安倍晋三

今日の産経ニュース(2020年9月20日分)

照ノ富士、快勝で2敗守る 攻めの姿勢貫く - 産経ニュース 大関から序二段まで転落して幕内に復帰。さらに先場所は幕尻で復活優勝を遂げた。角界の長い歴史で誰も通ったことがない道だった。今場所は、過去に貴闘力、徳勝龍ら幕尻優勝を果たした力士が翌場所…

今日の産経ニュースほか(2020年9月17日分)

会見「誠実」を前面に 加藤官房長官 菅首相とは対照的? - 産経ニュース 吹き出しました。官房長官当時の菅の会見が「不誠実で横柄だったこと」を事実上認めてるのがなんとも滑稽です。 立民・枝野代表、菅首相の「桜を見る会」中止を批判 - 産経ニュース 産…

今日の産経ニュースその1(2020年9月16日分:菅政権誕生など)

【菅首相会見全文】(5)完 横田滋さん死去「めぐみさんに会わせることできず、申し訳ない」 - 産経ニュース ◆記者 「桜を見る会の来年以降中止だが、安倍氏や誰かに相談したのか。決断に至った経緯、思いは」 ◆菅 「これから予算要求をすることになってま…

今日の産経ニュースほか、その1(2020年9月15日分:菅総裁の党内人事など)

首相選出は9/16ですが9/15時点でも党役員人事は色々「正式に」決まるようだし、「閣僚人事も内定」するそうなので適当に書いておきます。首相就任前の「内定報道」はうがった見方をすれば「早期解散の事前準備」かもしれませんが、まあ、野党各党は「早期…

安倍晋三にとって第2次安倍政権を1人の官房長官で通したのは、強みであったが、同時にマイナスでもあったしまたその後もそれを引きずるのだろう

安倍晋三にとって第2次安倍政権を1人の官房長官で通したのは、強みであったが、同時にマイナスでもあったしまたその後もそれを引きずるのだろう - ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)について色々コメントしてみます。 >現憲法下では当初、天皇の認証対象…

今日の朝鮮・韓国ニュース(2020年9月14日分)

「早く行動して成果を」、拉致被害者の家族が菅氏に期待 : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン 横田早紀江さん、拉致解決へ「早く動いて」 菅新総裁に期待 - 毎日新聞 解決へ「一刻も早く行動を」 菅自民新総裁に拉致被害者家族ら:時事ドットコム 拉致問…

今日の産経ニュース(2020年9月14日分)

【菅新総裁会見】(1)政権運営「派閥の弊害は全くない」(2/3ページ) - 産経ニュース 私は派閥に入ってません。 「だから派閥の弊害が無い」と強弁する菅ですが全く話は逆で「菅が派閥ボスで無い」からこそ、二階派、麻生派などが「扱いやすい男」として…

今日の産経ニュース(2020年9月12、13日分)

反対派運動「携帯鳴り自宅に封書」 育鵬社版急減の背景に潜む「事なかれ主義」(1/2ページ) - 産経ニュース 育鵬社中学歴史・公民教科書 半数以上が他社版に 反対派の運動背景か(1/2ページ) - 産経ニュース まるで「反対派が不当な脅しをしているかのよう…

今日の産経ニュースほか(2020年9月11日分)

【主張】拉致と総裁選 解決の具体策を熱く競え - 産経ニュース 拉致が「最重要、最優先」の課題であることは後継の政権にとっても同じはずである。自民党総裁選を争う3氏は三様に解決への意欲を語っているが、具体性を欠き、熱を感じない*1。 この件につい…

今日の産経ニュースほか(2020年9月10日分)

【評伝】村上正邦氏 憂国の士だった「参院のドン」 - 産経ニュース 服役後は永田町に事務所を構え、政界に一定の影響力を持った。 「KSD事件で有罪になろうが、自民を離党に追い込まれようが」ウヨ仲間の村上*1にシンパシーを感じる産経としてはこのように村…

今日の産経ニュース(2020年9月9日分)

河野防衛相「解散恐らく10月、五輪へ準備」 新内閣発足後に - 産経ニュース 「10月」というのはおそらく「河野個人の希望」にすぎず菅や二階と言った連中の言動からは「総裁選の結果(石破や岸田が善戦するか、菅の圧勝か)」や「政権発足後の支持率」によ…

今日の産経ニュースほか(2020年9月8日分)(注:松本清張『天城越え』のネタばらしがあります)

リベラル21 夏の終り・高原野菜の物語(阿部治平) リベラル21の「阿部治平・特別扱い」はいつもながら常軌を逸してますね(呆)。 「梅雨の長雨で日照不足だったり、逆に梅雨が明けたらまるで雨が降らないから野菜が育たない」という話と「私たちは護憲・…

今日の朝鮮・韓国ニュース(2020年9月7日分)

「拉致」が解決していない|【西日本新聞ニュース】(特別論説委員・永田健) 政治家というのは結果で全てが問われるのであり、努力を評価される仕事ではない。それを大前提にして今回の話を進めたい。 安倍晋三首相が病気を理由に退陣を表明した。(ボーガ…

黒坂真に突っ込む(2020年9月7日分)

黒坂真 日本共産党本部の皆さん。森友疑惑とやらは左翼のねつ造です。 「森友疑惑は徹底追及する必要がある」という指摘への「反論のつもり」らしいですが、やれやれですね。 1)森友疑惑を追及していた立憲民主党や国民民主党が「左翼政党」 2)森友再調査…

今日の産経ニュースほか(2020年9月7日分)

習近平「抗日戦争勝利75周年座談会」講話と日中関係|コラム|21世紀の日本と国際社会 浅井基文のページ 9月6日(日) 『日刊ゲンダイ』に掲載されたコメント:五十嵐仁の転成仁語:SSブログ 習近平「抗日戦争勝利75周年座談会」講話と日中関係|コラム|21世…

今日の産経ニュースほか(2020年9月6日分)

幼児教育無償化除外を批判 北朝鮮外務省の日本研究所 - 産経ニュース 「幼保無償化からの除外は不当な差別」と言う指摘には全く同感なので紹介しておきます。 「モリ・カケ」批判、石破氏に野党が熱視線…共闘に期待? - 産経ニュース 記事本文を読まなくても…

今日の中国ニュース(2020年9月6日分)

台湾・国民党、対中融和路線を維持 党大会、衰退に拍車か - 産経ニュース アンチ中国の産経らしいですが、台湾経済にとっての中国市場の重要性を考えれば蔡英文流の「反中国路線」は非常識であり、国民党の対応こそが現実的と言えるでしょう。蔡英文の路線を…

今日の産経ニュース(2020年9月5日分)

敵基地攻撃能力で首相談話発表へ 与党協議を促す - 産経ニュース 体調不良による首相辞任を表明してから「首相談話」て事実なら無茶苦茶すぎです。しかも「敵基地攻撃論」てそんな重要問題は重病人(安倍の自称だが)が体調不良状態で出すべき物では無い。後…

今日の朝鮮・韓国ニュース(2020年9月4日分)

石破氏の「拉致」公約に見る危険性 西岡力(国基研企画委員兼研究員・麗澤大学客員教授) « 国基研ろんだん 国基研ろんだん « 公益財団法人 国家基本問題研究所 「全被害者生存」という前提を崩す平壌事務所設置という石破公約 何度読んでも意味不明な文です…

島田洋一に突っ込む(2020年9月4日分)

島田洋一 対外的には中共迎合、体内的には「反警察」迎合が顕著なNBA(全米プロバスケット)が保守派ファンに見放されつつある。 島田ですら「ファン」とは書けず「保守派ファン(つまりはトランプ支持者)」と書く辺りが爆笑物ですね。 NBAからすれば「そん…

今日の産経ニュース(2020年9月1日分)

仏外務省 中国に「脅すな」と反論 チェコ議長訪台で - 産経ニュース 「抗議は恫喝とは違う(少なくとも現時点では報復措置などは無い)」し、そもそもフランスは部外者でしょうに何抜かしてるんですかね? 【総裁選ドキュメント】菅氏支持7割以上 構図固ま…

野原燐(id:noharra)に突っ込む(2020年9月1日分)

野原燐がリツイート ◆平川克美*1 安倍政治が行ったことは、畢竟するところ(ボーガス注:モリカケ、桜を見る会、アベノマスクなど)政治倫理の破壊(堕落などではなく積極的破壊だった)であり、それを実現するための(ボーガス注:詭弁の連発という)言葉の…

黒坂真に突っ込む(2020年8月31日分)

黒坂真がたつみコータローをリツイート たつみコータローさん。公共事業を受注した会社が、下請けなど他の企業に業務を契約して委託したらピンハネですか。 ◆たつみコータロー*1が高橋千鶴子をリツイート それぞれの企業*2が一体どれだけピンハネして子会社…

今日の産経ニュース(2020年8月31日分)

【検証92カ月】外交 「シンガポール会談」首相が提案(1/2ページ) - 産経ニュース タイトルが「検証7年8ヶ月*1」でないのが謎ですがそれはさておき。 安倍が「トランプ・金正恩のシンガポール会談に尽力した(朝鮮戦争の事実上の終戦をアピールするために…

今日の産経ニュース(2020年8月30日分)

石破氏、菅氏出馬で戦略見直し 派内に非戦論も - 産経ニュース 現執行部(麻生副総理・財務相、二階幹事長など)が党員投票を否定し菅をポスト安倍につけようとする中、党員投票が実際に否定された場合、「敗戦し、新しい執行部に干される恐れがあってもあえ…

高世仁に突っ込む(2020年8/30日分)

軍人と民間人 戦争被害者に格差をつけるな - 高世仁の「諸悪莫作」日記 総理辞任で、汚い置き土産がきれいさっぱり洗い流されるものではない。 取り返しのつかないたくさんの失政というより「犯罪」の数々。それらは結果としてある時代精神を形成するほど、…

高世仁に突っ込む(2020年8/29日分)

心にしみいる幸田文『台所のおと』 - 高世仁の「諸悪莫作」日記 それにしてもNHKの「ニュース7」はヨイショが過ぎた。 (ボーガス注:安倍のメシ友とされる)岩田明子解説委員がスタジオ出演して「トランプ大統領とは電話会談を入れて50回超、プーチン*1大…

今日の産経ニュース(2020年8月29日分)

「全党員に機会を」「体質問われる」自民総裁選、両院総会選出に反発 - 産経ニュース こうしてみると安倍の病気辞任主張は、もちろん 1)「野党の追及や支持率低下で辞めたんじゃ無い」という安倍のくだらない面子による言い逃れ 2)「病人だし首相も辞める…

島田洋一に突っ込む(2020年8月28日分)

大坂なおみ選手「警察批判」声明 | NEXT MEDIA "Japan In-depth"[ジャパン・インデプス](島田洋一) 米国の黒人やリベラル派は「米国の黒人差別批判をする前に中国の少数民族(チベット、ウイグルなど)差別批判をしろ」「米国の黒人差別より中国の少数民…

「珍右翼が巣くう会」に突っ込む(2020年8/28日分:荒木和博の巻)

安倍総理辞任【調査会NEWS3324】(R02.8.28) : 荒木和博BLOG ・平成30年(2018)5月9日、ワシントンのアンドルーズ空軍基地に到着した特別機にトランプ米大統領が乗り込みました。載っていたのは2年前に北朝鮮でスパイとして逮捕、抑留され、解放されたドン…