・盛田」になぜわざわざ寄稿させるのか(しかも内容は必ずしも「ハンガリー報告」ではなく、日本に住んでる人間でも書ける内容が多い)と言えば…

珍右翼・高世仁に突っ込む(2021年12/17日分)(副題:今日も高世に悪口する)

一人ひとりと深く向き合う―小松由佳写真展『シリア難民 母と子の肖像』 - 高世仁の「諸悪莫作」日記 先日の「『彼は早稲田で死んだ』を読んで」には大きな反響があった。 自画自賛する高世ですが、「高世(早稲田OB)と同年代の早稲田OBたち(例:直言(2021…

珍右翼・高世仁に突っ込む(2021年12/14日分)(副題:今日も高世に悪口する)

ネット上の誹謗中傷と既存メディア - 高世仁の「諸悪莫作」日記 前半はDappi批判でまともですが後半から ネットの誹謗中傷・炎上について、作家・監督の森達也氏*1がこんな指摘をしている*2。 「ツイッター匿名率世界比較で、日本は匿名率が圧倒的に高い。75…

珍右翼・高世仁に突っ込む(2021年12/13日分)(副題:今日も高世に悪口する)

◆高世のツイート 高世仁がリツイート ◆有田芳生 高世さんのこの連載は、拉致問題の解決を進めようと思う人たちにとっては、必読です。 岸田内閣で拉致問題の進展はあるのか - 高世仁の「諸悪莫作」日記 有田氏のアホさには呆れて二の句が継げません。高世の…

セカンドレイプ記事を書く「リベラル21&阿部治平」に呆れる(2021年12/10分)

リベラル21 彭帥は性被害者か(阿部治平) タイトルからして「福田ははめられたのかもしれない(麻生や下村)」という「セカンドレイプ記事」が危惧されますが予想通りでした(なお、麻生や下村の発言については、例えば、赤旗被害者を「犯罪者」扱い/下村…

珍右翼・高世仁に突っ込む(2021年12/10、11日分)(副題:今日も高世に悪口する)

◆高世のツイート 高世仁がリツイート ◆異邦人 テレビメディアだけ見ていると、維新が自分達が槍玉に挙げた文通費さえもセルフ領収書でブラックボックス化したり、挙げ句の果てには「党」に寄付*1したりと「身を切る改革」など存在しない事実すら分からない。…

常岡浩介に突っ込む(2021年12月8日分)(副題:猪口邦子の劣化に改めて呆れる)

常岡浩介がリツイート ◆東野篤子*1 猪口先生の『戦争と平和*2』は国際政治学の名著。 猪口先生の域にはどんなに頑張っても達しない*3と思っていたので、「劣化した」猪口先生という表現であれば十分褒め言葉。ありがとうございます! 吹き出しました。「東野…

いつもながら、『プレーヤー意識のない』反共分子「リベラル21&阿部治平」に呆れる(2021年12/8分)

リベラル21 共産党は生き残れるか(阿部治平) 今回の俺のコメントは内容的にはリベラル21 絢爛たる紅葉の中で総選挙の結果をひとり考える(阿部治平)を批判したいつもながら、『プレーヤー意識のない』リベラル21と阿部治平に呆れる - bogus-simotukar…

珍右翼・高世仁に突っ込む(2021年12/6日分)(副題:今日も高世に悪口する)

岸田内閣で拉致問題の進展はあるのか2 - 高世仁の「諸悪莫作」日記(2021.12.6) 珍右翼・高世仁に突っ込む(2021年11/16日分)(副題:今日も高世に悪口する) - bogus-simotukareのブログで取り上げた岸田内閣で拉致問題の進展はあるのか - 高世仁の「諸…

今日の朝鮮・韓国ニュース(2021年12月2日分)

冨田弘子さんを無事発見 北朝鮮の拉致可能性なし―大阪府警:時事ドットコム フジテレビ北朝鮮拉致疑いも... 大阪市の女性 国内で発見 北朝鮮拉致疑い女性、国内で発見 大阪府警 - 産経ニュース 「事件性なし」なので北朝鮮拉致どころか、犯罪被害や事故です…

リベラル21と阿部治平に呆れる(2021年11月30日分)

リベラル21 日本人は立憲民主党ではなく、自民党を選んだ (阿部治平*1) やや揚げ足取りですが阿部のタイトルは正しくは「日本人は」ではなく「日本人の相対的多数派は」ですね。「日本人の俺」は自民には投票していませんので。当たり前ですが「相対的に…

リベラル21に突っ込む(2021年11月28日分)

以前から突っ込んでいますが 【誕生年順(誕生年が同じ場合は名前順)】 ◆リベラル21 眞子さんに贈る祝福の言葉―「行き着くところまで行ってみよう」(平塚らいてう)(2021.10.28)、リベラル21 ひとりの人間がどう生き、なぜ「死」を選んだのか―(2021…

kojitaken氏の珍論に呆れる(追記あり)(副題:江田三郎に悪口する)

4人区の参院選大阪選挙区で「野党共闘」を強要するなど愚の骨頂。共産・立民・新選組がそれぞれ候補を立てて「打倒維新」を競い合うべきだ - kojitakenの日記 別に誰も「強要」などはしてないと思いますし、「社会的影響力皆無の無名チンピラブロガーにすぎ…

今日の中国ニュース(2021年11月27日分)

浅井基文ブログ『中国共産党の統治:党の領導と人民の当家作主』 なかなか興味深い文章だと思うので「オレ流」に紹介しておきます(詳しく知りたい方はリンク先を見て下さい。おそらく阿部治平などは浅井先生を『中国シンパ』と罵倒するだけでしょうが)。 …

今日の朝鮮・韓国ニュース(2021年11月25日分)

拉致「風化させぬ」 大阪府幹部らブルーリボン着用 - 産経ニュース 「イソジン・吉村」らしい馬鹿馬鹿しいパフォーマンスですが、そんなことをしたところで何がどうなるわけでは全くない。 官房長官「家族と抱き締め合う日必ず来る」拉致被害者に向け | 拉致…

今日の朝鮮・韓国ニュース(2021年11月24日分)

<独自>拉致問題の啓発教育推進へ 大阪市教委が通知(産経新聞) - Yahoo!ニュース 「産経や維新といったウヨは教育をおもちゃにするのも大概にしろ」つう話です。拉致は「外交」で解決する話であって「啓発教育」で解決する問題ではない。しかし北方領土や…

今日の中国ニュース(2021年11月22日分)

高市氏「外交的ボイコットは日本独自で判断」 - 産経ニュース はっきりと「政調会長として、外交ボイコットの方向で動く」と言えない辺り「首相」「外相」など政権幹部の様子見と言うことでしょう。彼らが外交ボイコットに乗り気なら賛成するが、そうでない…

リベラル21と阿部治平に呆れる(2021年11月22日分)

リベラル21 都会の目、村の目2021.11.22(阿部治平*1) 「私たちは護憲・軍縮・共生を掲げてネット上に市民メディア、リベラル21を創った」とサイトに掲げているのだから「政治記事か」と思いきや全然違います。 ◆ニホンジカ シカの害は年々ひどくなって…

今日の朝鮮・韓国ニュース(2021年11月21日分)

【経済24時】韓国に抜かれた日本の平均賃金 賃上げできない深刻事情 - 産経ニュース 「先進国で最低」。 日本に対してよく使われるようになった言葉だ。「先進国で唯一」も悪い意味での使用が増えた。その最たるものに「賃金」がある。平均賃金が先進国で…

珍右翼・高世仁に突っ込む(2021年11/21日分)(副題:今日も高世に悪口する)(追記あり)

北朝鮮への人権批判を控える日本 - 高世仁の「諸悪莫作」日記 2018年までは日本とEUが「共同提出国」だったが、日本は「19年からは賛同の度合いを一段階下げて」、今年も60カ国の「共同提案国」に名を連ねるにとどめた。 拉致での日朝交渉を考えれば、むしろ…

黒井文太郎に突っ込む(2021年11月20日分)

◆黒井文太郎ツイート 黒井文太郎 「プーチンは一度も1島たりとも返す気はなかった」、「もともと2島返還する気だった」はどちらも仮説。しかも有力な仮説です。 ところがメディアも学術界も前者を検討した形跡が全くない。 やたら「前者を主張したのは俺ぐら…

今日の朝鮮・韓国ニュース(2021年11月19日分)

めぐみさん拉致44年「本当に耐えられない」 早紀江さん嘆きと憤り:朝日新聞デジタル 「本当に耐えられない」 「子どもを返して、と言い続ける毎日はたまらない」 「一人の母として、もう恥も外聞もない」 蓮池透氏のように「拉致被害者が帰国できるのならバ…

今日の中国ニュース(2021年11月18日分)

上田多門氏「『技術流出論』は日本の中国に対する誤解によるもの」--人民網日本語版--人民日報 日本メディアで最近、なぜノーベル賞級の科学者が中国に行ってしまうのかを問う報道が広く注目されていると聞いている。最近、私もTBSテレビの取材を受けた 5年…

常岡浩介に突っ込む(2021年11月17日分)

常岡浩介がリツイート ◆Yumiko Tamaru 驚くのは、日本のメディアの大半が、彭帥さんと中国の前副首相が「不倫関係にあった」と報じてること 今回ばかりは常岡に同感ですね。 「私(前副首相)の要求に従えば優遇措置を執るが、とらなければ冷遇する」と言わ…

黒井文太郎に突っ込む(2021年11月17日分)

◆黒井文太郎ツイート 黒井文太郎 「金正恩は経済制裁解除の為に非核化する」論はどうなのだろう。 「『フセイン・イラク政権、カダフィ・リビア政権転覆のようなことはしない』という体制保証がない限り、単なる制裁解除では非核化しないのではないか。ただ…

珍右翼・高世仁に突っ込む(2021年11/16日分)(副題:今日も高世に悪口する)

岸田内閣で拉致問題の進展はあるのか - 高世仁の「諸悪莫作」日記 まあ、岸田が何かやれば評価しますが、「第二次、第三次安倍内閣外相」だし、来年の9月17日は、誰かはともかく現在とは別の人物が首相だが、拉致問題については今年と同じような状況だろう(…

今日の中国ニュース(2021年11月14日分)

中米ホンジュラス大統領選で波紋 有力候補が中国重視 - 産経ニュース 選挙結果がどうなるかはわかりません。ただし、『中国との国交樹立、台湾との断交(勿論、中国ビジネス重視が最大の理由)を主張する野党候補が現時点で優位』という事実からは『国際的に…

今日の朝鮮・韓国ニュース(2021年11月13日分)

【阿比留瑠比の極言御免】拉致への姿勢、変わらぬ朝日 - 産経ニュース 救う会の西岡力会長の新著『わが体験的コリア論:覚悟と家族がウソを暴く』が届いていた。同書には、昨年6月に亡くなっためぐみさんの父、滋さんら家族と西岡氏らが戦った第一のウソと…