芸能

「珍右翼が巣くう会」に突っ込む(2021年1/25分:荒木和博の巻)

外務省他役所のシステムについて(1月25日のショートメッセージ): 荒木和博BLOG 令和3年1月25日月曜日のショートメッセージ(Vol.298)。「お役所は間違いを犯さない。だからお役所のやることに間違いはない」ということを前提としたシステムの間違いについ…

今日の産経ニュースほか(2021年1月17日分)

朝敵として討伐された人物を祭神として祀る神社にて | ちきゅう座 タイトルから「西南戦争の西郷隆盛?(南洲神社)」と思ったのですが、「平将門(神田明神)」だそうです(「朝廷に反逆して偉い!」ではなく「怨霊鎮魂(将門)」「反逆者でも功績は全否定…

今日の産経&中国ニュースほか(2021年1月11日分)

【モンテーニュとの対話 「随想録」を読みながら】森繁久彌さんの戦慄すべき予言 - 産経ニュース 「オヤジの書いた随筆の中にびっくりするような一節があったんです。そのことをお伝えしたいと思いまして…」 昨年の暮れ、唐突にこんな連絡をいただいた。連絡…

今日の産経ニュース(2021年1月5、6日分)

元慰安婦の訴訟「主権免除」適用が焦点 ソウルで8、13日に判決 - 産経ニュース 「主権免除」という主張の是非はともかく、菅政権ですらさすがに「慰安婦はそもそも違法ではない」などとは言えないわけです。 そのことが何を意味するか今更言うまでも無い…

矢崎滋って「事実上引退してた」のかとびっくり

[B! 人生] 【独自】ホテルに5年4か月滞在、謎の女性死亡…「病院は行きたくない」部屋に現金750万円(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュースに「(ボーガス注:身元はさすがに分かるでしょうが)矢崎滋も将来こうなっちゃうのかなあ」とぼやく(矢崎フ…

「珍右翼が巣くう会」に突っ込む(2020年12/30分:荒木和博の巻)

映画・ドラマの「外事警察」の話(12月30日のショートメッセージ): 荒木和博BLOG 令和2年12月30日水曜日のショートメッセージ(Vol.272)。NHKドラマ、そして映画化された「外事警察」(麻生幾原作)についてお話ししました。私は警察の批判もしますが、一…

今日の産経ニュース(2020年12月30、31日分)

首相、閣僚協議も緊急事態宣言再発令に言及せず 都内感染1300人超え - 産経ニュース 患者数だけ見れば「東京で1日の感染者1000人越え」の現状は「緊急事態宣言発令時(1000人越えなど無かった)」より深刻な状態です。 にもかかわらず「何故緊急事態宣言…

今日の中国ニュース(2020年12月27日分)

中国の大人気小説「シンデレラはオンライン中」が日本でドラマ化 中村里帆と瀬戸利樹が主演--人民網日本語版--人民日報 顧漫(グー・マン)の人気小説「シンデレラはオンライン中(原題:微微一笑很傾城)」が日本(ボーガス注:のフジテレビ)でドラマ化さ…

発達障害、精神障害の可能性のある有名人はかなりいるようだ

発達障害、精神障害の可能性のある有名人はかなりいるようだ(映画やドラマの登場人物にも、それをうかがわせるキャラクター多し) - ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学) 何でもかんでも「発達障害、精神障害」と言ってはいけないことは当然ですが、「発達…

高世仁に突っ込む(2020年12/15日分)

北朝鮮帰還事業61年記念フォーラム開かる - 高世仁の「諸悪莫作」日記 北朝鮮関係記事とは言え今日も拉致はなぜ見過ごされてきたのか6 - 高世仁の「諸悪莫作」日記(12月7日付記事)の続きではありません。 それにしても高世もいい加減(つづく)としている…

『ライプツィヒの夏』記事について色々感想

【最初に追記】 世の中自殺をふくむ極端な行動をとる人は、発達障害や精神障害の場合が多そうだ - ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)で拙記事をご紹介頂きました。いつもありがとうございます。 【追記終わり】 愛読しているライプツィヒの夏(別題:怠け者…

世間に知られ始めた「田中絹代が映画監督だった」と言う事実

下関出身・田中絹代生誕記念 朗読とトークショー 市民ら60人参加、きょう上映会も /山口 - 毎日新聞2019.11.3 下関市出身の女優、田中絹代(1909~77年)の生誕記念イベントが2日、同市田中町の田中絹代ぶんか館であった。同郷の若手女優が絹代の…

今日の産経&中国ニュースほか(2020年12月9日分)

けっきょく渡哲也は、渥美清と同じ轍を踏んだと思う - ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)を読んでいて思いだしたこと 9月12日(火)のゲストは、俳優の小野寺昭さんでした!2017.9.12 俳優の小野寺昭さんに「太陽にほえろ!」殿下(島公之刑事)役に抜擢…

今日の産経ニュースほか(2020年11月30日分)(注:コナン・ドイル『高名な依頼人』のネタばらしがあります)

新陳代謝でビジネスモデル転換か 退所相次ぐジャニーズで異変 - 産経ニュース 大手芸能事務所「ジャニーズ事務所」では、錦戸亮(36)、中居正広(48)、手越祐也(33)、山下智久(35)と、創業者のジャニー喜多川氏が昨年7月に亡くなって以降、所…

今日の産経ニュース(2020年11月24日分)

共産志位委員長、異例の在任20年 野党連合政権の樹立目指すが 党勢は衰退 - 産経ニュース 産経らしいタイトルと本文の「党勢衰退」などの悪口雑言は無視して色々と個人的感想を書いておきます。 第一に「異例」と書く産経ですが、宮本氏(1958~1982年:約…

常岡浩介に突っ込む(2020年11月23日分)

常岡浩介 プーチン*1らの犯罪を内部告発した元KGB/FSB幹部アレクサンドル・リトビネンコは14年前の今日、2006年11月23日に、ロシア諜報機関によって放射性物質ポロニウム210を盛られ毒殺されました。 暗殺二年前のリトビネンコへのインタヴュー - The Chicke…

今日の産経ニュース(2020年11月17日分)

男系継承「憲法に抵触せず」 参院内閣委で宮内庁次長が見解 - 産経ニュース やれやれですね。何でそこまで女性天皇に反対するのか。 そもそも天皇制自体が「皇族を国民と別扱いにした上で、天皇を皇族と別扱いにする」という「法の下の平等に反する特殊な制…

今日の産経ニュース(2020年11月9,10日分)(追記あり)

バイデン氏に拉致被害者家族ら「拉致重視、継続を」 - 産経ニュース 米国は当事者でない以上こんなことをやっても何の意味も無い(ブッシュ子、オバマ、トランプ時代も意味は無かった)と言うことがどうして分からないんでしょうか?。特にバイデンは「トラ…

今日の産経ニュース(2020年11月6日分)

【主張】米大統領選 混乱の長期化は望まない - 産経ニュース つまりは「トランプは潔く負けを認めろ」と言う話です。産経ですら「トランプ敗北はもはや認めざるを得ない」とみているわけです。 バイデン氏が南部ジョージア州でトランプ氏を逆転 - 産経ニュー…

今日の産経ニュース(2020年10月31日分)

維新「否決なら首相はジョーカー失う」 大阪都構想、政権影響も - 産経ニュース 最後の最後までデッドヒートであり、維新も「楽勝の見込み」が狂い、かなり追い込まれてるなと思いますね。 だからこそ「自民応援団の俺たちが敗北したら菅も困るはずだ」など…

今日の産経ニュースほか(2020年10月30日分)

高相祐一逮捕に「酒井法子さんの元夫」必要? 離婚から10年...「可哀想」「やめたらどうか」: J-CAST ニュース【全文表示】 俺も全く同感ですね。離婚してから10年も経ってるのに何故「酒井の元夫」などと報じる必要があるのか。こういうときに「日本のマス…

今日の産経ニュース(2020年10月27日分)

【風を読む】「俺たちの旅」 論説副委員長・別府育郎 - 産経ニュース 子役時代の芸名は沖正夫。後に似た名の俳優が売れて芸名を変えた。 沖雅也 - Wikipediaのことでしょうが、沖も「まだまだこれから」と言うときに自殺したことで、一部のファンを除けば、…

TBSラジオ『アフター6ジャンクション』の筒美京平追悼、ほか(追記あり)

【最初に追記】 筒美京平氏の死を知って、昔読んだ本を思い出した - ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)でこの拙記事をご紹介頂きました。いつもありがとうございます。 【追記終わり】筒美京平氏の死を知って、昔読んだ本を思い出した - ライプツィヒの夏…

今日の産経ニュースほか(2020年10月1日分)

〈独自〉日独外相が急遽電話会談へ 中国との経済関係重視から転換 慰安婦像の撤去も求める - 産経ニュース 求めたところでそんな撤去要求に応じるほどドイツ政府もゲスでもないでしょう。もちろん日本が主導する「自由で開かれたインド太平洋(要するに中国…

今日の産経ニュース(2020年9月27日分)

河野沖北相が北方領土初視察 SNSで啓発に意欲 - 産経ニュース 拉致問題にせよ、領土問題にせよ大事なことは「外交交渉」であり「日本国民への啓発」ではありません。日本国民に啓発しても何がどうなるわけでも無い。 にもかかわらず「啓発ばかりに力を入…

今日の産経ニュース(2020年9月20日分)

照ノ富士、快勝で2敗守る 攻めの姿勢貫く - 産経ニュース 大関から序二段まで転落して幕内に復帰。さらに先場所は幕尻で復活優勝を遂げた。角界の長い歴史で誰も通ったことがない道だった。今場所は、過去に貴闘力、徳勝龍ら幕尻優勝を果たした力士が翌場所…

今日の産経ニュースほか(2020年8月28日分)(副題:安倍辞任を素直にまずは喜ぶ)

安倍晋三首相、辞任へ - 産経ニュース 首相、3時からの自民党臨時役員会で辞意表明へ - 産経ニュース 以前、小生の別記事でこの緊急記者会見とやらについて 1)緊急記者会見という響きからは「辞任や衆院解散*1」も一応可能性がある。その場合、サプライズ…

渥美清で色々と書いてみる

けっきょく渡哲也は、渥美清と同じ轍を踏んだと思う - ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)を読んで、コメントもしましたが、拙記事でも色々書いてみることにします。 さすらいの月虎/車寅次郎、渥美清・・・ ◆芸名・渥美清*1の由来 結核で療養所に入って…

新刊紹介:「歴史評論」9月号(副題:映画『樺太1945年夏 氷雪の門』、『焼肉ドラゴン』、開高健『日本三文オペラ』などの簡単な紹介(?)があります)

詳しくは歴史科学協議会のホームページをご覧ください。小生がなんとか紹介できるもののみ紹介していきます。正直、俺にとって内容が十分には理解できず、いい加減な紹介しか出来ない部分が多いですが。 ということで今回は特集『中世村落史研究のフロンティ…

今日の産経ニュース(2020年7月22日分)

立民・安住淳国対委員長「GoToで感染拡大なら内閣総辞職を」 - 産経ニュース 「中止すべき」「延期すべき」「東京以外にも対象外地域を増やすべき」という批判の声があるのに、それを無視して強行した以上、このくらいのことは言われても仕方が無いでし…