安倍晋三

回顧『2021年の訃報』(2022年1/6分)(副題:改めて安倍と家族会、救う会を批判する、他)

リベラル21 回顧と追悼小原紘 (個人新聞「韓国通信」発行人)を見て俺も「2021年の訃報」についていろいろと書くことにします。基本的には「死去順」ですが若干そうでないところもあります。カテゴリー「安倍晋三」ですが勿論「安倍の訃報」ではありませ…

今日のしんぶん赤旗(2021年12/30、31日分)

公明・遠山元議員 税務申告に疑念/資金受領も報告書無記載/牧被告が毎年提供 公明党元衆院議員で元財務副大臣の遠山清彦被告=貸金業法違反で在宅起訴=が、日本政策金融公庫への融資の仲介を依頼した太陽光発電関連会社元顧問から毎年受け取っていたとされ…

今日の産経ニュース&しんぶん赤旗ニュース(2021年12/28日分)(副題:遠山元財務副大臣の犯罪に呆れる)

安倍元首相、再び不起訴 「桜を見る会」捜査終結 - 産経ニュース 今の腰抜け検察では予想の範囲内ですがげんなりします。 「ロッキード事件での田中元首相起訴」「リクルート疑惑での竹下首相辞任」といったペナルティを安倍が未だに受けていないことには屈…

今日の産経ニュース(2021年12/21、22日分)(追記あり)

瀕死容疑者救うのは「真相究明のため」 京アニ事件被告の元主治医 - 産経ニュース タイトルにすごく違和感がありますね。 犯人でも命を救うのは「真相解明のため」でも「生きて罪を償わせるため」でもありません(勿論生かすことによって「結果的にそうなる…

珍右翼・高世仁に突っ込む(2021年12/20日分)(副題:今日も高世に悪口する)

飯塚繁雄さんの死去によせて - 高世仁の「諸悪莫作」日記 飯塚の死については俺も大筋ではけっきょくのところ「巣食う会」にものを言えない人だった(拉致被害者家族会前代表飯塚繁雄氏の死によせて) - ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)と同意見なので…

「珍右翼が巣くう会」に突っ込む(2021年12/18日:島田洋一の巻)

◆島田のツイート 島田洋一 ジェノサイド五輪に関わらなくて良かったとポジティブに捉えてほしい。 フィギュア紀平が五輪絶望 全日本欠場へ - 産経ニュース 故障していた右足首の回復が間に合わなかった紀平は代表選考基準を満たせず、五輪出場が絶望となった…

「珍右翼が巣くう会」に突っ込む(2021年12/16分:巣くう会集会の巻)

救う会:★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2021.12.20)拉致問題セミナー報告5 西岡力 私たち家族会・救う会は北朝鮮に対して2回、メッセージを出しました。 「全被害者の即時一括帰国が実現するのであれば、国交正常化に反対しません。帰ってきた被害者から秘…

今日の中国ニュース(2021年12月5日分)

【異論暴論】1月号 好評販売中 国家・国民を守れ 中国の脅威を直視せよ - 産経ニュース 「誰が考えても日本の直面する最大の脅威は中国共産党である」と、国家基本問題研究所の櫻井よしこ理事長は説く。 「反共、反中国」の桜井らしいですが「その脅威とは…

「珍右翼が巣くう会」に突っ込む(2021年12/4分:巣くう会集会の巻)

拉致被害セミナーで救出策議論、安倍元首相「国民一体で要求を」 - 産経ニュース 「国民が一体となって『拉致被害者を返せ』と強く要求し続けることが最も大事なことだ」と強調。 安倍にまともな講演ができるとは最初から思っていませんが、「こんな中身のな…

今日の産経ニュースほか(2021年12/2、3日分)

立民・泉氏、運営綱渡り 野党ヒアリング見直しの一方、自民改憲案は糾弾 - 産経ニュース やれやれですね。「泉のウヨ仲間である馬淵(国対委員長)」も同様の発言をしているようですが、野党合同ヒアリングの何をどう見直すというのか(呆)。早速「反共右翼…

今日の中国ニュース(2021年12月2日分)(副題:「バイデン政権の非常識な反中国」や「安倍晋三の無責任さ」に呆れる、ほか)

首相「媚中派と言われ不本意」 岸田派元議員に語る - 産経ニュース せめて岸田本人が言ったらどうなのか。 「中国の猛反発」などで、後々トラブルになった時に「誤解があった、首相に迷惑をかけた(大西元議員)」で岸田は逃げる気かと疑いたくなりますね。 …

今日の中国ニュース(2021年11月27日分)

浅井基文ブログ『中国共産党の統治:党の領導と人民の当家作主』 なかなか興味深い文章だと思うので「オレ流」に紹介しておきます(詳しく知りたい方はリンク先を見て下さい。おそらく阿部治平などは浅井先生を『中国シンパ』と罵倒するだけでしょうが)。 …

『赤木俊夫氏の自殺は野党やマスコミの追及のせいだ、安倍元首相は悪くない』と強弁する産経に心底呆れる

【産経抄】11月20日 - 産経ニュース あの狂熱的な批判と追及の嵐はどこへ去ったのか。森友学園に関する財務省の決裁文書改竄(かいざん)をめぐり、新たな文書が開示されるたびに、マスコミや野党が、「主犯」扱いをしていた安倍晋三元首相への言及が消…

今日の産経ニュースほか(2021年11/11、12日分)

「首相の器では…」立民・枝野代表辞任に地元有権者 - 産経ニュース 産経らしいタイトルで吹き出しました。そりゃ自民や公明の支持層に話を聞けばそういうでしょう。 安倍や麻生の選挙区だって野党支持層に話を聞けば「モリカケ桜疑惑の安倍など首相の器では…

「珍右翼が巣くう会」に突っ込む(2021年11/9日:島田洋一の巻)

◆島田のツイート 島田洋一 (ボーガス注:バイデン政権が行うのではないかと報じられてる北京五輪での)外交ボイコットは最も低い段階のボイコット。それすら出来ないようでは話にならない。 岸田政権が「外交ボイコット(開会式への首相出席を拒否し欠席。…

今日の産経ニュース(2021年11/8~10日分)

首相臨時代理筆頭は松野氏 2位に野田氏、3位林氏 - 産経ニュース 1位が松野官房長官は「予想の範囲内」ですが2位が野田少子化等担当相にはびっくりです。 「野田は自民党総務会長(第二次安倍総裁時代)経験者」とはいえ、「鳩山政権で、岡田*1、菅直人*2…

今日の産経ニュース(2021年10/31日分)

【産経抄】10月31日 - 産経ニュース 海で接する中露の振る舞いには気が抜けない。さまざまなタイプのミサイルにも身構えねばならない。 おいおいですね。中露が日本にミサイルを撃ち込む恐れがあると本気で思っているのか? 【正論12月号】やっぱり恐…

「珍右翼が巣くう会」に突っ込む(2021年10/30日:島田洋一の巻)

◆島田のツイート 島田洋一 安倍派になれば分かりやすくて良い。 最大派閥を率いる細田氏とは誰なのかと学生に聞かれて、説明に苦労することが何度かあった。 <独自>安倍元首相、11日に派閥復帰 「安倍派」へ - 産経ニュース 「はあ?」ですね。 「小泉内…

今日の産経ニュースほか(2021年10/21日分)(副題:選挙序盤予想ほか)

安倍元首相、全国遊説開始 激戦区テコ入れ - 産経ニュース 「安倍の全国遊説」がてこ入れになるとはとても思えません。小生も「小泉jr(客よせパンダ?)の入った候補者ポスター」は見たことがありますが、安倍退陣後に「(安倍総裁時代のポスターのはがし忘…

今日の産経ニュースほか(2021年10/7、8日分)(追記あり)

眞子さまご結婚会見へ 4年ぶり小室さん何語る - 産経ニュース 週刊誌の報じる「疑惑」とやらについて記者会見で「事実無根」「事実だが話し合いで円満解決」と説明され「説明にはまともな根拠があり、納得できる」ならともかく、どうもそうはなりそうにない…

珍右翼・高世仁に突っ込む(2021年10/2日分)(副題:今日も高世に悪口する)

眞子さんの人間宣言 - 高世仁の「諸悪莫作」日記 「昭和天皇」のいわゆる「人間宣言」が「天皇を主権者の地位から引きずり下ろし、象徴にする」思惑で「GHQが昭和天皇に強制し、天皇が渋々従ったこと」を考えれば「真子さんの行為(彼女の自発的な行為)」を…

首相を今時「天皇の臣下」と言い出すリベラル21のバカさに心底呆れる(9/29分)

リベラル21 安倍政治の恥ずかしさ思い出そう(小川洋*1) 安倍氏は自らを保守主義者・愛国者だと自認し、右翼団体も安倍を熱心に支持していたわけだが、真の愛国者ならありえない、皇室を蔑ろにする多くの言動がみられた。 例えば、新たな「令和」の元号に…

今日の産経ニュースほか(2021年9/29日分)(副題:自民総裁選雑感(9/29)など)

自民党総裁選をインドはどう見ているか 近藤正規(国際基督教大学上級准教授) « 国基研ろんだん 国基研ろんだん « 公益財団法人 国家基本問題研究所 安倍信者の集まり「国基研」なら予想の範囲内ですが「インドでは安倍再登板を望む声も大きい」と言い出す…

今日の産経ニュースほか(2021年9/21日分)(副題:つくる会がやっと行政訴訟を起こす&安倍教育再生実行会議が廃止と決定、ほか)

◆ワクチン否定論らしいつくる会 新しい歴史教科書をつくる会がリツイート ◆MSheranL, PhD インドはイベルメクチンの配布により、感染者数も死亡者数も激減している。元々、国民のワクチン接種率はまだ9.6%なので、この驚異的な減少がワクチン接種によるもの…

今日の産経&しんぶん赤旗ニュースほか(2021年9/18日分)

「撮り鉄」山添拓・参院議員、線路立ち入りで書類送検…「道と勘違い」 : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン 事件自体は「去年の11月のこと」であり、事件発生直後ではなく半年以上たった「不自然極まりなく」明らかに「警察や読売などによる選挙直前の反…

今日の産経ニュース(2021年9/14~15日分)

岸田氏陣営選対本部長に遠藤氏、顧問に甘利氏 - 産経ニュース 顧問が「UR疑惑の甘利」というのだから心底呆れます。とはいえ今のところ他の候補は「次の質問どうぞ&パワハラ疑惑&コロナ失政の戦犯(ワクチン担当相)」の河野、「安倍の子飼いで非常識極右…

「珍右翼が巣くう会」に突っ込む(2021年9/6日:島田洋一の巻)

島田洋一 河野、石破、岸田、野田氏はいずれもリベラル(うすら左翼)。保守派*1は(ボーガス注:安倍前首相が支持表明した)高市氏*2のみ。 彼らが「左翼」だというなら ◆河野 第三次安倍内閣国家公安委員長、第四次安倍内閣外相、防衛相 ◆石破 自民党幹事…

今日の産経ニュース(2021年9/3、4日分)

<独自>教員研修履歴を一元管理 都道府県単位でデータベース化 - 産経ニュース この記事だけでは、文科省の方向性は何とも評価できませんが産経が「安倍をかばうため」に 1)免許更新の考え方「それ自体」は間違ってない(安倍前総理は間違ってない) 2)今…

「珍右翼が巣くう会」に突っ込む(2021年8/30日:島田洋一の巻)(追記あり)

島田洋一 菅首相が日本経済の背骨を折りかねないと不信を買うに至ったのは、まさに小泉進次郎にエネルギー政策を委ねた重大過誤に因る。 環境相・小泉jrを「脱原発派」と決めつけたあげく「脱原発派・小泉の重用」で財界の支持を失い辞任に追い込まれた、と…

今日の産経ニュース(2021年8/15日分)

終戦の日、靖国で国民集会 憲法改正求める声相次ぐ - 産経ニュース 「英霊にこたえる会」の寺島泰三会長は(中略)昭和50年を最後に途絶えている天皇陛下の靖国神社へのご親拝(しんぱい)実現に向け「われわれの代表である国会議員、首相、閣僚の参拝が必…