台湾

今日の産経ニュースほか(2020年8月11日分)

◆最近の文科省ニュース つくる会関係記事を探す際に「文科省」「萩生田大臣」などでググった時に見つけた「別の文科省関係記事」をいくつか紹介しておきます。 【アイヌ関係】 国の責任で遺骨返還を アイヌ民族2団体が要請 萩生田文科相の発言に抗議:北海…

今日の中国ニュースほか(2020年8月3日分)(副題:李登輝死去&半沢直樹&『臓器狩り』ほか)

怖いのは習政権の暴走、「香港」の次は「台湾」か【コメントライナー】:時事ドットコム信太謙三*1 中国には今や「武力統一」という選択肢しかない。 悪質なデマであり呆れて二の句が継げませんね。海峡両岸論 第117号 2020.08.02発行 - 衰退ニッポンに響い…

今日の中国ニュース(2020年7月31日分)(副題:李登輝死去)

【李登輝氏死去】価値観共有に功績の李氏 中国を注視しつつ日台実務関係を強化 - 産経ニュース 政府は過度に中国を刺激するのは得策でないと判断しているとみられる。菅氏は「(李氏の)ご葬儀への政府関係者の派遣は予定していない」と述べた。政府は森喜朗…

今日の中国ニュース(2020年7月29日分)(副題:李登輝死去)(追記あり)

台湾の蔡英文総統ら、李登輝氏を見舞う - 産経ニュース 97歳という年齢を考えればいつ死んでもおかしくない。まあ台湾においては「既に過去の男」であり、奴が死んだところで政治的衝撃はゼロ、騒ぎ立てるのは日本ウヨだけでしょうが。【追記】 台湾の李登輝…

今日の産経ニュースほか(2020年7月28日分)

【長州「正論」懇話会】百地章・国士舘大特任教授「緊急事態条項不在が現憲法最大の問題」 - 産経ニュース 「え、最大の問題はあんたらにとって九条改憲じゃ無かったのか?」とびっくりですね。 つまりは新型コロナを口実に「緊急事態条項改憲」する方が「九…

今日の産経ニュース(2020年7月15日分)

小泉環境相の対談も 自民元幹部職員の田村氏が新著「気配りが9割」 - 産経ニュース どこが版元かと思ったらよりによって「ネトウヨ御用達出版社」飛鳥新社だそうです。「講談社」「新潮」「文春」など、もう少しまともな版元から本を出したらどうなのか。 …

今日の中国ニュース(2020年7月11日分)

【8月23日 島根・松江市】集会「今日のウイグルは明日の台湾・香港・日本だ」 | 一般社団法人 アジア自由民主連帯協議会 まあ、ばかばかしいですね。「中国が実効支配する香港」はともかく、そうではない日本や台湾が「明日のウイグル」のわけがないでしょう…

今日の中国ニュース(2020年7月5日分)

「悪の大帝国」を育てたアメリカ - 酒井信彦の日本ナショナリズム 中国批判するのはまあいいとしても、「ニクソンが訪中するから悪い」「ブッシュが天安門事件での経済制裁を解除するから悪い」「だから中国が経済大国になった」というウヨらしいいつもの酒…

今日の産経ニュース(2020年6月27日分)

過熱した日医会長選 第2波に備え亀裂の修復急務 中川氏初当選 - 産経ニュース 日医会長選 横倉氏落選、自民に驚き - 産経ニュース 会長選をめぐっては、横倉義武氏は当初、コロナ禍のさなかとあって「選挙戦は避けたい」と不出馬の考えを固めていた。だが、…

今日の中国ニュース(2020年6月25日分)

◆浅井先生の新刊刊行のお知らせ 21世紀の日本と国際社会|浅井基文のWebサイト ◆近刊のご案内(6月13日記) 三一書房からゴー・サインが出ました。 新著のタイトルは、『日本政治の病理』(副題)「丸山眞男の「執拗低音」と「開国」に読む」になりました。8…

今日の中国ニュース(2020年6月23日分)

【安倍政権考】香港政策批判声明「拒否」の真相 「中国に甘い欧州をこちらに引き寄せる」 - 産経ニュース 中国の香港政策を批判する米国など4カ国の共同声明に日本が参加を拒否し、(ボーガス注:4カ国の)失望を招いたというニュースだ。共同通信が6月7…

今日の産経ニュースほか(2020年6月22日分)

幅広い現金配布時期 買収目的どう立証 河井夫妻事件、 - 産経ニュース 検察側は「買収意図はなかったと言うが、ならば何故領収書をとらなかったのか。現金配布の事実を隠したかったからでは無いのか」「原資は一体何なのか。党から支給された選挙資金1億5千…

今日の産経ニュースほか(2020年6月12分)

サンリオ、創業以来初のトップ交代 社長に31歳の辻朋邦氏 - 産経ニュース 92歳の社長・辻信太郎(創業者)が「31歳の孫・辻朋邦(現在、専務)に社長を継がせる」というのだから「絵に描いたような会社私物化」でしょう。 しかも社長は辞めても「代表権を…

今日の産経ニュース(コロナ問題以外:2020年5月29日分)

都構想住民投票「最終判断は9月」松井市長 - 産経ニュース いったん敗北しているのに全く往生際の悪い連中です。大阪マスコミがまともに批判報道しないことも大きいのでしょうが。 米、中国人留学生の追放検討 スパイ活動防止と報道 - 産経ニュース 「太平…

今日の産経ニュースほか(コロナ問題以外:2020年5月27日分)

軍事的緊張高まる中台関係 太田文雄(元防衛庁情報本部長) « 国基研ろんだん 国基研ろんだん « 公益財団法人 国家基本問題研究所 蔡英文が中国に対して挑発的な態度をとり、それを支援するかのような態度をトランプ政権がとる中、「政治的緊張」は高まって…

高世仁に突っ込む(2020年5/16日分)(追記あり)

WHO総会への台湾参加を中国が妨害 - 高世仁の「諸悪莫作」日記 安倍の緊急事態宣言解除について「遅すぎた(あるいは早すぎる、適切だ)」「解除範囲が狭すぎる(あるいは広すぎる、適切だ)」などの高世コメントを期待していましたがありませんね。 感染症…

今日の産経ニュース(コロナ問題以外:2020年5月10日分)

検察法改正に抗議ツイート 野党や著名人ら3百万以上 - 産経ニュース 女優の小泉今日子さん*1や、作家のメンタリストDaiGoさん、歌手のきゃりーぱみゅぱみゅさん本人とみられる投稿 いわゆる「なりすまし」による虚偽ツイートならいずれ本人なり所属事…

黒坂真に突っ込む(2020年4月19日分)

黒坂真がリツイート 日本共産党本部の皆さん。台湾の政策を高く評価するなら、台湾が中国の領土であると認めた中国共産党との昔の共同声明を廃棄する旨、明言すべきです。 ◆志位和夫 台湾では、自宅待機となった感染者と濃厚接触者に、1日3000円の補償…

今日の産経ニュースほか(2020年4月16日分)

公務員定年延長、審議入り 与党、今国会成立目指す - 産経ニュース 「コロナは重要だが、マスコミはそればかりにかまけるな」と言いたいですね。 何せこの「国家公務員定年引き上げ法案(60歳から65歳へ)」は 1)検事長定年延長の事後の正当化、65歳定年な…

今日の産経ニュース(2020年4月12日分)

【書評】文化部編集委員・喜多由浩が読む『台湾を築いた明治の日本人』渡辺利夫著 高い志と情熱注いだ姿 - 産経ニュース ・高収量の「蓬莱(ほうらい)米」を開発した磯永吉(いそえいきち) ・東洋一のダムを建設し、大規模灌漑(かんがい)施設によって、…

高世仁に突っ込む(2020年3/1日分)

新型ウイルス対策は台湾に学べ - 高世仁の「諸悪莫作」日記 安倍内閣が新型ウイルス対策で支持率を急落させている(共同調べで8.3ポイント下落)一方で、台湾の蔡英文総統の支持率が“爆上げ”しているという。 24日に公表された台湾民意基金会の調査によると…

今日の産経ニュース(2020年2月29日分)

消えた歓声…プロ野球オープン戦 新型肺炎対策で - 産経ニュース ということで新型コロナ対応で無観客試合だそうです。今後も野球に限らず、スポーツ興業はしばらくの間は「中止」「延期」「無観客試合(テレビ放送はあり得る)」が続くようです。 【浪速風】…

今日の産経ニュース(2020年2月18日分)

【風を読む】政治家は不作為の害を恐れよ 論説副委員長・榊原智 - 産経ニュース 戦後の政府にもダッカ事件や伊豆大島の全島避難、阪神大震災のがれき処理などで、超法規的措置をとった前例がある。 ダッカ事件での「赤軍派釈放」はともかく「是非はともかく…

今日の産経ニュース(2020年2月16日分)(副題:枝野立民を批判する)

内閣支持、急落41%に 桜を見る会「説明不十分」84.5% 共同通信世論調査 - 毎日新聞 新型コロナウイルスの感染拡大による日本経済への影響について「懸念」「ある程度懸念している」との回答が計82・5%に上った。 下がったとは言えまだ高いですが、どうやら…

黒坂真に突っ込む(2020年2月7日分)

◆黒坂ツイートにコメント 黒坂真 自衛隊の戦闘機は台湾有事の際、那覇空港から発進します。従って中国共産党は台湾が独立すると言ったら、那覇空港を何らかの手法で攻撃、破壊しうる。 「那覇空港だって現在、軍民共用*1で、有事(例:台湾有事)には戦闘機…

今日の中国ニュース(2020年1月26日分)

中国人観光客、相次ぐキャンセル 団体旅行停止影響か(1/2ページ) - 産経ニュース 新型肺炎「収拾長引けば日本経済に影響も」西村経済再生相 - 産経ニュース 新型肺炎、静岡県内で中国団体ツアーのキャンセル相次ぐ 県は対策強化 - 産経ニュース 訪日中国人…

今日の産経ニュースほか(2020年1月24日分)

谷内前国家安全保障局長「ロシアは無条件締結要求」平和条約交渉で - 産経ニュース 谷内正太郎前国家安全保障局長は24日のBSフジ番組*1で、ロシアとの北方領土問題を含む平和条約締結交渉に関し、ロシア側が領土問題を盛り込まない形で無条件の条約締結…

今日の中国ニュース(2020年1月23日分)

2020年1月11日の「2020民主進歩党 総統副総統及び立法委員選挙国際記者会」における蔡英文総統の発言と記者会見後の野外演説 | 台湾独立建国聯盟 蔡総統: 私が考えているのは、「自由・民主の国家」を目指す者と「自由・民主のない国家」を目指す者が闘った…

今日の中国ニュース(2020年1月21日分)

海峡両岸論 第110号 2020.1.20発行 - 蔡再選、「他力本願」では喜べない 「反浸透法」、両岸関係緊張へ - | ちきゅう座 統一地方選挙では「韓流旋風」を起こした韓国瑜*1だが、馬英九*2前総統や王金平・元立法院長ら、国民党エスタブリッシュメントとの関…

今日の産経ニュースほか(2020年1月20日分)

白鵬の張り手やかち上げは禁じ手か :日本経済新聞浅香山博之(元大関・魁皇) ・反則技でもない取り口は、それほど批判されることなのだろうか。 ・長年相撲を取ってきた者からすれば、ひどい取り口とも思えないし、封印を余儀なくされるのはどうかと思う。 …