kojitaken氏

「珍右翼が巣くう会」に突っ込む(2020年3/27分:荒木和博&西岡力の巻)

昨日の産経1面に掲載された記事です。絶対に休止にはしませんが。: 荒木和博BLOG 荒木が「絶対に休止はしない!」と強がったところで、荒木が産経やTBSの取材に答えたように 1)ラジオ放送するには金がかかるが 2)その金が工面できないのなら、中止以外に道…

今日の産経ニュース(6/11分)ほか(追記・修正あり)

■埼玉県東松山市長選なんか出馬しても意味ないと思うんだよなあ。 野原燐がリツイート ・安冨歩*1(やすとみ・あゆみ) ‏【この一行がメディアに出ただけで、第一の目標は達成した。】 「子どもを守るという視点から全ての政策を見直したい」 「女性装*2」東…

今日の産経ニュース(10/3分)ほか(追記・訂正あり)

■kojitakenの日記『リベラル・左派・左翼は今こそ小沢一郎を徹底的に批判せよ』 http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20171002 どうもこの御仁、「リベラル・左派・左翼は小沢を持ち上げていたから今批判しないのだ」と思ってるらしい。まあそういう方もいるで…

「平野貞夫ガー」という陰謀論を垂れ流すkojitaken氏(追記あり)

まあ、「東京都板橋区の共産党区議を板橋区の共産党が除籍(除名)処分に付した一件」についての評価は特にしません。一般論で言えば勿論「正当な理由があれば除名は正当であり、不当な理由ならば不当だ」つうだけの話です。「不当な除名だと思えば共産党を…

今日の産経ニュース(12/14分)ほか

■kojitakenの日記『蓮舫*1、都議選で「小池百合子と協力探る」だって (呆)』 http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20161211/1481465210 まあ小生もこれには呆れました。id:kojitaken氏が言うように「民進党はもうなくなった方がいい」「いやそれ以前にもう明日…

今日の産経ニュース(12/9分)

■オーストラリア政府、中国企業の巨大牧場買収を一転承認 豪企業持ち分引き上げで認可 http://www.sankei.com/world/news/161209/wor1612090025-n1.html 「中国企業だけでこんなにたくさんの土地を買うのはだめ(政府)→分かりました、是正します、合弁にし…

「下村の政治介入」という事情も分からない癖に文科省「子供表記」統一を「当然」と放言するMukke(追記あり)

俺はid:Mukke氏及びそのダチid:DG-Lawに対して「あのチベットキチガイ野郎id:Mukkeはオウム真理教の飼い犬・ダライラマ*1と一緒にガソリンでもかぶって焼身自殺しろよ、そのときはMukkeのダチ公のid:DG-Lawも一緒にガソリンかぶって死んでくれると嬉しいんだ…

江田新党についていろいろ

kojitakenの日記『安倍内閣支持率、「急落」とは言われるがまだまだ高すぎる』 http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20131209/1386596885 まあ、確かにまだ高いんですが『「特定秘密保護法案」は安倍晋三の「敗着」にはならない』(http://d.hatena.ne.jp/kojit…

河野洋平氏「小選挙区制度が日本の政治の右傾化を招いた」と指摘。責任者出てこい(笑)(追記あり)

http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20121212/1355269743 まあ、率直に言うと俺はid:kojitaken氏の「河野氏に対する甘い態度」には賛同できないですね。責任者の一人は彼ですから。 河野談話など評価できる点もありますけど、甘い見方は良くない。河野氏の「金…

id:kojitaken氏の無茶苦茶ぶりに呆れる(副題:もうお前はブログやめろよ)(追記・訂正あり)

id:kojitaken氏は前からあまり評価している人ではなかったし、過去にも批判エントリを書いてるのだが、最近のこの人の2つのエントリを見て頭に来たのでdisる。 まずはこれ。■辻元清美氏の社民党離党に関する、保坂展人氏と「小沢信者」の落差 http://d.haten…

【ネタ】id:kojitaken氏に呆れる(追記・訂正あり)

本当は私なんかよりずっと法律や歴史に詳しい人が突っ込めばいいと思うのだが。まあ、超適当だが思ったことをつらつらと。「戦前には極右・平沼騏一郎が牛耳っていた検察」(http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20100118/1263824686)から 1914年、「ジーメン…

【ネタ】現実を変えられない政党や政治家は無価値だ

元ネタはid:kojitaken氏のこれ →http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20091227/1261858149 共産党は別の意味で余り接触のない党であった。というより、接触できない党であった。「商業新聞」には文字通り堅く門戸を閉ざしていたのである。東京・代々木の党本部…

社会党が衰退したわけ(五十嵐仁「政党政治と労働組合運動」(御茶の水書房)から)

以前「私が今までに読んだ本の紹介(五十嵐仁編)」(http://d.hatena.ne.jp/bogus-simotukare/20090801/1249250921)で、五十嵐氏の考える社会党衰退の理由を紹介したのだが本エントリはその再紹介。 そのとき書いた五十嵐本紹介が以下の文章。 「社会党(…