松本清張

ある意味「贅沢な映画」である「砂の器」

http://www.j-kinema.com/suna-no-utsuwa.htm 名シーンはたくさんある。 後半の加藤嘉と春日和秀の旅のシーン群、粥を二人ですするところや 学校の体育の授業を見つめる春日和秀、二人を追い出す浜村純の警官、丹波哲郎の切々と語るセリフ回し(別にラストの…

今日の産経ニュースほか(2020年9月8日分)(注:松本清張『天城越え』のネタばらしがあります)

リベラル21 夏の終り・高原野菜の物語(阿部治平) リベラル21の「阿部治平・特別扱い」はいつもながら常軌を逸してますね(呆)。 「梅雨の長雨で日照不足だったり、逆に梅雨が明けたらまるで雨が降らないから野菜が育たない」という話と「私たちは護憲・…

「珍右翼が巣くう会」に突っ込む(2020年8/29日分:荒木和博の巻)

「その後」を考える集い29 in Zoom【調査会NEWS3325】(R02.8.29): 荒木和博BLOG 次回はポスト安倍を考える集いにしたいと思います。 「はあ?」ですね。自民党員でない限り「ポスト安倍」をどうこうすることはできません。「拉致解決のために誰それにポス…

「英国の志村けん(?)」ローワン・アトキンソンによるシリアスドラマ「メグレ警視シリーズ」

『Mr.ビーン』ローワン・アトキンソン、メグレ役を一度は断っていた! | ニュース | 海外ドラマ | 海外ドラマNAVI 英人気コメディドラマ『ミスター・ビーン』の主役で知られるローワン・アトキンソンが、英ITVの新作ドラマ『Maigret(原題)』で、ジュール・…

欧米(?)での松本清張

外国人が読みたくなる日本文学|日経BizGate (2)『Inspector Imanishi Investigates』は直訳すると「今西刑事が捜査する」で、正解は(10)『砂の器』(松本清張)。主人公の心情を描写した抽象的なタイトルは欧米では伝わらないとか。 ちなみに欧米で無くて中…

「珍右翼が巣くう会」に突っ込む(2020年7/27分:荒木和博の巻)(追記あり)

「その後」を考える集い25 in Zoom【調査会NEWS3308】(R02.7.26): 荒木和博BLOG 先週金曜の「その後」を考える集い24 in Zoomでは「渦中の人*1」とも言える(ボーガス注:元・特定失踪者家族会副会長)藤田隆司さんも加えて色々な議論を行いましたが、今日…

今日の産経ニュースほか(2020年7月23日分)(副題:京都のALS患者殺害で色々)

嘱託殺人「主治医なら『死』選ばない」訪問診療でALS患者受け持った医師 - 産経ニュース 「死を選ばないかどうか」はともかくまともな主治医ならここまで安易な形で「死を選ばないこと」だけは確かでしょう。 嘱託殺人事件 容疑者の母「おわびしたい」 - …

松本清張ドラマの封印作品『 家紋』(日テレ火曜サスペンス劇場、1990年)(注:『家紋』のネタばらしがあります)

未ソフト化、CSをふくむテレビ放送なしだが、封印作品ではないようなのでチャンスを待って観てみたい(篠田正浩監督作品『夜叉ヶ池』) - ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)でもいろいろな封印作品が紹介されていますが、松本清張原作のテレビドラマ一覧 …

高世仁に突っ込む(2020年7/21日分)(注:松本清張『けものみち』のネタばらしがあります)

ウイグル人弾圧に日本からも抗議の声を - 高世仁の「諸悪莫作」日記 きのう日曜、NHKBSプレミアムで1982年放送の「けものみち」(松本清張原作)をやっていた。主演名取裕子とあるのにつられて録画した。 この名取版「けものみち」には原作からの重大な改変…

「珍右翼が巣くう会」に突っ込む(2020年7/10分:荒木和博の巻)

お知らせ4件【調査会NEWS3299】(R02.7.10): 荒木和博BLOG 1、「あなたを忘れない をWEBで歌ってみんなで繋ごう!」YouTubeで公開 そんなことに荒木らウヨ連中の自己満足、セルフ・オナニー以外に何の意味があるのか、どう拉致解決に役立つのかと心底呆れ…

「珍右翼が巣くう会」に突っ込む(2020年7/8分:荒木和博の巻)

新潟日報写真集から分かったこと【調査会NEWS3298】(R02.7.8): 荒木和博BLOG 荒木が妄想力を発揮して「写真集から分かったことがある」と放言してるだけです。 しかもその分かったこととは「新潟県警は当初から横田めぐみさんの失踪を北朝鮮拉致だと思って…

三浦小太郎に突っ込む(2020年6月22日分)

鶴屋南北の描いた「悪」 | 三浦小太郎BLOG Blue Moon 鶴屋南北は、「人間の悪」を弁護することも居直ることもせずに、作品のなかで、悪を見据えたうえで人間の本質に迫ろうとしたのだ、と小林氏*1は(ボーガス注:著書『新釈四谷怪談』(2008年、集英社新書)…

倍賞千恵子が主演した松本清張原作のテレビドラマ『顔』は、だいぶ原作とテイストが違った(ボーガス注:松本清張『顔』のネタばらしがあります)(追記あり)

【追記】 1) 倍賞千恵子が主演した松本清張原作のテレビドラマ『顔』は、だいぶ原作とテイストが違った - ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)でこの記事をご紹介頂きました。いつもありがとうございます。 2) 倍賞千恵子が主演した松本清張原作のテレビ…

高世仁に突っ込む(2020年5/18日分)(追記あり)(注:アガサ・クリスティ『検察側の証人』、松本清張『一年半待て』のネタばらしがあります)

ロッキード世代からの「検察庁法改正案」批判 - 高世仁の「諸悪莫作」日記 【最初に追記】 松尾氏ら検察OBの抗議も大きかったのでしょう。今日の産経ニュース(コロナ問題以外:2020年5月18日分) - bogus-simotukareのブログで触れましたが、世論調査でも反…

高世仁に突っ込む(2020年4/18日分)

『ロマノフの消えた金塊』を読む - 高世仁の「諸悪莫作」日記 外出自粛要請で、本でも読もうかと思っている方も多いだろう。 とはいえ、自粛要請のために、図書館や本屋が閉まっていることが多くて「今からじゃ本が入手できない!」つう面はあります。 もち…

裁判員制度、検察審査会関係のミステリについて(追記あり)(注:蒼井雄『霧しぶく山』、大阪圭吉『寒の夜晴れ』『三狂人』『とむらい機関車』のネタばらしがあります)

私も、そもそも裁判員が量刑にも参加するという考えが間違っていたと思う - ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学) 私はそれ以前に裁判員裁判なんて愚劣にもほどがあると考えています うーん、 1)米英の陪審制や仏独の参審制をどう考えるのか(裁判員制度導…

今日の産経ニュース(2019年12月7日分)(注:清張『砂の器』『けものみち』のネタバレがあります)

【昭和天皇の87年】「俺も後から死ぬ」 闘将、山口多聞の猛反撃 米軍に一矢を報いたが… - 産経ニュース 敗因は、上層部の油断と慢心に尽きる。開戦初期の連戦連勝に浮かれ、明らかに米軍を侮っていた。どうせ大した敵はいないだろうと、連合艦隊司令長官の…

三浦小太郎に突っ込む(2019年12月5日分)

中村哲と火野葦平|三浦小太郎|note ・中村氏*1はそれを批判するのではなく、そのタリバン政権によって保たれている秩序もあるという現実をも直視した上で、その中で、医師として、人間として現地の人を救う道もあると信じ、その道を最後まで歩み続けた。 …

「砂の器」と国語研(一部ネタばらしがあります)

以下はいずれもかなり古い記事ですが、個人的にはなかなか面白いと思うので一応紹介しておきます。 砂の器 ■吉村刑事 カメダカと読むんですかね。 ■今西警部補 うん、国語研究所の桑原さんにね、念を押したんだがね。そしたらね、カメダケかもしれないけど、…

新刊紹介:「歴史評論」11月号(追記あり)

【最初に追記】 スウェーデンの王室の決定について、日本人も日本の皇室と対比して考えてもいいかもしれない - ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)で拙記事をご紹介頂きました。 いつもありがとうございます。 紹介した記事は、『天皇代替わりの歴史学』で…

中国での松本清張

中国での松本清張: 放心流 せんだって、松本清張*1が中国ではどう読まれているかといった話を清華大学の王成教授から聴いた。 文化大革命後、「君よ憤怒の河を渉れ*2」を皮切りに「幸せの黄色いハンカチ*3*4」など日本映画が続々と上映されることになった。…

「珍右翼が巣くう会」に突っ込む(2019年7/30日分:高英起の巻)

兵士らが金正恩「特別列車」を襲撃…重大事件の意外な顛末(高英起) - 個人 - Yahoo!ニュース 1934年11月、昭和天皇は群馬県桐生市を訪れた。天皇を乗せた車は市内を走行中に、決められたコースから外れてしまった。(ボーガス注:コースを誤った)先導役の警…

今日の産経ニュース(2019年5月24日分)(松本清張「女囚」のネタバレがあります)(追記あり)

外務、防衛両省がHPで「旭日旗」説明 韓国のレッテル貼りに対抗? - 産経ニュース 「旭日旗は戦前の日本海軍の旗です」「だから私たち韓国民は旭日旗についていい感情が持てません」「他の国はともかく、せめて韓国に海上自衛隊が来るときは旭日旗は外して…

昨日の報道特集がマジでショックだった(「松本清張シリーズ・虚飾の花園」のネタばらしがあります)

https://www.tbs.co.jp/tv/20190518_1B4F.html 【死刑を免れた男たち〜仮釈放後の生活】 全国で1800人いる無期懲役囚。刑法改正で仮釈放がほとんどなくなり、高齢化が進む。仮釈放で社会に出た無期懲役囚を取材、「死刑を免れた男たち」の素顔に迫る。 …

今日の産経ニュース(2019年5月17日分)(松本清張「駅路」「一年半待て」のネタばらしがあります)(追記あり)

自民、丸山議員への辞職勧告で対応苦慮(1/2ページ) - 産経ニュース 自民議員じゃないので苦慮するのはおかしいのですが 1)「ナチス発言の麻生」など同類の暴言議員(自民所属)に辞職勧告が出たら困る 2)「安倍改憲」に好意的な維新と仲良くやっていきた…

今日の産経ニュース(12/25分)

■【相模原殺傷】「息子にはちゃんと名前がある」「19人の生きた証し示して」 実名公表に向け遺族の声、聞き取りへ 26日に5カ月 http://www.sankei.com/affairs/news/161225/afr1612250015-n1.html それぞれの遺族が名前を出したければ出せばいいし、出…

「砂の器」雑感(ネタバラシあり)

まあ、映画も小説も「砂の器好き」の小生ですがよく考えるとアレ、ミステリーとしての基本設定がおかしいですよね。 いくら「実の父親(加藤嘉演じる本浦千代吉)」や「実の父親に近い存在(緒方拳演じる三木謙一元巡査)」だからって、何年もあってない成人…

「本格ミステリ」の意味がわからない(ネタバラシあり)【追記アリ】

Mukkeさんの某エントリ(http://d.hatena.ne.jp/Mukke/20141104/1415094349)が「本格ミステリ」について何か書いてたのに触発されての文章です。 まあ、大してミステリなど読んでないのですが、正直「本格ミステリ」てのは意味がわからない。また「本格」と…

松本清張生誕一〇〇年でいろいろ(追記・訂正あり)

今年は松本清張生誕一〇〇年。それを記念してという当て込んでと言うかいろいろな物が行われている。 私が気づいただけでも ・月刊「松本清張」の刊行。 ・昨日からNHK教育の「知る楽」で各界著名人が清張への思いを語る松本清張番組が始まった。(初回は阿…

私が今までに読んだ本の紹介(鮎川哲也編:追記・訂正あり)

・鮎川哲也 昭和を代表するミステリー作家の一人(既に故人)。松本清張(もちろんこちらも故人)に代表される社会派ミステリーではない、いわゆる本格ミステリーの方です。ミステリーの老舗・東京創元社は氏の名前をつけた「鮎川哲也賞」を毎年主催していま…