歴史捏造主義

三浦小太郎に突っ込む(2020年6月11日分)(副題:つくる会教科書について色々)

◆阿呆右翼ラグタイムララバイ(三浦小太郎)のトンデモ書評 「武漢ウイルス」後の新世界秩序 - ウイルスとの戦いである第三次世界大戦の勝者は? (ワニブックス) 西村幸祐*1(著), 福山隆 (著) 中国へのヘイト丸出しで武漢ウイルス呼ばわりしてることといい、…

黒坂真に突っ込む(2020年6月11日分)

黒坂真 明治日本は生き残りをかけて、帝政ロシアと戦いました。 いつもながら黒坂のデマには「やれやれ」ですね。勿論日露戦争はそう言う戦争ではない。 韓国を植民地化しようとした日本に対し「それはロシアの国益に反する」と認識したロシアと日本が激突し…

今日の産経ニュースほか(2020年6月10分)

◆つくる会のツイート 新しい歴史教科書をつくる会【公式】 萩生田文科大臣宛て「不正検定」に関する公開質問状の回答期限はいよいよ明日です。大臣、くれぐれも誠実な回答を。 萩生田がつくる会の希望する「誠実な回答」、つまり「つくる会教科書を合格とし…

今日の産経ニュースほか(2020年6月4日分)(追記あり)

【追記】 政治部長が早期退職したのだから、産経の経営の悪さも相当なものだ - ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)でこの拙記事をご紹介いただきました。いつもありがとうございます。 【追記終わり】「 賭け麻雀報道の裏に反安倍の執念 」 | 櫻井よしこ …

つくる会『『新しい公民教科書』推薦文掲載』

「憲法」成立の事実を明示した、真っ当な教科書の出現を歓迎する城西大学准教授・小野義典 大日本帝国憲法の下で、「天皇主権」であったのか、と問われるのであれば、帝国憲法四条は「統治権ヲ総攬」する立場であるので、「天皇主権」ではないことが、条文を…

今日の産経ニュースほか(2020年6月1日分)

企業給付金の事務受注団体代表が辞任へ - 産経ニュース この件について明らかに「報道が少なかった産経」ですが、辞任については記事にしています。辞任の件は隠しようがないという判断なのか。 はたまた辞任で追及を打ち止めにして欲しいのか。もちろんこの…

三浦小太郎に突っ込む(2020年5月31日分)(追記あり)

6月1日発売の「正論」7月号に寄稿しました。後、同号掲載の早坂隆氏「樋口委一郎の遺訓と改憲論」はぜひおすすめ | 三浦小太郎BLOG Blue Moon 三浦は「樋口委一郎」と書いていますが本当は「樋口季一郎*1」が正しいです。ただし三浦の文章の引用は全て「樋口…

島田洋一に突っ込む(2020年5月30日分)

◆島田洋一のツイート 島田洋一 西村眞悟氏が、(ボーガス注:フジテレビ『テラスハウス』に出演した)女子レスラーの自殺はメディアが(ボーガス注:いわゆる飲酒酩酊会見の)中川昭一氏*1を(ボーガス注:麻生内閣財務相辞任に)追い込んだ経緯と似ていると…

今日の産経ニュースほか(コロナ問題以外:2020年5月30日分)

衆院選は「任期満了近く」 自民選対委員長、コロナで - 産経ニュース 衆院選がいつになるかはともかく「検察庁法改定への批判」「新型コロナ対応のまずさ」で支持率が減少傾向にある中、とても「解散」なんて出来る話ではないでしょう。 何とか支持率を改善…

つくる会『文科大臣あて公開質問状の提出/教科書調査官あて公開討論会の申し入れ』ほか

国民検定のお知らせ <国民検定参加要項> 『教科書抹殺』で取り上げられている100*1 の事例について、教科書執筆者グループと文科省教科書調査官のどちらの言い分が正しいと思うか判定をしていただきます。 プロの歴史学者に判定を依頼する*2のならまだしも…

今日の産経ニュースほか(コロナ問題以外:2020年5月27日分)

軍事的緊張高まる中台関係 太田文雄(元防衛庁情報本部長) « 国基研ろんだん 国基研ろんだん « 公益財団法人 国家基本問題研究所 蔡英文が中国に対して挑発的な態度をとり、それを支援するかのような態度をトランプ政権がとる中、「政治的緊張」は高まって…

三浦小太郎に突っ込むほか(2020年5月25日分)(追記あり)

【香港の自由と民主主義を守るために 国会議員の皆様は抗議の声をあげてください】 | 一般社団法人 アジア自由民主連帯協議会 国会議員として抗議声明を出していただき、日本政府が香港を守るよう働きかけをして下さい。 まあ「何だかなあ」ですね。一個人な…

島田洋一に突っ込む(2020年5月25日分)

◆島田洋一のツイート 島田洋一 福井県では最後まで自粛対象に残っていたバー、スポーツジム、カラオケ、ライブハウス等も6月1日以降、営業解禁となる。小池東京都の「ロードマップ」ではこれら業種は無期限*1自粛継続らしい。展望が見えないというのは関係…

今日のニュース(コロナ問題:2020年5月25日分)

「満州帝国協和会(Concordia Association of Manchuria)会長サルタク アルスラン氏から当協議会へのマスクの寄付のお知らせ | 一般社団法人 アジア自由民主連帯協議会 海外で活動している満州帝国共和会の皆さんから、日本の皆様へのマスクの寄付が当協議…

今日の産経ニュース(コロナ問題以外:2020年5月25日分)

《呼びかけ人会議》に申しあげる。「宇都宮健児君を野党共闘の都知事選候補者として推薦することはお控えください」 | ちきゅう座 これについては小生も澤藤氏と同意見です(とはいえ宇都宮氏以外にまともな候補がいないのであれば消去法で彼を支持しますが…

三浦小太郎に突っ込む(2020年5月23日分)

「北朝鮮利権の真相2 日朝交渉『敗因』の研究」(宝島社)読み返しています | 三浦小太郎BLOG Blue Moon 北朝鮮利権なる物は勿論一度も証明されたことがなく、『北朝鮮利権の真相』なる本は、単に「金丸訪朝の金丸*1・元自民党副総裁」「日朝国交正常化推進…

今日の産経ニュースほか(コロナ問題以外:2020年5月20、21日分)(追記あり:主として黒川賭け麻雀問題)

《独自》国家公務員法改正案、政府が廃案方針固める - 産経ニュース 事実なら「おいおい」ですね。今まで言っていたことをまるきり否定して、当初方針の継続審議を辞めていきなり廃案にするとはどう言う神経をしているのか。 黒川の検事長辞任で廃案に方針変…

新刊紹介:「歴史評論」6月号

・詳しくは歴史科学協議会のホームページをご覧ください。小生がなんとか紹介できるもののみ紹介していきます。正直、俺にとって内容が十分には理解できず、いい加減な紹介しか出来ない部分が多いですが。 第53回大会「変貌する国家と個人・地域」 歴史科学…

島田洋一に突っ込む(2020年5月18日分)

◆島田洋一のツイート 島田洋一 この機会に最高裁判事(司法そのもの)を内閣任命制から国会承認制に改め承認公聴会を行う憲法改正に踏み込むべきだ。一番困るのは左翼で、日弁連が政権との談合で既得権としてきた「左翼枠」が白日の下に晒され成り立たなくな…

今日の産経ニュース(コロナ問題以外:2020年5月14日分)

首相「恣意的な人事はない」 検察庁法改正案 - 産経ニュース というなら「例外措置としての定年延長をする場合、どう恣意的な延長をしない制度設計をするのか」説明すべきですが「安倍晋三を、自民党を信じて下さい」だから話になりません。 「モリカケ、桜…

今日の産経ニュース(コロナ問題以外:2020年5月13日分)

【主張】検察庁法改正案 疑念もたれぬ説明尽くせ - 産経ニュース 説明すれば分かってもらえるという話では全くありませんが、高まる批判に産経ですら「言いがかりだ」と完全に居直る度胸はないようです。 【正論】中国礼賛の価値や戦略改める時 文化人類学者…

今日の産経ニュース(コロナ問題以外:2020年5月10日分)

検察法改正に抗議ツイート 野党や著名人ら3百万以上 - 産経ニュース 女優の小泉今日子さん*1や、作家のメンタリストDaiGoさん、歌手のきゃりーぱみゅぱみゅさん本人とみられる投稿 いわゆる「なりすまし」による虚偽ツイートならいずれ本人なり所属事…

島田洋一に突っ込む、ほか(2020年5月6日分)

◆文科省「不正検定」を正す会・意見広告 HOME | 文科省「不正検定」を正す会 1口1万円のご寄付をお願いし、意見広告参加者を募集させていただきましたが、おかげ様で、締め切りの4月24日現在 1,392名 の方々にご参加いただきました。ご支援いただきました皆…

今日の産経ニュース(2020年5月6日分)

研究所流出「まだ不明」 米軍、政権主張に慎重姿勢 - 産経ニュース 流出を疑う具体的根拠など何もないのにトランプ大統領やポンペオ国務長官が騒ぎ立てるが故に「さすがに流出の証拠がないことは認めながらも」、トランプらに付き合って調子を合わせざるを得…

黒坂真に突っ込む(2020年5月5日分)

黒坂真がリツイート 吉岡正史さん。日本共産党が緊縮主義の立場から日銀による国債購入に断固反対であることはわかりました。 ◆吉岡正史がツイート 日銀の大企業資金繰り支援/清水議員「雇用維持求めよ」 「何だかなあ」ですね。日銀の大企業資金繰り支援/清…

黒坂真に突っ込む(2020年5月4日分)

黒坂真がリツイート 吉岡正史さん。大日本帝国は朝鮮半島に教育制度を普及した。京城帝国大学が創設された。 いつものウヨの「日本のおかげで韓国は近代化できた」という居直りですが、その理屈なら「中国共産党のおかげでチベットは近代化できた」といえる…

黒坂真に突っ込む、ほか(2020年4月30日分)

◆近衛「戦犯指定」は昭和天皇の謀略? 吉田裕著『昭和天皇の終戦史』を読む - 近衛文麿と昭和天皇の暗闘 : 世に倦む日日 吉田裕*1著の岩波新書『昭和天皇の終戦史』を開いて読んだ。非常に面白い。 近衛文麿の思惑では、昭和天皇に退位させ、幼い少年の皇太…

黒坂真に突っ込む(2020年4月29日分)

黒坂真 左翼知識人は、日本が20世紀で最悪*1の戦争犯罪国家だったと宣伝します そんな宣伝は誰もしていないと思いますが、黒坂らウヨにとっては「南京事件」「慰安婦」「731部隊」「バターン死の行進」「沖縄での集団自決強要」などの「戦前日本の戦争犯罪」…

今日の産経ニュース(2020年4月24日分)(追記あり)

ホームレス殺害、容疑の学生逮捕で朝日大野球部が活動停止 - 産経ニュース 岐阜市で路上生活をしていた男性が殺害された事件で、傷害致死容疑で逮捕された19歳の男子大学生2人が在籍していた朝日大(岐阜県瑞穂市)は24日夜、2人が所属していた硬式野…

今日の産経ニュース(2020年4月23日分)

【正論】主権認識に挑戦する「不正検定」 東京大学名誉教授・小堀桂一郎 - 産経ニュース その事件とは4月10日付の本欄で藤岡信勝氏*1がその重大性を簡潔に伝へてをられる所だが、「新しい歴史教科書をつくる会」編集の中学校用歴史教科書に向けての文科省…