産経新聞

今日の産経ニュース(コロナ問題以外:2020年5月10日分)

検察法改正に抗議ツイート 野党や著名人ら3百万以上 - 産経ニュース 女優の小泉今日子さん*1や、作家のメンタリストDaiGoさん、歌手のきゃりーぱみゅぱみゅさん本人とみられる投稿 いわゆる「なりすまし」による虚偽ツイートならいずれ本人なり所属事…

今日の産経ニュースほか(コロナ問題:2020年5月10日分)

「次亜塩素酸水」活用広がる 消毒液不足、コロナへの有効性検証(1/2ページ) - 産経ニュース 活用が広がったところでそれは「次亜塩素酸水はコロナ予防に有効だ」という話では全くありません。 厚労省の見解は 1)次亜塩素酸水が有効か疑問 2)アルコール消…

今日の産経ニュースほか(2020年5月9日分)(追記あり)

爆発的感染防いだ日本の文化 太田文雄(元防衛庁情報本部長) « 国基研ろんだん 国基研ろんだん « 公益財団法人 国家基本問題研究所 防いだも何も既に東京や大阪は「爆発的感染」といっていいのではないか。そりゃ米国やイタリアに比べればまだマシなのでし…

今日の産経ニュースほか(2020年5月8日分)(追記あり)

【追記あり】 産経新聞ほかは、皇室、自分の会社の社長・会長、櫻井よしこらがコロナウイルスで死んでも、安倍晋三を批判しないのだろうと思う - ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)で拙記事をご紹介いただきました。ありがとうございます。 【追記終わり…

今日の産経ニュースほか(2020年5月7日分)

ポンペオ米国務長官、ウイルスの武漢研究所起源説「証拠はあるが確定的ではない」 新型コロナ - 産経ニュース つまりは「何らまともな証拠がないのに、中国に責任転嫁するためにハッタリかましてた」と言う話です。 「トランプの再選など絶対に駄目」と強く…

今日の産経ニュース(2020年5月6日分)

研究所流出「まだ不明」 米軍、政権主張に慎重姿勢 - 産経ニュース 流出を疑う具体的根拠など何もないのにトランプ大統領やポンペオ国務長官が騒ぎ立てるが故に「さすがに流出の証拠がないことは認めながらも」、トランプらに付き合って調子を合わせざるを得…

今日の産経ニュース(2020年5月5日分)

【戦後75年 憲法改正(3)】世界では改憲が常識 社会密着の米憲法、独基本法には国民の信頼 - 産経ニュース やれやれですね。 「海外では憲法改正は珍しくない」などと海外云々と言いながら、一方ではたとえば女帝支持派が「世界では女帝が常識」、死刑反…

今日の産経ニュース(2020年5月4日分)

給付開始「8月」? 首相言い間違えで混乱…直後に訂正 - 産経ニュース 安倍晋三首相は4日の記者会見で、収入が半減した中堅・中小企業に最大200万円を支給する「持続化給付金」の給付開始時期について、今月の「8日」と言うべきところを「8月」と言い…

今日の産経ニュース(2020年5月3日分)

新型コロナ ポンペオ米国務長官、武漢起源説に「多数の証拠」 - 産経ニュース ポンペオ米国務長官は3日、ABCテレビの報道番組に出演し、新型コロナウイルスの起源について、ウイルス感染が最初に確認された中国湖北省武漢市にある中国科学院武漢ウイルス…

今日の産経ニュース(2020年5月2日分)(追記あり)

「緊急事態条項」の必要性に言及 安倍首相の「改憲メッセージ」判明 - 産経ニュース 安倍晋三首相(自民党総裁)が、ジャーナリスト*1の櫻井よしこ氏らが主催する3日の憲法フォーラムに寄せたビデオメッセージで、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、憲法…

今日の産経ニュースほか(2020年5月1日分)

志村けんさん、NHK朝ドラ登場 生前のコメントも公表「つい何かしたくなっちゃう」 - 産経ニュース 「コント色のない志村の演技」が見られたであろう今日の放送をうっかり見逃したこと(録画もしてない)が残念です。再放送時には是非みたい。 志村さん死…

今日の産経ニュース(2020年4月30日分)

立民・蓮舫副代表、「学校辞めたら高卒になる」発言を謝罪 - 産経ニュース 何故謝罪するのかさっぱり分かりません。高卒になれば「学歴社会」日本において「処遇が悪くなること」は事実です。学歴差別発言でもなんでもない。 そもそもこういう問題で「確かに…

今日の産経ニュース(2020年4月29日分)

馳元文科相へのセクハラ抗議 首相「党総裁として申し訳ない」 - 産経ニュース 何せ「馳氏には厳重注意する」などという「大甘な態度」で、所詮「口先だけの謝罪」にすぎません。 被害者からすれば「安倍総理は我々を馬鹿にしてるのか!」「こんなん誠意のあ…

今日の産経ニュースほか(2020年4月28日分)

アベノマスク また新会社が出てきた「シマトレーディング」国会答弁で突然…(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース アベノマスク、5番目の会社「シマトレーディング」の“恥ずかしい過去”|ニフティニュース週刊新潮WEB取材班 https://twitter.com/jubilee071…

今日の産経ニュース(2020年4月27日分)

三越伊勢丹が赤字転落へ 110億円、コロナ影響 - 産経ニュース 外食売り上げ、底なしの様相 3月下げ幅が過去最大 - 産経ニュース コロナがなくても消費税増税で景気は良くなかったわけですが、全く恐ろしいことになりつつありますね。 岡村隆史さんの失言…

今日の産経ニュースほか(2020年4月26日分)(追記あり)

テレワーク標的か 国内でサイバー攻撃6500件超(1/2ページ) - 産経ニュース こうした事態を想定していなかったのか、「接触7~8割減少(出勤7~8割減少)のため、テレワークのすすめ」を公言した安倍はいつもながら「あまりにも無責任」でしょう。まあ…

今日の産経ニュースほか(2020年4月25日分)

東京新聞:<新型コロナ>秩父観光自粛「お願い」 地域6市町村 スポットに立て看板:埼玉(TOKYO Web) 秩父市、横瀬、皆野、長瀞、小鹿野町、東秩父村の秩父地域六市町村は二十四日、観光客に同地域への来訪を控えるよう求める「お願い」を出した。 六市町村長…

今日の産経ニュース(2020年4月24日分)(追記あり)

ホームレス殺害、容疑の学生逮捕で朝日大野球部が活動停止 - 産経ニュース 岐阜市で路上生活をしていた男性が殺害された事件で、傷害致死容疑で逮捕された19歳の男子大学生2人が在籍していた朝日大(岐阜県瑞穂市)は24日夜、2人が所属していた硬式野…

今日の産経ニュース(2020年4月23日分)

【正論】主権認識に挑戦する「不正検定」 東京大学名誉教授・小堀桂一郎 - 産経ニュース その事件とは4月10日付の本欄で藤岡信勝氏*1がその重大性を簡潔に伝へてをられる所だが、「新しい歴史教科書をつくる会」編集の中学校用歴史教科書に向けての文科省…

今日の産経ニュースほか(2020年4月22日分)

泉大津市長、布マスクの良さアピール 首相の朝日揶揄で波紋 - 産経ニュース 「繊維のまち」として知られる大阪府泉大津市の南出賢一市長は22日、首相官邸に木原稔*1首相補佐官を訪ね*2、地元メーカーが生産した布マスクを手渡し、品質の良さをアピールした…

今日の産経ニュースほか(2020年4月21日分)(追記あり)

政府配布の布マスク、受注3社が判明 計90億円で契約 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル 厚生労働省は21日、新型コロナウイルスの感染防止策として政府が全世帯向けに配布する布マスクについて、受注企業3社とそれぞれとの契約金額を明らかにした。同省…

今日の産経ニュースほか(2020年4月20日分)

【新型コロナ】「ポスト安倍」明暗…傷ついた岸田氏、菅氏も存在感なく、西村氏の存在感は向上(1/2ページ) - 産経ニュース 安倍が西村をコロナ担当相にしたのはそう言う思惑があるのかもしれないし、産経にとっても極右政治家の西村は望ましい政治家なので…

今日の産経ニュース(2020年4月19日分)

【主張】東アジアでの協力 日本は危機克服の先頭に - 産経ニュース やれやれですね。なんで先頭なのか。 韓国や台湾がコロナ封じ込めに一定の成果を上げ、その結果、かの国では政権支持率は高止まりしています。韓国ではその結果、先日の国会議員選挙で与党…

今日の中国ニュース(2020年4月18日分)

◆I浜Y子に突っ込む I浜Y子がツイート 『ウィッテ*1伯回想記*2』74頁に吹く一節が ニコライ二世の戴冠式に群衆が殺到して死傷者が二千人でた。戴冠式に参列していた李鴻章*3は 「この惨事をあなたは陛下に報告するのですか?」 ウイッテ「それは勿論報告しま…

今日の産経ニュース(2020年4月18日分)

【編集者のおすすめ】『元韓国陸軍大佐の反日への最後通告』池萬元著 - 産経ニュース 例の「反日種族主義」の二番煎じであり、文政権を「反日反米、親中国、親北朝鮮」と悪口するだけのクズ本のようです。ただし「反日種族主義」が「一応大手の文春」なのに…

今日の産経ニュース(2020年4月17日分)

10万円給付 来月開始へ 首相「申請は郵送・ネット」 - 産経ニュース 全員給付のはずなのに申請とはどういう意味なのか。呆れて二の句が継げませんね。 「(そんな冷静な精神状態にあるとは思えない経済弱者の)申請をさせる手間を省くため」「申請処理で現…

今日の産経ニュースほか(2020年4月16日分)

公務員定年延長、審議入り 与党、今国会成立目指す - 産経ニュース 「コロナは重要だが、マスコミはそればかりにかまけるな」と言いたいですね。 何せこの「国家公務員定年引き上げ法案(60歳から65歳へ)」は 1)検事長定年延長の事後の正当化、65歳定年な…

今日の産経ニュースほか(2020年4月15日分)

「どこかへ行こうと」昭恵夫人が安倍首相“コロナ警戒発言”翌日に大分旅行(文春オンライン) - Yahoo!ニュース 安倍晋三首相が、新型コロナウイルスから「自らの身を守る行動を」と警戒を呼びかけた翌日、昭恵夫人が大分に旅行し、約50人の団体とともに大分…

今日の産経ニュース(2020年4月13日分)

報ステが富川アナ感染を報告 代理アナ謝罪「重く受け止める」 - 産経ニュース 「業務で感染した。会社の感染防護に甘さがあった」「富川アナが異常を訴えたのに、上司が無視して業務をやらせた」など会社に何か問題があったのならともかく、そうでない(つま…

今日の産経ニュース(2020年4月12日分)

【書評】文化部編集委員・喜多由浩が読む『台湾を築いた明治の日本人』渡辺利夫著 高い志と情熱注いだ姿 - 産経ニュース ・高収量の「蓬莱(ほうらい)米」を開発した磯永吉(いそえいきち) ・東洋一のダムを建設し、大規模灌漑(かんがい)施設によって、…