リベラル21

今日も「反党裏切り分子」松竹伸幸に悪口する(2023年2/5日分)

「赤旗」藤田論文について・10 | 松竹伸幸オフィシャルブログ「超左翼おじさんの挑戦」Powered by Ameba 藤田さんは、「いったい松竹氏は、長い間党に在籍しながら、綱領を真剣に学んだことがあるのでしょうか」とも言っています。悪罵として一級ですね。 藤…

今日も「反党裏切り分子」松竹伸幸&「反共右翼分子」kojitaken、阿部治平に悪口する(2023年2/2日分)

リベラル21 「わたしは共産党の党首になる!」――共産党の論争(阿部治平) 「引用すること」が不愉快なので引用はしません。 なお、松竹は「公選制が採用されれば立候補する考えがある」とはしていますがさすがに「俺は海賊王になる!(ワンピースのルフィ…

リベラル21のバカさに呆れる(2023年1月31日分)

リベラル21 トヨタ社長、豊田章男氏(66歳)から佐藤恒治氏(53歳)へサプライズ交代人事、志位和夫共産党委員長(68歳)はこの事態をどう受け止めるのだろうか(広原盛明) なお、リベラル21の記事は広原の個人ブログトヨタ社長、豊田章男氏(66歳)から…

リベラル21と阿部治平のバカさに呆れる(2023年1月25日分)

リベラル21 岸田大軍拡批判の方法について(阿部治平) 過去にリベラル21と阿部治平のバカさに呆れる(2022年12月30日分) - bogus-simotukareのブログで批判した阿部記事と論調はほとんど変わりませんが、「問題の立て方」が間違ってると俺は思います。 …

今日の中国ニュース(副題:リベラル21と田畑光永&台湾外相のバカさに呆れる)(2023年1月24日記載)

【中国ウオッチ】中国の台湾侵攻「2027年の可能性」 外交部長が異例の予測:時事ドットコム(時事通信解説委員・西村哲也) 「おいおい(呆)」ですね。 前も書きましたがむしろ侵攻の可能性は低いでしょう。 第一に中国が「台湾が独立宣言しない限り侵…

リベラル21と田畑光永のバカさに呆れる(2023年1月21日分)

リベラル21 オヤ!どうした風の吹きまわし?(田畑光永) 当の中国はと言えば、中国人同士で殺し合う「台湾有事」を一般国民が望むはずはない*1が、政権の危機には「国より政権」という選択もあり、の風土だから、お上のすることに口を出せない民衆はハラ…

今日もkojitakenに悪口する(2023年1月12日記載)

支持者は「信者」ではないのだから、党幹部という権力に対するチェック機能も求められるのではないか - kojitakenの日記 「過大評価は禁物」ですが、そうしたチェック機能が一定程度機能してるのが「過去(1970年代)の共産党の『差別的な同性愛認識』につい…

リベラル21のバカさに呆れる(2023年1月12日分)

リベラル21 ハンガリーの対ロシア政策(盛田常夫) 何故にハンガリーなのかと言えば、「リベラル21メンバー」の盛田がハンガリー在住だからに過ぎず実に馬鹿馬鹿しい。 つまりは、ドイツ在住ならドイツ、ポーランド在住ならポーランドになったのでしょう。…

リベラル21と田畑光永のバカさに呆れる(2023年1月10日分)

リベラル21 2023年元旦にあたって(田畑光永) リベラル21 今こそ「護憲・軍縮・共生」に向けて力を合わせよう(岩垂弘:2022年の元日記事)もそうですがリベラル21の「元旦挨拶」「年頭挨拶」を読んでいてげんなりするのは、これが「討議の上で執筆され…

リベラル21と阿部治平のバカさに呆れる(2022年12月30日分)

リベラル21 大声で軍拡反対を叫ぶだけでよいのか阿部治平 記事のタイトルや内容がリベラル21と阿部治平のバカさに呆れる(2022年12月13日分) - bogus-simotukareのブログで批判したリベラル21 「敵基地反撃能力」反対をいうだけでは無力である(阿部治…

リベラル21と田畑光永のバカさに呆れる(2022年12月22日分)

リベラル21 中国―わからないぞ!習一強体制の行方(上)田畑光永*1 共青団派のホープとして、次期首相の候補にも名前が挙がっていた前期政治局員の胡春華*2(今はまだ副首相)が、今回、政治局常務委員に昇格して次期首相コースへ、どころではなく、結果と…

リベラル21と阿部治平のバカさに呆れる(2022年12月20日分)(追記あり)

リベラル21 テレビ老人の気になる「お言葉」阿部治平 タイトルだけで唖然ですね。 以前も阿部は「最近の言葉遣いへのダメ出し」を出していましたが ◆自民党は「敵基地攻撃能力を反撃能力」「武器輸出を防衛装備移転」と呼ぶな ◆「自己責任」と言う言葉が嫌…

リベラル21と阿部治平のバカさに呆れる(2022年12月13日分)(追記あり)

リベラル21 「敵基地反撃能力」反対をいうだけでは無力である阿部治平 自民党の「敵基地反撃能力」論は、世論において断然説得力を持つようになると思う。なぜなら、政府自民党は、ウクライナのロシア領内の軍事基地攻撃をやむを得ないものとする世論を利…

今日の中国ニュース(2022年11月27日分)

【主張】台湾与党の敗北 自由と民主を守り続けよ - 産経ニュース 反中国の産経らしいと吹き出しました。台湾の選挙結果がどうあろうと日本人がどうこういう話ではないでしょう。 そもそも国民党を「中国の走狗」であるかのように描き出す産経らウヨですが誹…

リベラル21と阿部治平のバカさに呆れる(2022年11月21日分)(副題:小池氏パワハラ問題批判&阿部のセカンドレイプ行為を改めて批判&村木厚子氏の夫の存在について今回、偶然知る)(追記あり)

【最初に追記】 改めてリベラル21 彭帥は性被害者か(阿部治平)に いつまでこんな恥ずかしいセカンドレイプ記事を載せてれば気が済むんですか?。 あなた方「リベラル21」にはこれが「セカンドレイプだ」と分からないバカしかいないんですか? あなた方「…

今日の中国ニュース(2022年11月12日分)

「独ショルツ首相訪中=対中融和」は短絡的 日本企業は内実直視を:日経ビジネス電子版細川昌彦*1 タイトルが経済誌とは思えない反中国でしかも筆者が【第982回】習氏3期目で激化する技術争奪戦に要警戒 « 今週の直言 « 公益財団法人 国家基本問題研究所…

今日の中国ニュース(2022年11月3日分)

リベラル21 習近平報告、もう一つの読み方(阿部治平) 「6人の常務委員は皆、習氏の側近連→習氏は独裁的」云々と習氏に悪口してるだけの駄文であり、「特筆に値するユーモア」など、見るべき個性もないので「論評する価値」以前に「読む価値もない」とい…

リベラル21の「異常な反中国」に呆れる(2022年11月1日分)

リベラル21 「独裁者」へと走る三代目(田畑光永) 何が三代目というと「絶対的な権力者(初代が毛沢東、二代目が鄧小平)」としての三代目だそうです。つまりは「江沢民、胡錦濤の元国家主席(元総書記)」を田畑は「絶対的な権力者」とは評価しないと言…

リベラル21のバカさに呆れる(2022年10月29日分)

リベラル21 リベラル21の何がくだらないかと言えば「岩垂弘、田畑光永、横田喬(いずれも1935年生まれ)」「坂井定雄(1936年生まれ)」「広原盛明(1938年生まれ)」「阿部治平(1939年生まれ)」「小川洋(1948年生まれ)」など「寄稿者が70歳以上の高齢…

リベラル21と阿部治平のバカさに呆れる(2022年10月29日分)

リベラル21 習近平報告と左翼政党の政治感覚阿部治平 また「反共分子の阿部」が「日本共産党に悪口かよ」と予想しながら読んでみます。その予想通りでいつもながらうんざりしますが。 それにしても「左翼政党=共産党」ではないのになんでタイトルが「習近…

リベラル21と田畑光永のバカさに呆れる(2022年10月18日分)

リベラル21 習近平の活動報告を聞く・無味乾燥の2時間弱田畑光永 タイトルだけで「習主席に対する悪口雑言しかねえんだろうな」と思って読む気が失せます。本文を読んでその予想が正しいことを知ってうんざりします。 勿論「演説を批判するな」とは言わな…

今日の中国ニュース(2022年10月6日分)

中国に「降伏せぬ誓約書」 台湾の地方選、署名求める運動 ウクライナ抗戦に触発 - 産経ニュース 俺が台湾住民なら「国政ならともかく、地方政治と関係ねえだろ!」と憤激してるでしょう。「地方政治に変な争点を持ち込まないで欲しい」と政治家たちには署名…

リベラル21と阿部治平らに呆れる(2022年10月3日分)

リベラル21 政党の大会というけれど―田畑光永 党トップの党書記である習近平がいちばん南の広西チワン族自治区の(ボーガス注:共産党地区)代表として当選したというニュースがあった*1。 習氏は漢民族であり「広西チワン族」ではない。出身*2も今の住居…

今日の産経ニュースほか(2022年9/23、24分)

安倍元首相の国葬にあくまで反対する 岸田首相と自民党の再生に必要なこと | ちきゅう座(小川洋:リベラル21 安倍元首相の国葬にあくまで反対するの転載) 「自民党の再生」という文には唖然ですね。 問題は「国会に議席を持つ政党、それも政権与党が反社…

今日の中国ニュース(2022年9月16日分)

チベット亡命政府首相 安倍元総理の国葬に参列できず…政府が要請を断る「招待の対象ではない」 | TBS NEWS DIG 岸田政権が日中友好に配慮して招待しなかったことは予想の範囲内です。 過去に安倍晋三がダライ・ラマと面談した - ライプツィヒの夏(別題:怠け…

今日の中国ニュース(2022年9月6日分)(副題:リベラル21と阿部治平に呆れる、ほか)

【堀内恭彦の一筆両断】ハウステンボス売却 国土を守る法整備急げ - 産経ニュース 産経なら予想の範囲内ですが心底呆れます。ハウステンボスを中国企業が買収したから何だというのか。 長崎県や佐世保市といった現地関係者はこんなバカなことではなく「中国…

今日のしんぶん赤旗ニュース(2022年8/24~30日分)(追記:リベラル21&阿部治平に悪口する)

「国葬」費用まだ確定できない/野党ヒアリングで警察庁担当者 「警備費用が幾らかかるか分からない」というのだから例の「2億5千万円」という数字は「全くの嘘」といっていいでしょう。 なお、過去の「元首相の自民党葬」では警備費用に「20億円程度」かかっ…

今日の中国ニュース(2022年8月17日分)

リベラル21 チベット現代文学を読む阿部治平*1 最近、チベット語テキストによる短編小説集を読む機会があった。 ラシャムジャ著・星泉*2訳『路上の陽光』(書肆侃侃房、2022・03)と、星泉・三浦順子*3・海老原志穂*43氏の翻訳編集による『チベット幻想奇…

リベラル21に突っ込む(2022年8/16日分)

リベラル21 今こそかみしめたい。「日本は77年間、戦争をしなかった」と(岩垂弘) まあ、「ベトナム戦争などへの戦争協力」「イラク等への自衛隊派兵」の問題はありますが、戦後77年間、「ベトナム戦争、イラク戦争、アフガン戦争などの米軍」「ベトナム…

新刊紹介:「前衛」2022年9月号(副題:藤子F『定年退食』の紹介、ほか)(追記あり)

「前衛」9月号について「興味のある内容」のうち「俺なりに何とか紹介できそうな内容」だけ簡単に触れています。「俺の無能」のため「赤旗記事の紹介」でお茶を濁してる部分が多いです。 ◆2022参院選「東京選挙区・山添拓氏当選:可能性・希望を広げる宝の議…