台湾

松竹伸幸&紙屋研究所に悪口する(2024年5/11日分)

「台湾住民の民意尊重」と「一つの中国」原則 - 紙屋研究所 紙屋が「台湾有事は起こりうる」とバカ抜かしてるのには 金門島住民の状況が、中台危機(中台有事)が起きる蓋然性の実情ではないか - ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学) 韓国(民)同様、台湾で…

「政局のみ興味があるらしいバカ」kojitakenに悪口する(2024年4/29日分)(追記:田中絹代は映画監督だった)

2024年4月28日衆院3補選、立憲民主党全勝。負けたのは自民・公明・維新・国民民主・極右・連合・泉健太・野田佳彦。 - 村野瀬玲奈の秘書課広報室 衆院3補選、立民3候補がすべて当確 - kojitakenの日記 しかもいずれも「東京(約4万9千票、2位の須藤が約3万票…

今日の中国ニュース(2024年4月4日分)

台湾で女性の政界進出が進む理由とは? クオータ制がきっかけ 総統は蔡英文氏 次期副総統は蕭美琴氏 | NHK | WEB特集 | 台湾 総統として台湾を8年間率いてきた蔡英文氏*1も、5月から副総統に就任する蕭美琴氏*2も女性です。また、台湾の議会・立法院では全体…

今日の産経ニュース(2024年3/9~11日分)(追記あり)

産経と赤旗「同列に置く議論成り立たない」 共産が中北浩爾教授の反論文掲載を拒否 - 産経ニュース 「共産党の言い分をまるでマスコミが載せないのに、何故我々が中北氏の言い分を載せないといけないのか」「『現代日本の政党デモクラシー』(2012年、岩波新…

「リベラル21」のバカさに呆れる(2024年2月8日記載)

リベラル21 学者の共産党批判と党理論幹部の反批判をめぐって(阿部治平) 中北の個人名を出さず「学者」とぼかす当たりが本当にせこい。政治学者全てが「中北と同意見」なんて事実は無論ありません。 中北氏は立憲民主党が日米安保体制を容認している現状…

今日の中国ニュース(2024年1月16日分)

台湾 最大野党・国民党副主席が再び訪中 中国が民進党に政権揺さぶりかけるねらいか | NHK | 中国・台湾 国民党を「中国の走狗」であるかのように描く「政権揺さぶり」と言うタイトルが酷い。 勿論、中国には「中国の思惑」があるでしょうが、国民党にも「国…

今日の中国ニュース(2024年1月10日分)(追記あり)

【追記】 韓国(民)同様、台湾でも中国の台湾侵攻などというものを本気で警戒してはいないのだろう - ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)ややはり最前線の金門島の住民は、さほど中台関係に危機感を持っているわけではないらしい(予想の範疇である) - …

今日の中国ニュース(2024年1月4日分)

新疆ウイグルの新設・改修モスクは中国様式に 自治区政府が条例改正 - 産経ニュース ひとまず紹介しておきます。 中国ロケット軍戦力に「疑義」 | カナロコ by 神奈川新聞 米ブルームバーグ通信は6日、米情報機関の分析として、中国軍で核ミサイル部隊を管…

黒井文太郎に突っ込む(2024年1月2日分)

黒井文太郎 誘導工作の有効性はいかんともし難い現実。 ロシア工作機関は今後も米大統領戦でトランプを押し上げる誘導工作するでしょう。 西側諸国はトランプ負けさせたいが、不正な工作できないという弱点が大きく不利 1)米国大統領選でのデマ拡散が黒井が…

今日の中国ニュース(2024年1月1日分)

ハーバードなどアメリカ有力大、中国人留学生3割増 米中対立「影響軽微」 - 日本経済新聞 勿論「米国で博士号を取得して帰国すれば優遇される」からでしょう。一方そうした優遇がまるでないという日本では海外留学どころか、国内の大学院進学すら多くはない…

「リベラル21」&広原盛明のバカさに呆れる(2024年1月1日記載)

党勢拡大運動の破綻を外交日程の消化で覆い隠すことはできない、志位委員長は党勢拡大運動の失敗を第29回党大会はどう総括するのか、共産党はいま存亡の岐路に立っている(その13)、岸田内閣と野党共闘(78) - 広原盛明のつれづれ日記 誰も「外交日程…

「珍右翼が巣くう会」に突っ込む(2023年12/30日分:島田洋一の巻)

◆島田ツイート 島田洋一 台湾の救助隊派遣を断ったという日本政府。 「北京ファースト」外交から脱却した政党が必要。 「断ることの是非」はともかく、受入体制がないまま受入れても混乱するだけでしょうから一概に「すぐに受入れればいい」とはいえないでし…

「珍右翼が巣くう会」に突っ込む(2023年12/29日分:荒木和博の巻)

◆荒木ツイート 荒木和博 令和5年12月30日土曜日「荒木和博のショートメッセージ」第1355号。台湾は親日国、中国、韓国、北朝鮮は反日国と、ステレオタイプに分けるべきではないと思います 4分18秒の動画です。「荒木らウヨ」の「反日、親日」の定義は「戦前…

今日の中国ニュース(2023年12月25日分)

“中国「建国の父」” 毛沢東 生誕130年で記念の催し | NHK | 中国 つまり毛(1976年死去)が生まれたのは「1893年(12月26日)」ということですね。 他にも「毛に比べると知名度が落ちますが」以下の人間が生誕130年だそうです。 市川房枝生誕130年、愛知の女…

今日の中国ニュース(2023年12月22日分)

台湾総統選前に高まる日中衝突リスク 「離島の避難訓練で強硬メッセージを」山下裕貴氏 - 産経ニュース そんな衝突が起こる可能性はどう見てもないのでデマも大概にしろと言いたい。 アルゼンチン BRICSに加盟しない方針 前政権の決定から一転 | NHK | アル…

今日の中国ニュース(2023年12月21日分)(副題:天皇訪中の舞台裏)

外務省が公開した「天皇訪中をめぐる外交文書」を検証してわかった「マスコミの正体」(現代ビジネス) - Yahoo!ニュース長谷川幸洋*1 1月20日、藤尾正行*2議員は谷野*3アジア局長に電話し「現在の中国に陛下がおいでになるのは、自分として認められない。中…

今日の中国ニュース(2023年12月7日分)

岸田首相〝焼け太り人事〟政権の「泥船」嫌って相次ぎ辞退者 屈指の親中派・林前外相の官房長官就任「絶望しかない」と識者(1/3ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイト あの安倍ですら「中国ビジネス」に配慮して李克強首相訪日時には、彼の北海道訪問に同…

今日の中国ニュース(2023年11月25日分)(副題:自公連立のルーツは出版妨害事件と竹入メモ)

産経抄 パンダ外交と一時代の終わり - 産経ニュース 随分前の話だが、外務省の中国課長経験者から聞いた話である。自民党の某元幹事長と某元総裁は、どちらがより親中かを競い合い、片方が訪中するとすぐにもう一方もはせ参じた。元課長は嘆じた。 「そして…

明らかに『光華寮訴訟での日本政府の対応と矛盾する』行為に呆れる(2023年11月23日記載)

外務次官が韓国大使を呼び抗議 慰安婦訴訟支払い命令 上川陽子外相は是正措置要求 - 産経ニュース 上川陽子外相、韓国外相との会談で慰安婦訴訟判決に「極めて遺憾」と抗議 対北では連携確認 - 産経ニュース 判決内容については特に論じません。「日本政府の…

今日の中国ニュース(2023年11月16日分)

周庭さん、カナダの大学院に留学 「一生香港に戻らない」と亡命宣言 - 産経ニュース 周庭氏「外国にいても身の安全が心配」 産経新聞に語る カナダに留学 - 産経ニュース 所詮軽い気持ちで跳ね上がっていたアホ女ということではないか?。だからこそ中国の圧…

今日の中国ニュース(2023年11月8日分)

中国がキャメロン氏の英外相就任に祝意 「親中派」に期待? - 産経ニュース 普通に考えてただの社交辞令でしょう。しかし首相を辞任したキャメロンが外相に就任するとは。 【教えて!石平先生】ガザ情勢、中国は「革命外交」に回帰 第三世界の結集狙う - 産…

今日の中国ニュース(2023年11月2日分)

【産経抄】対中リスクは薬になるか - 産経ニュース ▼臓器は全て、中国政府が邪教とみなす気功集団のものだ―と。2008年北京五輪より前の話という。『臓器収奪*1』(イーサン・ガットマン著、ワニ・プラス)から引いた。関係者の言葉を元に、移植を巡る大…

今日の中国ニュース(2023年10月24日分)

中国・上海で「国際輸入博」開幕 米政府機関も初出展 アメリカからも「農務省」が出展し、アメリカ産の大豆やトウモロコシの取引の拡大を訴えました。 つまりは米国も「対中国貿易を犠牲にしてまで中国と全面対立する気はない」ということです。 上川陽子外…

今日の中国ニュース(2023年10月22日分)

【台湾有事の衝撃】迫る「台湾有事」 ウクライナ侵攻前も「専門家」は現実を見ようと しなかった 潮匡人 - 産経ニュース 以前も指摘しましたが「独立宣言しない限り侵攻しない」と中国が公約してる以上「独立宣言がない限り」侵攻の可能性は低い。 「独立宣…

今日の中国ニュース(2023年10月7日分)

<独自>南鳥島レアアース来年度試掘 脱中国依存へ - 産経ニュース レアアースはハイテク製品に欠かせないが、中国からの輸入に大半を依存する。試掘が成功すれば、レアアースの国内調達に一歩踏み出すことになる。 試掘が成功していない(というか来年度試…

今日の中国ニュース(2023年9月27日分)

【産経抄】「思い込み」は、なくなり難し - 産経ニュース <少年老い易(やす)く学成り難し>は、漢詩の一節として有名である。<一寸の光陰軽んず可(べ)からず>と続けて口ずさむ方も多いだろう。(ボーガス注:長い間)出典は中国の思想家、朱熹の『偶…

今日の中国ニュース(2023年9月25日分)

【主張】国連安保理 台湾有事でも機能困難だ - 産経ニュース 確かに「中国が台湾に侵攻した場合」、今のロシアのように安保理で拒否権を発動するでしょう。 但し「独立宣言しない限り侵攻しない」「原則は平和統一」と中国が表明している以上「侵攻の可能性…

今日の中国ニュース(2023年9月18日分)

「 対中投資が日本の首を絞める 」 | 櫻井よしこ オフィシャルサイト 「反中国」櫻井らしいですが、対中投資が不利益なら誰もそんなことはやらない。 台湾、半数が中国禁輸に理解示す 日本産水産物で世論調査:東京新聞 TOKYO Web 勿論「親中国」ではなく「…

今日の中国ニュース(2023年8月27日分)

台湾・外交部長が寄稿 「今こそ台湾の国連参加を」 - 産経ニュース 国連加盟申請を本当にしたら「独立宣言も同然」で、「独立したら侵攻もあり得る」とする中国の「台湾侵攻」の原因になりかねません。本気で言ってるとはとても思えませんが、「支持者の受け…

今日の中国ニュース(2023年8月24日分)(副題:南米で存在感を高める中国ほか)

BRICSがサウジ、アルゼンチンなど6カ国の加盟を承認 世界人口の47%へ拡大 - 産経ニュース 南アフリカで開催された中国、ロシア、インド、ブラジル、南アの新興5カ国(BRICS)首脳会議は会期最終日の24日、(ボーガス注:現在の5カ国に加え)新た…