中国

「珍右翼が巣くう会」メンバー・黒坂真に突っ込む(2020年12月2日分)

黒坂真がリツイート 吉岡正史さん。情けない、という呟きですがそれは中国共産党と長年、科学的社会主義の理論交流を積み重ねた不破さん*1にもいうべきです。 ◆吉岡正史 (ボーガス注:茂木外相は)情けない。 だらしない外相・茂木敏充に志位が喝!/政界地…

今日の中国ニュース(2020年12月1、2日分)

【主張】「偽画像」ツイート 中国は悪質な宣伝やめよ - 産経ニュース これについては、 https://b.hatena.ne.jp/entry/s/www3.nhk.or.jp/news/html/20201130/k10012739081000.html ◆bogus-simotukare(つまり小生) 豪州首相のやり口は「吉田証言ガー」で慰…

今日の産経ニュースほか(2020年12月1日分)

◆山尾志桜里の右翼振りに呆れる しかしながら、山尾も「もう辞めてくれ」と言うしかないことがぞろぞろ出てきます。 投稿欄を汚すことになるので悪罵は書きませんが「そういうことか」というのは検索すればご理解いただけると思います。 と言うコメント欄の…

今日の中国ニュース(2020年11月29日分)(副題:楊海英のクズさに心底呆れる)

◆楊海英ツイートに突っ込む 楊海英*1 日本の大学では学問の自由がとてもよく保障されているみたい*2。中国軍関連大学と協定結ぶくらい自由かも。その中国の公船が日本の技術を活用して尖閣に侵入しているのにも貢献か。 45大学が中国軍関連大と協定 一部で…

今日の産経ニュース(2020年11月29日分)

安倍氏説明努力が大事 「桜」夕食会問題で自民・岸田氏 - 産経ニュース 「安倍氏が説明すべきだ」といって「全てを安倍の個人的責任」にして、自民党としての調査もしなければ、野党の求める安倍参考人招致、証人喚問にも応じないというのだから、岸田氏*1ら…

高世仁に突っ込む(2020年11/29日分)

拉致はなぜ見過ごされてきたのか4 - 高世仁の「諸悪莫作」日記(2020年11/28付け記事) 間に 加速する香港の弾圧 周庭さんも収監 - 高世仁の「諸悪莫作」日記(2020年11/23付け記事) すごいぞ!台湾のコロナ対策 - 高世仁の「諸悪莫作」日記(2020年11/…

今日の中国ニュース(2020年11月28日分)(副題:楊海英のクズさに心底呆れる)(追記あり)

自衛隊レーダー基地の喉元に迫る中国資本 北海道・稚内ルポ - 産経ニュース 有料記事なので途中までしか読めませんが、いつもの「北海道が危ない、中国が狙ってる」という与太です。なお「後述しますが」、「楊海英」のクズぶりにあきれ果てたので今後は「楊…

「珍右翼が巣くう会」メンバー・黒坂真に突っ込む(2020年11月28日分)

黒坂真 昭和30年まで在日の共産主義者は日本共産党員でしたね。今の日本共産党がこの件を内緒にしたいのは、昔の在日本朝鮮人総連合会幹部の殆どが元日本共産党員であった事、昭和34年からの北朝鮮への帰国事業の頃に日本共産党の宣伝が在日朝鮮人にかなりの…

今日の産経ニュース(2020年11月28日分)

【産経抄】11月28日 - 産経ニュース 抄子は約7カ月前、中国外交を老獪(ろうかい)だのしたたかだのと評価する風潮に疑問を呈したが、この際もっとはっきり言おう。中国は外交下手である。 産経が「王毅*1外相は無礼だ。首相等は会うべきでなかった」な…

「珍右翼が巣くう会」メンバー・島田洋一に突っ込む(2020年11月26日分)

島田洋一 まさに正論だ。これだけ正しい事を言っても信用されない共産党とは何なのか。志位氏には真摯に考えて欲しい 志位氏「傲慢不遜で許しがたい」 尖閣めぐる中国外相の主張に - 産経ニュース 共産党の志位和夫委員長は26日の記者会見で、尖閣諸島(沖…

今日の産経&中国ニュース(2020年11月26日分)

令和5年春に慶応大「歯学部」 東京歯科大と統合協議開始 学校法人合併へ - 産経ニュース 慶応大(長谷山彰塾長、東京都港区)と東京歯科大(井出吉信学長、同千代田区)は26日、令和5年4月をめどに東京歯科大歯学部を慶応大に統合し、両大学を運営する…

高世仁に突っ込む(2020年11/25日分)

すごいぞ!台湾のコロナ対策 - 高世仁の「諸悪莫作」日記 今回(11/24付け記事)は拉致はなぜ放置されてきたのか3 - 高世仁の「諸悪莫作」日記(11/21付け記事)の続きではなく、 1)「桜を見る会」疑惑での安倍批判 2)台湾のコロナ対策評価&自民党政権…

今日の産経&中国ニュース(2020年11月25日分)(追記あり)

習近平主席、バイデン氏にようやく祝電「関係発展を希望」 - 産経ニュース 習氏がようやく祝意を直接伝えたのは、トランプ米大統領が政権移行手続き容認の考えを示したためとみられる。 ということで「バイデン当選を嫌っていた」「トランプの逆転勝利を願っ…

今日の産経ニュース(2020年11月24日分)

共産志位委員長、異例の在任20年 野党連合政権の樹立目指すが 党勢は衰退 - 産経ニュース 産経らしいタイトルと本文の「党勢衰退」などの悪口雑言は無視して色々と個人的感想を書いておきます。 第一に「異例」と書く産経ですが、宮本氏(1958~1982年:約…

高世仁に突っ込む(2020年11/24日分)

加速する香港の弾圧 周庭さんも収監 - 高世仁の「諸悪莫作」日記 今回は拉致はなぜ放置されてきたのか3 - 高世仁の「諸悪莫作」日記の続きではなく、香港関係ですね。 イギリス、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、カナダの外相は18日、中国が香…

「珍右翼が巣くう会」メンバー・黒坂真に突っ込む(2020年11月23日分)

黒坂真がリツイート 吉岡正史さん。日本共産党は江戸時代から突如、普通選挙制度による議会制民主主義の日本が実現可能だったと考えていますか。 吉岡ツイートの紹介は省略しますが、『明治時代には自由民権運動の弾圧など民主主義の面で問題があった。佐藤…

今日の中国ニュース(2020年11月21日分)

◆トランプの無茶苦茶な「現職大統領気取り」 米海軍幹部、台湾を電撃訪問 中国の軍事圧力など協議か:朝日新聞デジタル 米インド太平洋軍のマイケル・スチュードマン情報司令官が22日午後、台湾を電撃訪問した。 米環境保護局長官、12月に台湾を訪問 中国は…

三浦小太郎に突っ込む(2020年11月20日分)

第10回 アジアの民主化を促進する東京集会 報告 | 一般社団法人 アジア自由民主連帯協議会(文責・三浦小太郎) 予想の範囲内ですが「アジアの民主化を促進する」というタイトルでありながら「中国非難オンリー」と言うのだから呆れます。 「独裁色を強める…

今日の産経ニュースほか(2020年11月20日分)

共産、現在も破防法対象団体 政府答弁書 :日本経済新聞 「自民離党に追い込まれた一時は共産を含む野党共闘に参加していたくせに」こんな質問した鈴木宗男(維新)といい、「今も破防法対象団体」と閣議決定した菅政権といい、非常識極まりないですね。今時…

今日の産経ニュースほか(2020年11月18日分)

NHK、オバマ氏回顧録を誤訳? 鳩山氏巡る部分に指摘:朝日新聞デジタル NHKのニュースが17日、オバマ前米大統領が回顧録で、鳩山由紀夫元首相を「迷走した日本政治の象徴」などと評したと報じた。これについてネットなどで「誤訳だ」との指摘が上がっている…

今日の産経ニュース(2020年11月17日分)

男系継承「憲法に抵触せず」 参院内閣委で宮内庁次長が見解 - 産経ニュース やれやれですね。何でそこまで女性天皇に反対するのか。 そもそも天皇制自体が「皇族を国民と別扱いにした上で、天皇を皇族と別扱いにする」という「法の下の平等に反する特殊な制…

今日の産経ニュースほか(2020年11月16日分)

つくる会、「文科省教科書検定の罰則規定導入に反対する声明」を発表 さすがに「弱腰だ」などと内部から突き上げがあったからでしょう、つくる会のサイトに上の記事が掲載されました。 文部科学省の教科書検定審議会は10日、教科書会社が検定期間中に検定内…

高世仁に突っ込む(2020年11/16日分)

生命のご先祖はたった1匹の単細胞生物だった - 高世仁の「諸悪莫作」日記 11/15付けの高世記事です。 興味深いのは「11/15は横田めぐみ拉致の日」であり、横田奥さんもマスコミに記者会見し、また新潟では県民集会もあったそうですが、一時は「拉致問題報…

「珍右翼が巣くう会」メンバー・島田洋一に突っ込む(2020年11月15日分)

島田洋一 「学術会議は完全に民間の活動としてやられた方がいい」。安全保障分野の研究に否定的な同会議に「税金を入れるべきなのか」。私も安倍前首相と同じ考えである。こうした常識的な主張が他の自民党議員からももっと出るべきだろう 。 国民投票法、今…

今日の産経ニュース(2020年11月15日分)

コロナ感染最多に不安84% 内閣支持率63% 共同通信世論調査 - 産経ニュース 未だに内閣支持率63%というのには菅批判派としてげんなりせざるをえませんが、「パンケーキ懇談会」によるマスコミの批判報道封じの側面が大きいのでしょう。 なお、 ・来年…

新刊紹介:「経済」12月号

「経済」12月号について、俺の説明できる範囲で簡単に紹介します。 http://www.shinnihon-net.co.jp/magazine/keizai/ 世界と日本 ◆コロナ拡がるアメリカ(髙山一夫*1) (内容紹介) 1)「外出自粛などをする民主党系知事を経済を破壊しているなどと悪口雑…

新刊紹介:「歴史評論」12月号(ボーガス注:池波正太郎『烈女切腹』『力婦伝』、歌舞伎『伽羅先代萩』、『鏡山旧錦絵』、森鴎外『堺事件』、大岡昇平『堺港攘夷始末』の紹介があります)

詳しくは歴史科学協議会のホームページをご覧ください。小生がなんとか紹介できるもののみ紹介していきます。正直、俺にとって内容が十分には理解できず、いい加減な紹介しか出来ない部分が多いですが。 特集「19世紀日本の人物顕彰」 「19世紀」とは「180…

今日の産経ニュースほか(2020年11月13、14日分)

[B! 社民党] 「遺産食いつぶした」 照屋氏が福島氏を面罵―社民:時事ドットコム ネトウヨのくだらない悪口ブクマは無視した上でコメント。 id:font-da ずっと社民党に入れてるのでうろたえかけたが、大椿ゆうこさん*1のTwitterを覗いたら、これからもそれぞ…

今日の中国ニュース(2020年11月13日分)

リベラル21 革命の嵐の中で生き抜いた少年の記録宮里政充*1(元高校教師) 「元高校教師」阿部治平が解説を書いた本(翻訳は阿部ではなく棚瀬慈郎*2)『ナクツァン:あるチベット人少年の真実の物語』(2020年10月、集広舎)を阿部の元同僚・宮里(中国専…

今日の産経ニュースほか(2020年11月12日分)

「 米大統領選と絡んだ習近平強硬路線 」 | 櫻井よしこ オフィシャルサイト 習氏が毛沢東のように全権を握り、あと15年間82歳*1まで、つまり終身、主席でいたいと考え もちろん「終身主席」などという主張には何の根拠もありません。そもそも習氏が「三期目…