台湾

高世仁に突っ込む(2021年4/6日分)

台湾取材時の昔話 - 高世仁の「諸悪莫作」日記 もう三昔*1も前(1980年代末)、私がフィリピン・マニラに駐在していたとき、台湾に取材に行き、花蓮に数日滞在したことがある。 たしか、花蓮に残る植民地時代のなごりやかつて日本兵としてフィリピン戦線に投…

今日の中国ニュース(2021年4月5日分)

◆楊海英のツイート 楊海英 霞ヶ関は国民を馬鹿にしている。 茂木外相は王毅外相に、本当は何と言ったのか?(遠藤誉) - 個人 - Yahoo!ニュース 日本の報道によれば5日、茂木外相は相当に厳しいことを言ったことになっているが、中国の正式報道によればその逆…

今日の産経ニュース(2021年3月30、31日分)(副題:教科書検定で色々)

自由社教科書に「二重基準」の検定意見31件 同様記述の他社は不問 - 産経ニュース それが事実であるのなら「行政訴訟を起こせ」と言う話です。 【九州正論懇話会】八木秀次氏詳報 女系容認は「天皇制廃絶への道」(1/2ページ) - 産経ニュース 呆れて二の…

高世仁に突っ込む(2021年3/22日分)

大竹英洋『ノースウッズ―生命を与える大地』に土門拳賞 - 高世仁の「諸悪莫作」日記 アンカレジでの18日の初顔合わせからまるで喧嘩。 ということで「対決面」ばかりに着目する高世です。 しかし米中外交対話(アラスカ)|コラム|21世紀の日本と国際社会 浅…

今日の中国ニュース(2021年3月1日分)(副題:楊海英のクズさ、馬鹿さに心底呆れる)

◆楊海英*1のツイート 楊海英 ストレスフルな世の中。テレビのチャンネルは地上波もBSも中国のものばかり。世界は中国以外に存在しないみたい。 お願い、中国のない世界に行かせて。日本よ、中国から独立して。 楊海英 モンゴル*2やカザフスタンに行くと、中…

今日の中国ニュース(2021年2月22日分)

【トップバイヤーの男前研究所】テレワークのビジネススタイルに 中国ブランド「單農(ダンノン)」(1/2ページ) - 産経ニュース2021.2.24 『中国ブランド「單農(ダンノン)」なら、着心地が良くきちんとして見えるので、テレワークのビジネススタイルに最…

「珍右翼が巣くう会」メンバー・黒坂真に突っ込む(2021年2月21日分)

◆黒坂のツイート https://twitter.com/rokuKUROSAKA/status/1363466412270919687 黒坂真がryozanpakuをリツイート 三井よしふみさんのこの呟きのどこに問題があるのか、全くわかりません。 ◆ryozanpaku この発言だからね。れいわ新選組はこういう(ボーガス…

今日の中国ニュース(2021年2月7日分)(副題:楊海英のクズさ、馬鹿さに心底呆れる)

◆楊海英*1のツイート 楊海英 ご注目ください。世界モンゴル人連盟が、過日、日本において成立しました。 「日本モンゴル人連盟」「世界モンゴル人連盟日本支部」ならともかく「外モンゴルでなくてなんで日本で、『世界モンゴル人連盟』が成立するの?」です…

今日の中国ニュース(2021年2月5日分)

台湾、南米ガイアナの事務所開設…一夜で白紙に 中国が圧力 - 産経ニュース ガイアナは「誤り正した」 中国外務省 台湾の代表事務所問題 - 産経ニュース 台湾、南米ガイアナの事務所開設…一夜で白紙に 中国が圧力 - 産経ニュース 台湾の外交部(外務省に相当…

「珍右翼が巣くう会」に突っ込む(2021年1/25日分:島田洋一の巻)

◆島田のツイート 島田洋一 一般国民に巣ごもりを強要する以上、松本純*1、遠山清彦*2両氏のような議員は、与野党問わず直ちに辞職させねばならない。 珍しく島田が正論ですが、島田の場合「ただし本当は巣ごもりなど不要、コロナはただの風邪」「死ぬのは高…

今日の中国ニュース(2021年1月24日分)(副題:楊海英のクズさ、馬鹿さに今日も呆れる)

【正論】中国共産党、怪物となった百年 文化人類学者、静岡大学教授・楊海英 - 産経ニュース 中共という幽霊の生みの親は日本である。 何のことかと言えば、中国共産党の指導者は「マルクス直訳」ではなく、「河上肇」など、日本のマルクス経済学者の著書か…

今日の産経ニュース(2021年1月22、23日分)

同日実施は困難 4月補選と次期衆院選 自民幹部 - 産経ニュース コロナが終息もしてないのによくも馬鹿なことが言えたもんです。まともな人間なら「そんなことは今のコロナが終息してからの話だ」というでしょうに。 台湾新幹線の新車両、日本側の提示価格高…

高世仁に突っ込む(2021年1/22日分)

『日本のいちばん長い日』によせて2 - 高世仁の「諸悪莫作」日記 『日本のいちばん長い日』によせて - 高世仁の「諸悪莫作」日記の続きですね。なお、『日本のいちばん長い日』によせて - 高世仁の「諸悪莫作」日記についての感想はこの記事の下の方に書い…

今日の中国ニュース(2021年1月21日分)(副題:楊海英のクズさ、馬鹿さに今日も呆れる)

【産経抄】1月21日 - 産経ニュース 新型コロナウイルスの封じ込めに成功している台湾への称賛の声は高まるばかりである。同時に日本の統治下、児玉源太郎*1総督のもとで、民政長官として日本の衛生行政制度を導入した後藤新平*2の存在も改めて注目されて…

今日の産経ニュースほか(2021年1月12日分)

渡辺会長が「戸籍問題」の解決を求め川上陽子法務大臣に要望書と署名を送達 | 戸籍問題,提言 | 日本李登輝友の会 │ 新しい日台交流にあなたの力を! 「話の本筋では全くない」のですが、「上川(かみかわ)*1法相」について堂々と「川上(かわかみ)法相」と…

今日の中国ニュース(2021年1月2日分)

中国で“日本風”が大人気 一方で批判も|日テレNEWS24 2020年の中国で流行した「日本風」ビジネス 「こびるな」という批判も - ライブドアニュース 2020年、中国では“日本風”ビジネスがブームだった。広東省仏山市に誕生した「一番街」は、東京の歌舞伎町…

今日の産経ニュース(2020年12月23日分)

河野氏、選択的夫婦別姓制度は「あってもいい」 - 産経ニュース 野田聖子*1などと違い、党内ウヨ議員が怖くて「賛成と言えない」が「賛成派ぶりたい」姑息な河野*2です。 ◆天安門事件問題で当時の自民幹部に悪口するいつもの「反中国」産経 【外交文書】日本…

今日の中国ニュース(2020年12月5、6日分)

【正論1月号】チャイナ監視台 中国は米大統領選をどう見たか 産経新聞台北支局長 矢板明夫(1/3ページ) - 産経ニュース 米大統領がバイデン氏に変わった場合、米中関係はどう変わるか。報道では、どちらが勝ってもアメリカの中国に対する厳しい姿勢は変わ…

今日の産経ニュースほか(2020年12月3日分)

イージス艦2隻新造、NSCで確認 与党協議経て月内に閣議決定へ - 産経ニュース 政府は3日、国家安全保障会議(NSC)の4大臣会合を首相官邸で開き、配備を断念した地上配備型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア(地上イージス)」の代替策につ…

高世仁に突っ込む(2020年11/29日分)

拉致はなぜ見過ごされてきたのか4 - 高世仁の「諸悪莫作」日記(2020年11/28付け記事) 間に 加速する香港の弾圧 周庭さんも収監 - 高世仁の「諸悪莫作」日記(2020年11/23付け記事) すごいぞ!台湾のコロナ対策 - 高世仁の「諸悪莫作」日記(2020年11/…

高世仁に突っ込む(2020年11/25日分)

すごいぞ!台湾のコロナ対策 - 高世仁の「諸悪莫作」日記 今回(11/24付け記事)は拉致はなぜ放置されてきたのか3 - 高世仁の「諸悪莫作」日記(11/21付け記事)の続きではなく、 1)「桜を見る会」疑惑での安倍批判 2)台湾のコロナ対策評価&自民党政権…

今日の中国ニュース(2020年11月21日分)

◆トランプの無茶苦茶な「現職大統領気取り」 米海軍幹部、台湾を電撃訪問 中国の軍事圧力など協議か:朝日新聞デジタル 米インド太平洋軍のマイケル・スチュードマン情報司令官が22日午後、台湾を電撃訪問した。 米環境保護局長官、12月に台湾を訪問 中国は…

今日の産経ニュースほか(2020年11月18日分)

NHK、オバマ氏回顧録を誤訳? 鳩山氏巡る部分に指摘:朝日新聞デジタル NHKのニュースが17日、オバマ前米大統領が回顧録で、鳩山由紀夫元首相を「迷走した日本政治の象徴」などと評したと報じた。これについてネットなどで「誤訳だ」との指摘が上がっている…

今日の産経ニュース(2020年11月17日分)

男系継承「憲法に抵触せず」 参院内閣委で宮内庁次長が見解 - 産経ニュース やれやれですね。何でそこまで女性天皇に反対するのか。 そもそも天皇制自体が「皇族を国民と別扱いにした上で、天皇を皇族と別扱いにする」という「法の下の平等に反する特殊な制…

今日の中国ニュース(2020年11月11日分)(副題:香港議会議員の強制失職ほか)(追記あり)

【変貌するチベット】(上)宗教色後退、都市化進む聖地ラサ 目立つ近代的ホテル 所得も大幅増 - SankeiBiz(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト 【変貌するチベット】(下)「脱貧困」奏功も強まる党介入 少数民族優遇で漢族と軋轢 - SankeiBiz(サ…

今日の中国ニュース(2020年11月6日分)

「許していい 忘れてはならない」90年前にあった台湾の抗日蜂起事件 子孫たちは今 | 麗しの島から | 福岡静哉 | 毎日新聞「政治プレミア」 ・台湾が日本に統治されていた1930年10月27日、中部のある集落で先住民が抗日を訴えて蜂起する事件が起きた。山間部…

今日の中国ニュース(2020年11月2日分)

習近平の新時代の中国の特色ある社会主義思想(習近平思想)|コラム|21世紀の日本と国際社会 浅井基文のページ 「習近平の新時代の中国の特色ある社会主義思想(習近平思想)」については「建国期の社会主義思想(毛沢東思想)」「改革開放時期の社会主義…

今日の中国ニュース(2020年10月23日分)

【国連創設75年】国連“乗っ取り”図る中国 積極関与さらに顕著 リチャード・ゴーワン氏 - 産経ニュース 有料記事なのでほとんど読めませんが、タイトルだけで唖然ですね。一体どうすれば「国連は乗っ取れるのか」。 国連事務総長は「国連事務局の長」でしか…

今日の中国ニュース(2020年10月13日分)(副題:中国の千人計画)

自民・甘利税調会長がメルマガ修正 学術会議の日中協力めぐり - 産経ニュース 甘利も本当にどうしようも無いバカでクズですね。もちろん甘利の学術会議への誹謗中傷については徹底的に追及する必要があります。 千人計画で「流出」する日本人研究者、彼らは…

今年(2020年)は「ホニャララ周年」(金丸訪朝のあった30年前まで)

今日の朝鮮・韓国ニュース(2020年9月30日分)(副題:朝日新聞インタビューシリーズ『金丸訪朝(1990年9月28日)から今年で30年、日朝外交これまで、これから』ほか) - bogus-simotukareのブログで 【田中均】「叫ぶだけでは解決しない」 日本に足りない、…