維新の怪

今日の産経ニュースほか(2020年10月30日分)

高相祐一逮捕に「酒井法子さんの元夫」必要? 離婚から10年...「可哀想」「やめたらどうか」: J-CAST ニュース【全文表示】 俺も全く同感ですね。離婚してから10年も経ってるのに何故「酒井の元夫」などと報じる必要があるのか。こういうときに「日本のマス…

今日の産経ニュース(2020年10月26日分)

立民と共産は学術会議を追及へ 維新と国民民主は改憲議論を提案 - 産経ニュース タイトルだけで「国民民主と維新がインチキ野党で自民応援団だ」ということが分かる話です。まあ、あえて言えばそんなことは以前から分かっていた話ではありますが。 都構想住…

今日の産経ニュースほか(2020年10月25日分)

臨時国会26日召集 菅首相初の国会論戦 学術会議人事も焦点に - 産経ニュース ということで明日からやっと「国会開会」です、菅がどんな演説をし、野党各党がどんな代表質問を刷るのかといったところですね。 もちろん野党各党が「学術会議任命拒否問題」を…

今日の産経ニュース(2020年10月23日分)

大阪・池田市長 庁舎にサウナ設置で謝罪 「持病リハビリのため」 - 産経ニュース 「大阪の政治家だし、こんな馬鹿なことをやるのは維新に違いない」と思ってググったところ、やはり維新でした。維新のような無茶苦茶な連中を支持出来る人間の脳みそはおよそ…

「珍右翼が巣くう会」メンバー・黒坂真に突っ込む(2020年10月14日分)

北朝鮮の美人女優、ウ・インヒの公開処刑より思う―有田芳生参議院議員はこの事件を御存知でしょうかー 黒坂が何が言いたいのかさっぱり分かりません。黒坂も本気で有田氏*1に質問してるわけでは無く、嫌がらせのつもりでしょうが、これのどこが嫌がらせにな…

今日の産経ニュースほか(2020年10月12日分)(菅の学術会議議員任命拒否ほか)

「わからないなら反対を」都構想反対派も活動本格化 (1/2ページ) - 産経ニュース もちろん「都構想の問題点」も一方では指摘、批判してるわけですが、「よく分からないなら反対を」は、なかなかナイスなアピールかと思います。 多くの場合「よくわからない…

今日の産経ニュース(2020年9月23日分)

【最初に追記】 育鵬社の教科書の採択地区が大幅に減少した(安倍晋三もやる気を失った?) - ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)でこの拙記事をご紹介頂きました。いつもありがとうございます。 【追記終わり】 【主張】教科書採択 自虐史観の復活が心配…

今日の産経ニュースほか(2020年9月17日分)

会見「誠実」を前面に 加藤官房長官 菅首相とは対照的? - 産経ニュース 吹き出しました。官房長官当時の菅の会見が「不誠実で横柄だったこと」を事実上認めてるのがなんとも滑稽です。 立民・枝野代表、菅首相の「桜を見る会」中止を批判 - 産経ニュース 産…

今日の産経ニュースほか(2020年9月6日分)

幼児教育無償化除外を批判 北朝鮮外務省の日本研究所 - 産経ニュース 「幼保無償化からの除外は不当な差別」と言う指摘には全く同感なので紹介しておきます。 「モリ・カケ」批判、石破氏に野党が熱視線…共闘に期待? - 産経ニュース 記事本文を読まなくても…

今日の産経ニュース(2020年9月4日分)

合流新党の幹事長に小沢一郎氏を 不参加の須藤元気氏が注文 - 産経ニュース 「無所属になる立場で言うのもなんですが、合流新党の執行部が世代交代しないのであれば、幹事長に小沢一郎*1先生、選対本部長に中村喜四郎*2先生という布陣はいかがでしょう」 言…

今日の産経ニュースほか(2020年9月3日分)

朝鮮学校無償化、敗訴が確定 愛知訴訟、卒業生10人の損賠上告棄却 - 産経ニュース となって違法行為、差別行為を詭弁で正当化する「法の番人」ならぬ「権力(自民党政権)が飼育する権力(自民党政権)の飼い犬」最高裁にはいつもながら怒りを禁じ得ません…

黒坂真に突っ込む(2020年8月29日分)

黒坂真 吉岡正史さん。安倍政権は最悪だったというお話ですが、昨年大阪の首長選挙で日本共産党は安倍自民党の候補者を全力支援しました。 ◆吉岡正史 (ボーガス注:安保関連法、特定秘密保護法、首相靖国参拝、朝鮮学校無償化除外など)数えきれないほどの…

今日の産経ニュースほか(2020年8月28日分)(副題:安倍辞任を素直にまずは喜ぶ)

安倍晋三首相、辞任へ - 産経ニュース 首相、3時からの自民党臨時役員会で辞意表明へ - 産経ニュース 以前、小生の別記事でこの緊急記者会見とやらについて 1)緊急記者会見という響きからは「辞任や衆院解散*1」も一応可能性がある。その場合、サプライズ…

今日の産経ニュース(2020年8月25日分)

差別防止へメッセージ 子供らの感染、文科相 - 産経ニュース ・メッセージは、感染者を責めるのではなく、励ますことが大切だと指摘。 ・感染者への差別をめぐっては、新型コロナのクラスター(感染者集団)が発生した立正大淞南高(松江市)の生徒の写真が…

黒坂真に突っ込む(2020年8月24日分)

黒坂真がリツイート 清水ただし議員。金正恩は既に核を30個以上保有している可能性がある。独裁者金正恩を風刺する小話を、清水ただし議員が街頭演説でなさったら支援者が増えますよ。 ◆清水ただし*1 (ボーガス注:元お笑い芸人として)権力を風刺するのが…

今日の産経ニュースほか(2020年8月24日分)

健康不安の説明要求より野党がやるべきこと 有元隆志(産経新聞正論調査室兼月刊「正論」発行人) « 国基研ろんだん 国基研ろんだん « 公益財団法人 国家基本問題研究所 実に「安倍応援団産経」らしいですが、「健康不安説」について安倍が語るべきなのは当…

今日の産経ニュース(2020年8月18日分)

菅長官、首相の健康不安説を否定「病院に行っていろんな尾ひれがついている」 - 産経ニュース やれやれですね。 そもそも普通に病院に行けばいい物を「国会開会拒否や首相記者会見しないこと」を「体調が悪いから」で正当化したいが故に、フジサンケイや読売…

新刊紹介:「歴史評論」9月号(副題:映画『樺太1945年夏 氷雪の門』、『焼肉ドラゴン』、開高健『日本三文オペラ』などの簡単な紹介(?)があります)

詳しくは歴史科学協議会のホームページをご覧ください。小生がなんとか紹介できるもののみ紹介していきます。正直、俺にとって内容が十分には理解できず、いい加減な紹介しか出来ない部分が多いですが。 ということで今回は特集『中世村落史研究のフロンティ…

今日の産経&朝鮮・韓国ニュースほか(2020年8月4日分)(副題:萩生田文科相、『アサ芸の報じた北朝鮮スパイ疑惑について確認ができなかった』と報道について公式に否定、ほか)

スペイン前国王が離国を表明 裏金疑惑に国民が反発 - 産経ニュース 【産経抄】8月5日 - 産経ニュース スペイン前国王が離国を表明 裏金疑惑に国民が反発 - 産経ニュース スペインの前国王フアン・カルロス1世(82)は3日、裏金疑惑による批判を受け、…

今日の産経ニュースほか(2020年7月28日分)

【長州「正論」懇話会】百地章・国士舘大特任教授「緊急事態条項不在が現憲法最大の問題」 - 産経ニュース 「え、最大の問題はあんたらにとって九条改憲じゃ無かったのか?」とびっくりですね。 つまりは新型コロナを口実に「緊急事態条項改憲」する方が「九…

新刊紹介:「前衛」7月号

「前衛」7月号について「興味のある内容」のうち「俺なりになんとか紹介できそうな内容」だけ簡単に触れます。「赤旗記事の紹介」でお茶を濁してる部分が多いです。 http://www.jcp.or.jp/web_book/cat458/cat/ 特集「コロナ危機の下で政治に何が求められて…

今日の産経ニュースほか(2020年6月19分)

首相、ロシア訪問を見送り 外務省が明らかに - 産経ニュース 結局の所、「コロナ対応の不手際」「黒川問題」「河井公選法違反問題」などによる支持率の低迷もあり、「コロナ感染の危険(ロシアではコロナが深刻)」を犯し、「北方領土で色よい返事を聞かせな…

今日の朝鮮・韓国ニュース(2020年6月16日分)

橋下徹氏、北朝鮮拉致問題の解決策を提言…「経済的に困っている北朝鮮に最後は、お金を払って、拉致被害者返してくれということしか思いつかない」(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース 元大阪府知事の橋下徹氏が14日放送のフジテレビ系「日曜報道 THE P…

今日の産経ニュースほか(2020年6月3日分)

新型コロナ:埼玉県、コロナ向け病床数を6割縮小へ 感染者減少で :日本経済新聞 埼玉県の大野元裕知事は2日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染者向けに県内の医療機関で確保している病床数を602から240に一時縮小する方針を明らかにした。約6割の病床を…

今日の産経ニュース(コロナ問題以外:2020年5月29日分)

都構想住民投票「最終判断は9月」松井市長 - 産経ニュース いったん敗北しているのに全く往生際の悪い連中です。大阪マスコミがまともに批判報道しないことも大きいのでしょうが。 米、中国人留学生の追放検討 スパイ活動防止と報道 - 産経ニュース 「太平…

「珍右翼が巣くう会」に突っ込むほか(2020年5/23分:荒木和博の巻)

金正恩氏の健康不安説は消えていない 公開写真の不自然さを検証 :朝日新聞GLOBE+ アンチ北朝鮮の「結論ありき」牧野愛博*1らしいアホ記事です。金正恩に健康不安があるかどうかはともかく、牧野の記事に「健康不安」を疑うまともな根拠は何もなく「根拠薄…

今日の産経ニュース(コロナ問題以外:2020年5月15日分)

維新は検察定年法賛成へ 分離要求も与党応じず - 産経ニュース まあ維新は「自民の二軍」でしかありませんからね。基本的に「自民党のやることなすこと全て賛成する政党」であり、アレを支持する大阪人はまるきり理解が出来ません。 桜井充参院議員、自民会…

今日の産経ニュース(コロナ問題:2020年5月13日分)

TBSと評論家に謝罪要求 番組発言でマスク調達会社 - 産経ニュース 入札ではなく「入札にかける時間が惜しい、早く配布したい*1」として「緊急性を理由」に随契でユースビオのような怪しい会社(今回の布マスク以前にマスク調達の実績がないらしい)が受注…

今日の産経ニュースほか(コロナ問題:2020年5月10日分)

「次亜塩素酸水」活用広がる 消毒液不足、コロナへの有効性検証(1/2ページ) - 産経ニュース 活用が広がったところでそれは「次亜塩素酸水はコロナ予防に有効だ」という話では全くありません。 厚労省の見解は 1)次亜塩素酸水が有効か疑問 2)アルコール消…

今日の産経ニュースほか(2020年5月9日分)(追記あり)

爆発的感染防いだ日本の文化 太田文雄(元防衛庁情報本部長) « 国基研ろんだん 国基研ろんだん « 公益財団法人 国家基本問題研究所 防いだも何も既に東京や大阪は「爆発的感染」といっていいのではないか。そりゃ米国やイタリアに比べればまだマシなのでし…