台湾

今日の中国ニュース(2020年1月26日分)

訪日中国人、新型肺炎の影響どこまで 観光業界に打撃 :日本経済新聞 中国の団体旅行中止 日本の旅行会社 キャンセル対応に追われる | NHKニュース 訪日中国人、新型肺炎の影響どこまで 観光業界に打撃 :日本経済新聞 ・中国政府は(ボーガス注:中国)国内の…

今日の産経ニュースほか(2020年1月24日分)

谷内前国家安全保障局長「ロシアは無条件締結要求」平和条約交渉で - 産経ニュース 谷内正太郎前国家安全保障局長は24日のBSフジ番組*1で、ロシアとの北方領土問題を含む平和条約締結交渉に関し、ロシア側が領土問題を盛り込まない形で無条件の条約締結…

今日の中国ニュース(2020年1月23日分)

2020年1月11日の「2020民主進歩党 総統副総統及び立法委員選挙国際記者会」における蔡英文総統の発言と記者会見後の野外演説 | 台湾独立建国聯盟 蔡総統: 私が考えているのは、「自由・民主の国家」を目指す者と「自由・民主のない国家」を目指す者が闘った…

今日の中国ニュース(2020年1月21日分)

海峡両岸論 第110号 2020.1.20発行 - 蔡再選、「他力本願」では喜べない 「反浸透法」、両岸関係緊張へ - | ちきゅう座 統一地方選挙では「韓流旋風」を起こした韓国瑜*1だが、馬英九*2前総統や王金平・元立法院長ら、国民党エスタブリッシュメントとの関…

今日の産経ニュースほか(2020年1月20日分)

白鵬の張り手やかち上げは禁じ手か :日本経済新聞浅香山博之(元大関・魁皇) ・反則技でもない取り口は、それほど批判されることなのだろうか。 ・長年相撲を取ってきた者からすれば、ひどい取り口とも思えないし、封印を余儀なくされるのはどうかと思う。 …

今日の産経ニュース(2020年1月18日分)

共産党大会ルポ 一番人気は「ふかし芋」 党員と警官が対右翼で“団結” - 産経ニュース 「団結」も何も街宣右翼が無法な妨害活動をすれば警察が「被害者(今回は共産党)の側にたつ」のは当たり前の話です。 世田谷一家殺害 遺族が現場住宅室内を初公開 - 産経…

今日の中国ニュース(2020年1月16日分)

【第650回・特別版】習氏に勝った台湾の民意 « 今週の直言 « 公益財団法人 国家基本問題研究所 総統選は蔡氏の圧勝だったが、国民党も前回の381万票から552万票へ票を伸ばした。総統選での民進党と国民党の得票差は18ポイント開いたが、立法院(国会に相…

今日の産経ニュースほか(2020年1月15日分)

河井氏、公選法違反疑惑に「捜査に全面協力」 辞職は否定 法相辞任後、初の公の場 - 産経ニュース 今後どうなるのか注目したいですね。河井夫婦が安倍に「トカゲの尻尾切りされた」のか。 もちろん国会開会後は「河井夫婦の公選法違反疑惑」だけでなく、「菅…

今日の中国ニュース(2020年1月14日分)(映画『犬神家の一族』のネタばらしがあります)

◆I濱Y子のツイートにコメント I濱Y子 その自信はどこからくるのだろう 台湾の独立勢力は「1万年にわたって悪評残す」=中国外相 - ロイター 中国の王毅*1国務委員兼外相は13日、台湾の総統選で独立志向の与党、民主進歩党(民進党)の蔡英文総統が再選され…

黒坂真に突っ込む(2020年1月13日分)

◆黒坂ツイートにコメント 黒坂真 ‏ 立憲民主党、日本共産党ら左翼政党はイランの革命防衛隊とはどんな組織で、彼らがシリアやイラクでどんなことをやってきたかについてインターネットで調べて考える事ができないようです。 「革命防衛隊幹部・スレイマニ暗…

「珍右翼が巣くう会」に突っ込む(2020年1/13分:島田洋一の巻)

島田洋一 理念と先見性のある立派な市長だ 台北と姉妹都市に プラハ市長、反中国鮮明:時事ドットコム チェコの首都プラハ市のフジプ市長は12日付の独紙ウェルトへの寄稿で、台湾の台北市と姉妹都市協定を13日に結ぶと表明した。プラハは昨年10月、台…

今日の産経ニュースほか(2020年1月13日分)

フェミニズムの弊害 邪教・法輪功機関誌「大紀元」らしい与太記事です。何故、法輪功が「フェミニズム」を敵視するかと言えば 1)「同性愛は邪悪→同性愛に好意的なフェミニズムも邪悪」 2)女性は男性に尽くすのは当然、男女平等でそれを否定するフェミニズ…

高世仁に突っ込む(2020年1月13日分)

「一国二制度」にNOを突きつけた台湾総統選挙 - 高世仁の「諸悪莫作」日記 タイトルからして「高世のアホさ」に唖然ですね。 そもそも「一国二制度による統一」なんてもんは選挙の争点になってない。 国民党の韓国瑜はそんなこと主張してない。彼は「蔡英文…

今日の産経ニュースほか(2020年1月11日分)

台湾総統選は、「民主主義を守ろう」対「みんな金持ちになれる」の抗争。 | ちきゅう座 良識ある理念派 やれやれですね。「アンチ中国」の澤藤氏にとって「蔡英文」は「良識ある理念派」なのでしょうが、「澤藤氏のようなアンチ中国*1ではない」俺にとって彼…

今日の中国ニュース(2020年1月4日分)

リベラル21 サハロフ賞受賞、されど受賞者の消息は不明 市場経済浸透のもとで格差は急速に開いた。すでに2008年新疆全体の年一人当たりGDPは1万9000元(2800ドル)に達したが、農村地域のそれは3800元(560ドル)、なかでもウイグルの多数が住むタリム盆地…

今日の中国ニュース(2020年1月3日分)

中国輸入解禁、高まる期待 被災地食品、春に主席来日:時事ドットコム 産経のような反中国分子が何を言おうともこうした中国ビジネスの利益は日本にとって無視できるものではなく、産経流の中国敵視は非常識でしかありません。そして習主席国賓訪日はこうし…

今日の産経ニュース(2019年12月29日分)

台湾・総統選討論会 蔡氏、中国への対抗強調 野党候補は批判に終始 - 産経ニュース 「主権は短期的な経済的利益と引き換えにできない」と述べ、中国との経済交流の低迷はやむを得ないとの見方を示した。 蔡英文も言ってること無茶苦茶ですね。問題は「経済交…

今日の産経ニュース(2019年12月25日分)(副題:安倍訪中3日目(最終日))

秋元議員逮捕、IR基本方針の策定に影響も - 産経ニュース 「森友疑惑で政治家どころか、財務官僚起訴すら出来なかった」「UR疑惑の甘利*1も白紙領収書の菅も捜査しなかった」検察はたとえ「秋元*2」のような陣笠レベルでも、安倍の圧力で自民議員逮捕など…

今日の中国ニュース(2019年12月18日分)

◆ツイッター色々 ◆常岡浩介がMustafa Al Yabanをリツイート ◆Mustafa Al Yabanがザビエル古太郎をリツイート アラブ人は(ボーガス注:豚肉食の強要など、中国政府によるイスラム差別が噂される)ウイグル問題について示し合わせたように皆口を噤むのはいつ…

今日の中国ニュース(2019年12月4日分)

中国の新しい教育のチャレンジ〜上海がPISA断トツ1位になった理由は?〜 | JEEF 公益社団法人日本環境教育フォーラム諏訪哲郎*1(学習院大学文学部教育学科教授) 以前から、OECD調査では「上海は上位だった」ようで、これは2014年の記事です。 2009年、2012…

今日の中国ニュース(2019年11月26日分)

【正論】「大東亜共栄圏」目指す中国の夢 東京国際大学教授・村井友秀 - 産経ニュース タイトルだけで「はあ?」ですね。 勿論アンチ中国の産経が中国を褒めるわけもない。 中国は大日本帝国と同様に実力を過信し早まった。米国の太平洋支配に挑戦する「一帯…

今日の中国ニュース(2019年11月23日分)

「中国が巨額援助で断交させるも多くは履行せず」と主張 台湾 | NHKニュース こんなことを言ったところで台湾と断交した国々(サントメ・プリンシペ、ブルキナファソ、ドミニカ共和国、エルサルバドル)が復交するわけもない。何というか「黙ってればいいの…

今日の産経ニュースほか(2019年11月19日分)

自民二階氏、安倍首相の総裁連続4選「どうぞ」 首相の在職日数が歴代最長に - 産経ニュース 安倍にこびへつらうにもほどがありますね。まあ二階氏*1がその程度の人間だと言うことは以前から分かってはいましたが。 自民・世耕氏 首相通算在職日数1位に「経…

今日の中国ニュース(2019年11月17日分)

スリランカ大統領選、親中派候補が勝利 中国再接近の公算 - 産経ニュース 16日投開票のスリランカ大統領選で、同国選挙管理委員会は17日、ゴタバヤ・ラジャパクサ元国防次官の当選を発表した。ゴタバヤ氏は兄、マヒンダ・ラジャパクサ前大統領の親中国路…

今日の産経ニュース(2019年11月9日分)

京都市長選、福山氏が出馬表明へ 共産支援 - 産経ニュース 問題は旧民進党系(国民民主や立憲民主)がどう動くのかですね。連中には正直余り期待していませんので、現職に相乗りで醜態をさらしたとしても何ら驚きません。 山本太郎氏の軍師は「反緊縮」の立…

今日の産経ニュースほか(2019年11月6日分)

習氏の国賓訪日の意義は何なのか 太田文雄(元防衛庁情報本部長) « 国基研ろんだん 国基研ろんだん « 公益財団法人 国家基本問題研究所 ウヨ連中が安倍が進める「習主席国賓訪問」に不快感を募らせてることはよく分かります。しかし、安倍はそんなことは無…

今日の中国ニュース(2019年11月4日分)

日中、表面的に関係改善 習主席国賓来日に批判も - 産経ニュース 産経が安倍政権の中国対応に不快感を抱いてることはよく分かります。 ・9月には北海道大の男性教授が北京で拘束された。 ・日本の中国研究者らでつくる「新しい日中関係を考える研究者の会」…

今日の産経ニュース(2019年11月2日分)

【昭和天皇の87年】「天子様に理屈を述べるでない」 主戦論を捨てた東条英機だが… - 産経ニュース 昭和16年10月17日に参内した陸相の東条英機は、まさか自分に大命降下があるとは思っていなかった。陸軍省軍務局でも、参内せよとの昭和天皇の「御召…

今日の産経ニュース(2019年10月26日分)

台北でLGBTパレード、同性婚合法化後初めて - 産経ニュース 同性婚合法化に踏み切った蔡英文政権は本来なら「アンチ同性婚合法化」産経にとって手放しで褒められる存在ではないでしょうが「敵(中国)の敵は味方」で蔡を常日頃、親日と持ち上げる産経で…

今日の産経ニュース(2019年10月24日分)(追記あり)

菅原経産相に香典配布疑惑 「明日、国会で説明する」 - 産経ニュース 公明党の北側一雄*1中央幹事会会長も記者会見で「(菅原氏)ご自身がしっかり説明責任を果たすことが大事だ」と述べた。秘書が議員名で香典を持参したとの指摘が事実なら、公選法違反に当…