リベラル21

リベラル21のバカさに呆れる(2023年9月22日記載)

リベラル21 子供が面白ければ大人も面白い(阿部治平) チベット文学の専門家星泉*1先生から、ご自身翻訳の『しかばねの物語』(のら書店、2023年09月)をいただいた。死体が面白い話をするというチベットの民話本であった。 星先生によると、この民話はも…

リベラル21のバカさに呆れる(2023年9月20日記載)(追記あり)

リベラル21 少年ホスト会社を育てたジャニー喜多川盛田常夫*1(在ブダペスト*2、経済学者) 「所属タレントがホスト的な存在としてテレビ局等の女性幹部を接待(いわゆる枕営業)」していたわけではなく「ジャニー喜多川個人が所属タレント相手に性犯罪し…

今日の中国ニュース(2023年9月13日分)

中国・王毅氏と米大統領補佐官がマルタで会談 「建設的な対話」:朝日新聞デジタル ブリンケン国務長官が中国副主席と会談 「建設的な議論」行う - 産経ニュース 米特使、中国副主席と会談 気候変動での連携協議 - 産経ニュース 結局、米国には「完全に中国…

「反共分子集団」リベラル21に今日も悪口する(2023年9/8日分)

リベラル21 志位委員長は古臭い「革命政党」のシンボル、退場しないと共産党はこのまま消えていく(広原盛明) タイトルだけでうんざりですね。 志位氏に失礼極まりない。そもそも「誰が党首であるべきか」など基本的には「党内の問題」でしょう。 「立民…

「反共分子集団」リベラル21(阿部治平)や「反党裏切り分子」松竹伸幸に今日も悪口する(2023年8/30日分)

リベラル21 歪曲された歴史――『日本共産党の百年』の感想(阿部治平) 引用は不愉快なのでしません。また「共産党の歴史」に詳しいわけでもないので「一部を除いて」コメントもしませんが「物には言い様」があるでしょう。批判する場合でももう少し、穏や…

田畑光永のバカさに呆れる(2023年8/16日分)

リベラル21 青天井の爽やかさを味合わせよう田畑光永*1 アメリカのバイデン政権は9日、中国に対して半導体、人工知能(AI)それに量子技術の先端3分野での中国への投資を規制する政策を発表した。具体的にはこの3分野の中国への投資案件は政府への届け出を…

田畑光永のバカさに呆れる(2023年8/1日分)(副題:中国外相の更迭)

リベラル21 秦剛外相解任事件田畑光永*1 「珍右翼が巣くう会」に突っ込む(2023年7/26日分:島田洋一の巻)(副題:中国外相の更迭&田畑光永のバカさに呆れる)(追記あり) - bogus-simotukareのブログで批判した田畑光永記事リベラル21 秦剛外相の解…

「珍右翼が巣くう会」に突っ込む(2023年7/26日分:島田洋一の巻)(副題:中国外相の更迭&田畑光永のバカさに呆れる)(追記あり)

島田洋一 粛清。 習近平のスターリン化が進む。 中国の秦剛外相を解任 動静不明1カ月 - 産経ニュース 現時点で秦剛*1外相の解任理由は分からないのでこんな評価は勿論できません。 自らが任命した人間(2022年12月に外相に就任)、それも 中国 秦剛外相を解…

今日の中国ニュース(2023年7月22日分)

台湾で防空避難訓練 中国のミサイル攻撃など想定 | NHK | 中国・台湾 本気というよりは「反中国」を自らの求心力に用いようとする蔡英文の政治的策略でしょう。年に1度くらいの演習(一部の市民、それも少数の市民が参加してるだけで恐らく全市民ではない)…

日本の祝日について(2023年7月20日記載)

リベラル21 今年、私の誕生日が祝日になった!を見て思いついた記事です。 【建国記念の日(2月11日)】 2月11日 - Wikipedia ◆1889年 大日本帝国憲法、旧皇室典範公布。 伊勢神宮で不敬な態度をとったと報じられた森有礼文相(但し真偽不明)が、国粋主義…

リベラル21のバカさに呆れる他(2023年7月7日記載)

リベラル21 選挙日程に合わせて候補者調整すると言うのは、まともな「野党共闘」と言えない(広原盛明) 選挙の勝ち負けしか考えてない泉の「ご都合主義」が批判されています。当然ながら「泉のご都合主義」に応じない共産に対しては「アンチ共産」の広原…

リベラル21&広原盛明のバカさに呆れる(2023年6月27日記載)(副題:深刻なリベラル21の高齢化、ほか)

◆「最近のトラックバック」が最近の記事でなく「2009年記事」であることに気づいて呆れる ◆「最近のコメント」がほとんど全て「真鍋雄太郎」であることに気づいて呆れる なお、真鍋コメントはさすがに「2009年記事」ではありません。 それはともかく真鍋以外…

日経の「安倍美化」に呆れる(2023年6月25日分)(追記あり)

【最初に追記】 死んでから1年もたつのに、いまだに論拠なく安倍晋三を称賛し続ける馬鹿な連中 - ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)でこの拙記事をご紹介頂きました。いつもありがとうございます。 【追記終わり】 中国がウクライナ仲介に乗り出す日 安倍…

今日のしんぶん赤旗ニュース(2023年6/25~28日分)(副題:リベラル21に悪口する)

安倍元首相の政治団体 妻昭恵氏が継承/残された政治資金どこへ/私人が非課税で引き継ぎ可能 昭恵が既に団体を解散したそうですが、現行法では「政治活動に使わず昭恵が全額私物化」しても違法として追及できるかは疑問だそうです(さすがにそんなことはせず…

リベラル21にコメント(2023年6月24日記載)(副題:田中美智子・元衆院議員(共産)の紹介)

リベラル21 忘れられない女性たち小原紘(個人新聞「韓国通信」発行人) 「通信」が休眠状態になってしまった。年齢のせいにはしたくない。 何となく体力に不安を感じて心臓と肺の精密検査を受けた。すぐ死ぬことはあるまいという医師の診断だったが、心臓…

リベラル21のバカさに呆れる(2023年6月22日記載)(副題:公明党が消える日など当分ない)

リベラル21 公明党が消える日(小川洋) タイトルだけで吹き出しました。 確かに公明党の退潮ぶりも明らかだ(創価学会の団塊チルドレン世代があまり選挙に動いてくれない?) - ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)ではある。 また、東京28区を巡る対立…

今日の中国ニュース(2023年6月8日分)(副題:田畑光永のバカさに呆れる、ほか)

リベラル21 「6・4」は遠くなりにけり・・・では簡単すぎる(下)(田畑光永) 民心がすでに習体制には飽き飽きしていることは、昨年の脱コロナの時期に若者を中心に各地で「白紙運動」が期せずして起ったことでも明らかである。 既に「白紙運動」は沈静化…

kojitakenに悪口する(2023年5/23日記載)

山本太郎、ロシアから燃料を買うために同国が犯している侵略戦争で「中立に立て」(=侵略を容認せよ)と主張。極右政治家としての本性を露呈した(呆) - kojitakenの日記 「極右=親露ではない(例:極右・産経は明らかに反露)」し、山本の主張も「石油が…

リベラル21&阿部治平に呆れる(2023年5月20日分)

リベラル21 日本とNATOの接近を中国はどう見るか(阿部治平) 「軍縮、護憲を表看板とするリベラル21が」「リベラル21のメンバーである阿部が」、どう見るかをまず語るべきでしょうに「中国が」と言い出す辺りが全くトンチンカンです。なお、俺個人は「NAT…

リベラル21&広原盛明に呆れる(2023年5月19日分)(副題:固定メンバーが寄稿者のリベラル21に呆れる)

リベラル21 共産党の体質とイメージを変えるための若干の提案(広原盛明) リベラル21&阿部治平に呆れる(2023年5月18日分) - bogus-simotukareのブログにも書きましたがむしろ「リベラル21」の方こそ 【リベラル21の老害連中には、敬称をつける気になら…

リベラル21&阿部治平に呆れる(2023年5月18日分)

リベラル21 中国が沖縄県議会意見書を支持する理由(阿部治平) 「岸田政権の軍拡」を中国に責任転嫁するという酷い代物です。 およそ「護憲・軍縮・共生」「リベラル」を表看板とするサイトの記事とは思えない。どう見ても「岸田政権応援団=リベラル21、…

今日の赤旗ニュース(2023年4/28~5/6日分)(ボーガス注:悪法成立の危機を嘆くと共に、リベラル21を批判する)

統一地方選 奮戦から/得票増でトップ当選/千葉市議 かばさわ洋平さんに聞く/「活動の見える化」徹底 統一地方選 奮戦から/2期目もトップ当選/東京・荒川区 相馬ゆうこ区議/毎週の区政ニュース 力に 「トータルでの議席減」の一方で、こうした事実がある以上…

リベラル21&広原盛明に呆れる(2023年4月24日分)

「維新の独り勝ち」「共産の独り負け」だった、統一地方選挙前半戦の結果を見て(1)、共産党党首公選問題を考える(その7)、岸田内閣と野党共闘(42) - 広原盛明のつれづれ日記 いつものように日本共産党に悪口してるだけの駄文です。 しかし 私は、…

田畑光永らの反中国に呆れる(2023年4月22日)

リベラル21 マクロンの味方はいなかった(田畑光永) リベラル21 「中仏主導でウクライナに平和を」案が破綻して(田畑光永) 田畑光永らの反中国に呆れる(2023年4月17日) - bogus-simotukareのブログの続きです。 反中国の田畑らしいですが、そもそも…

田畑光永らの反中国に呆れる(2023年4月17日)

リベラル21 「マクロン主演!」のウクライナ和平への道(田畑光永) 私は11日の本欄に掲載した「『米中対決』から『米の孤立化』へ 習近平、狙いはマクロン取り込み」という一篇*1で、仏マクロン大統領が5~7日の中国訪問の後、「台湾問題でヨーロッパは米…

今日の中国ニュース(2023年4月11日分)

【正論】領土保全こそ国家主権の責務 東京大学名誉教授・小堀桂一郎 - 産経ニュース 北方領土や竹島の問題かと思いきや「中国企業が日本の土地を買ってる」という話を延々とするので呆れます。 【主張】中国の駐仏大使 主権否定の暴言許されぬ - 産経ニュー…

リベラル21と阿部治平に呆れる(2023年4月8日分)(副題:今日も松竹伸幸に悪口する)

リベラル21 希望がないソ連型社会主義、健在の西欧社会主義*1(阿部治平) 韓国最高裁判決に至った徴用工の賠償請求は、「日本の植民地支配は違法だったのだから、それと直結した日本企業の反人道的な行為には賠償請求権が発生する」というものである。韓…

今日の中国ニュース(2023年4月7日分)(追記あり)

【追記】 金門島住民の状況が、中台危機(中台有事)が起きる蓋然性の実情ではないか - ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)でご紹介頂きました。 いつもありがとうございます。 【追記終わり】 ◆金門島の今 「永久非軍事化」声明も “中国に一番近い島”台湾…

鈴木本と違い、ほとんど騒がれてない「日本共産党批判本」ほか(2023年3月29日記載)(追記あり)

リベラル21 「善意」に満ちた共産党批判(阿部治平) 【2023.5.7追記】 後に阿部が リベラル21 緊張緩和を望む中国?(阿部治平) 「お詫びと訂正」 「八ヶ岳山麓から(421)」において、大塚茂樹著『「日本左翼史」に挑む――私の日本共産党論』の出版…

今日の中国ニュース(2023年3月25日分)(追記あり)

リベラル21 大がかりな中ロ首脳会談(田畑光永) 「ロシアに甘い」として、いつもの中国への悪口雑言*1です。リベラル21記事を読んでいてうんざりするのは「イランとサウジの和解仲介」などの「中国の手柄」は完全無視し、悪口しかしないことです。勿論リ…