中国

島田洋一に突っ込む(2020年9月23日分)

島田洋一 二階自民党幹事長と中西経団連会長が政財界の媚中派二大巨頭。 中国とどう接する?日本経済界の重鎮2人が正面衝突 正反対の見解を唱えるJR東海・葛西氏と経団連・中西氏(1/3) | JBpress(Japan Business Press)古森義久 米国大手紙「ウォール・ス…

今日の中国ニュース(2020年9月23日分)

【産経抄】9月23日 - 産経ニュース 「ディズニーは中国政府に叩頭(こうとう)している」。 香港の民主活動家はツイッターにこう書き込んで、ディズニーの新作映画「ムーラン」のボイコットを訴えた。一部シーンの撮影が、イスラム教徒への迫害が続く新疆…

島田洋一に突っ込む(2020年9月22日分)

島田洋一 中共独特の制度に「執行猶予付き死刑」がある。沈黙するなら命だけは助けてやるという意味。 「執行猶予付き死刑」は「政治犯」だけではなく「一般刑事犯」にも適用されますのでこうした島田の物言いは事実歪曲にも、ほどがあります。なお、「死刑…

黒坂真に突っ込む(2020年9月22日分)

黒坂真が宮本徹をリツイート 宮本徹議員。41年前ですが、人民解放軍に射殺された赤旗記者について中国に謝罪と償いを求めるよう、国会で外務省に要求すべきではないでしょうか。 ◆宮本徹*1が時事ドットコム(時事通信ニュース)をリツイート 天安門事件の時…

今日の中国ニュース(2020年9月22日分)

【主張】中国の外交攻勢 欧州取り込みは失敗した - 産経ニュース タイトルだけで読む気を無くしますね(実際読む必要は無いと思いますが)。 世の中は大抵の問題は「是々非々」であって「100%支持」「100%全否定」なんてことはまずありません。 中国とEU諸…

今日の中国ニュース(2020年9月21日分)

メルケル独裁16年間のつけ、中国がこけたらドイツもこけるのか?(大原 浩) | 現代ビジネス | 講談社(1/5) タイトルだけで読む気を無くしますし、実際読む価値は全くありません。これが「マイナー右翼出版社」ならまだしも、仮にも戦前から歴史のある大手…

今日の中国ニュース(2020年9月20日分)

中国、台湾での森元首相発言に説明要求 菅首相の意向めぐり - 産経ニュース 中国外務省の汪文斌(おう・ぶんひん)*1報道官は19日夜、台湾の蔡英文総統と18日に会談した森喜朗*2元首相が、菅義偉*3首相が「機会があれば蔡氏と電話で話ができれば」との意…

黒坂真に突っ込む(2020年9月19日分)

黒坂真 日本共産党本部の皆さん。今日の日本共産党としては、(ボーガス注:中越戦争時の)人民解放軍による赤旗記者射殺は国際法上合法だった、という見解なのでしょうか。 志位和夫 今また中国習近平主席の来日招請が問題になっていますので、7月9日の会…

高世仁に突っ込む(2020年9/19日分)

朝鮮人を殺した自警団は「被害者」なのか? - 高世仁の「諸悪莫作」日記 きょうは某新聞社に用事があって都心に出た。 何で「某」なんてぼかすんですかね? 日経新聞の世論調査で菅*1内閣の支持率が74%!と出た。 (ボーガス注:日経の調査では)政権発足時…

島田洋一に突っ込む(2020年9月18日分)

島田洋一 現在、国賓の要件は単に「国王、大統領又は(ボーガス注:首相など?)これに準ずる者」となっている。公賓以下とは、皇居での歓迎行事、宮中晩餐が入る点で違う。この要件に「普通選挙」を加え、「普通選挙を実施している国の国王、大統領又はこれ…

今日の中国ニュース(2020年9月18日分)

対中協力主導の「経産官邸官僚」退任 官邸外交に変化か - 産経ニュース 「外務省が対中国経済協力に消極的だが、経産省は積極的だった」という産経の主張自体 1)外務省がそこまで中国市場を軽視しているとは思えない、と言う意味でも 2)モリカケの一件で分…

黒坂真に突っ込む(2020年9月17日分)

黒坂真がリツイート 清水ただし*1議員。志位さん*2は野党共闘の一丁目一番地は集団的自衛権行使を可能にする法の廃止だ、と強調して来ました。しかし枝野さん*3はその法を廃止しない*4。日本共産党との一致点は、新自由主義反対程度。日本共産党は台湾有事の…

島田洋一に突っ込む(2020年9月16日分)

島田洋一 平沢勝栄氏が安倍首相に忌避されてきたのは、拉致議連幹部でありながら北朝鮮に寄り添う立場*1に滑落してしまったからだ。 おいおいですね。「安倍が平沢を忌避した(と言うか大臣にしなかった)のは平沢が北朝鮮に甘いからだ」とは何が根拠なのか…

今日の産経ニュースその1(2020年9月16日分:菅政権誕生など)

【菅首相会見全文】(5)完 横田滋さん死去「めぐみさんに会わせることできず、申し訳ない」 - 産経ニュース ◆記者 「桜を見る会の来年以降中止だが、安倍氏や誰かに相談したのか。決断に至った経緯、思いは」 ◆菅 「これから予算要求をすることになってま…

高世仁に突っ込む(2020年9/16日分)(追記あり)

朝鮮人虐殺の実態2 - 高世仁の「諸悪莫作」日記 高世仁に突っ込む(2020年9/9日分) - bogus-simotukareのブログで取り上げた高世仁に突っ込む(2020年9/9日分) - bogus-simotukareのブログの続きです。 小生もうかつでしたが「高世は朝鮮人虐殺にしか触れ…

島田洋一に突っ込む(2020年9月15日分)

島田洋一 民主党応援団の米ABCテレビが、外国による違法行為の捜査の力点をロシアから中国に移すようトランプが指示していたと、あたかもスキャンダルの如く報道。逆にそれこそが正にトランプを続投させるべき理由だ。 おいおいですね。「中国捜査に力点を置…

今日の産経ニュースその2(2020年9月15日分:「菅総裁の党内人事」以外のネタなど)

【正論】親日の国、パラオの戦略的意義 ジャーナリスト・井上和彦 - 産経ニュース まあ、うんざりですね。「途上国」パラオからすれば、日本ウヨ連中に適当に調子を合わせて利益になるのならそうするというだけの話にすぎないわけですから。パラオがことさら…

今日の産経ニュース(2020年9月14日分)

【菅新総裁会見】(1)政権運営「派閥の弊害は全くない」(2/3ページ) - 産経ニュース 私は派閥に入ってません。 「だから派閥の弊害が無い」と強弁する菅ですが全く話は逆で「菅が派閥ボスで無い」からこそ、二階派、麻生派などが「扱いやすい男」として…

今日の産経ニュース(2020年9月12、13日分)

反対派運動「携帯鳴り自宅に封書」 育鵬社版急減の背景に潜む「事なかれ主義」(1/2ページ) - 産経ニュース 育鵬社中学歴史・公民教科書 半数以上が他社版に 反対派の運動背景か(1/2ページ) - 産経ニュース まるで「反対派が不当な脅しをしているかのよう…

新刊紹介:「経済」10月号

「経済」10月号について、俺の説明できる範囲で簡単に紹介します。 http://www.shinnihon-net.co.jp/magazine/keizai/ 世界と日本 ◆GDP戦後最大の落ち込み(工藤昌宏) (内容紹介) 赤旗の記事紹介で代替。 GDP 年率3.4%減/消費税10%に加えコロナ…

今日の産経ニュース(2020年9月9日分)

河野防衛相「解散恐らく10月、五輪へ準備」 新内閣発足後に - 産経ニュース 「10月」というのはおそらく「河野個人の希望」にすぎず菅や二階と言った連中の言動からは「総裁選の結果(石破や岸田が善戦するか、菅の圧勝か)」や「政権発足後の支持率」によ…

黒坂真に突っ込む(2020年9月8日分)

黒坂真がリツイート 吉岡正史さん。立憲民主党の党首選挙での枝野さんの公約には、集団的自衛権行使について何も触れていない。仮に野党と市民の共闘政権ができても、台湾有事の時には集団的自衛権を行使して自衛隊が参戦しうる。 吹き出しました。「枝野立…

今日の産経ニュースほか(2020年9月8日分)(注:松本清張『天城越え』のネタばらしがあります)

リベラル21 夏の終り・高原野菜の物語(阿部治平) リベラル21の「阿部治平・特別扱い」はいつもながら常軌を逸してますね(呆)。 「梅雨の長雨で日照不足だったり、逆に梅雨が明けたらまるで雨が降らないから野菜が育たない」という話と「私たちは護憲・…

高世仁に突っ込む(2020年9/6日分)

中国の恫喝に立ち向かう欧州 - 高世仁の「諸悪莫作」日記 最近では北朝鮮に悪口する記事より、中国に悪口する記事が増えている高世です。 「その方がカネが儲かる」という判断なのでしょう。 しかしタイトルからして噴飯物ですね。 中国との経済関係を考えれ…

今日の中国ニュース(2020年9月6日分)

台湾・国民党、対中融和路線を維持 党大会、衰退に拍車か - 産経ニュース アンチ中国の産経らしいですが、台湾経済にとっての中国市場の重要性を考えれば蔡英文流の「反中国路線」は非常識であり、国民党の対応こそが現実的と言えるでしょう。蔡英文の路線を…

三浦小太郎に突っ込む(2020年9月5日分)

◆ラグタイムララバイ(三浦小太郎)のアマゾンレビュー『チベット人だからわかる 中国は消防士のフリをした放火魔』(ペマ・ギャルポ、2020年、ハート出版) どうも「消防士のフリをした放火魔」とはコロナ問題の件での悪口のようですが、「初期対応の遅れ」…

今日の産経ニュース(2020年9月5日分)

敵基地攻撃能力で首相談話発表へ 与党協議を促す - 産経ニュース 体調不良による首相辞任を表明してから「首相談話」て事実なら無茶苦茶すぎです。しかも「敵基地攻撃論」てそんな重要問題は重病人(安倍の自称だが)が体調不良状態で出すべき物では無い。後…

高世仁に突っ込む(2020年9/5日分)

毒を盛ったロシアを追及するメルケルの「毅然」 - 高世仁の「諸悪莫作」日記 メルケル*1首相をはじめ、欧州の指導者は立派だ。 実に毅然として対応している。 (ボーガス注:韓国や北朝鮮相手に?)「毅然として対処する」というフレーズをひんぱんに口にし…

高世仁に突っ込む(2020年9/4日分)

花と蝶 共進化する生命 - 高世仁の「諸悪莫作」日記 タイトルが「花と蝶 共進化する生命」なのに、記事のメインネタが「慰安婦問題」という意味不明な謎記事です。そんなに河野談話否定ウヨに絡まれるのが高世は怖いのか。「高世さんってマジで姑息ですね(…

今日の産経ニュースほか(2020年9月3日分)

朝鮮学校無償化、敗訴が確定 愛知訴訟、卒業生10人の損賠上告棄却 - 産経ニュース となって違法行為、差別行為を詭弁で正当化する「法の番人」ならぬ「権力(自民党政権)が飼育する権力(自民党政権)の飼い犬」最高裁にはいつもながら怒りを禁じ得ません…