映画

珍右翼・高世仁に突っ込む(2021年5/5日分)

「人権」のために避けて通れない「共産主義」批判 - 高世仁の「諸悪莫作」日記 珍右翼・高世仁に突っ込む(2021年5/4日分)(追記あり) - bogus-simotukareのブログで批判した共産主義はなぜ1億人も殺したのか - 高世仁の「諸悪莫作」日記の続きです。 タ…

映画「ブータン山の教室」をまた、ブログネタにしてみる

「幸せって何?」と思ったら見てみたい「ブータン 山の教室」 | 大手小町(読売新聞文化部 恩田泰子) 幸せって、なんだっけ。 「幸せって、なんだっけ、なんだっけ、ポン酢醤油のある家さ、ポン酢醤油はキッコーマン(明石家さんまが出演したCM)」とボケた…

パーマン1号と「車寅次郎の甥」はどちらも「すわみつお」、他パーマンで色々

まあ、パーマンは「須羽満夫*1(須羽ミツ夫)」、「男はつらいよ(寅さん)」は「諏訪満男」で字が違いますが読みは同じです。 そしてパーマンが「1967年」にTBSでアニメ化、寅さんが「1969年」に映画第1作*2と言うことを考えると「パーマンから名前を持って…

高世仁に突っ込む(2021年4/8日分)(追記あり)

さわやかな映画「ブータン 山の教室」 - 高世仁の「諸悪莫作」日記 「若い教員ウゲンは、ある日教官に呼び出され、ブータンで最も僻地にあるルナナ村の学校に行くように伝えられる。」 「「オーストラリアに行きミュージシャンになりたい」という夢を抱きな…

高世仁に突っ込む(2021年3/21日分)(注:藤子・F・不二雄『のび太と竜の騎士』のネタばらしがあります)

最新の研究が変えた恐竜のイメージ - 高世仁の「諸悪莫作」日記 恐竜は今も子どもに大人気だ。 最近の子どもは違うのかもしれませんが、俺の子ども時代は「恐竜と怪獣(ゴジラ、ガメラ、ウルトラマンシリーズの怪獣など)」がごちゃごちゃになってましたね。…

「珍右翼が巣くう会」に突っ込む(2021年3/5分:荒木和博の巻:映画『ハーヴェイ』、『フィールド・オブ・ドリームス』のネタバレがあります)

映画「めぐみへの誓い」と「フィールド・オブ・ドリームス」と(3月6日のショートメッセージ): 荒木和博BLOG 令和3年3月6日土曜日のショートメッセージ(Vol.338)。「めぐみへの誓い」から映画つながりでケビン・コスナー*1主演の昔の映画「フィールド・オ…

「珍右翼が巣くう会」に突っ込む(2021年2/28日分:島田洋一の巻)

◆島田のツイート 島田洋一 遅ればせながら映画「空母いぶき」を観た。先制的自衛行動*1をためらい続ける辺り、日本の現状を映しているが、最後に国連安保理常任理事国*2の連合潜水艦隊(中国含む)が日本の救援に乗り出して一件落着となる辺り、幻想にしても…

「珍右翼が巣くう会」メンバー・黒坂真に突っ込む(2021年2月15日分)

◆黒坂のツイート 黒坂真がリツイート 田村智子議員。北朝鮮に拉致された女性たちは、発言、立案、創造など何もできません。生きのびるためには黙っているしかない。 ◆田村智子*1 森氏の発言が女性たちの心のスイッチを押した。受信、サポート、受け手である…

「珍右翼が巣くう会」に突っ込む(2020年12/30分:荒木和博の巻)

映画・ドラマの「外事警察」の話(12月30日のショートメッセージ): 荒木和博BLOG 令和2年12月30日水曜日のショートメッセージ(Vol.272)。NHKドラマ、そして映画化された「外事警察」(麻生幾原作)についてお話ししました。私は警察の批判もしますが、一…

高世仁に突っ込む(2020年12/28日分)

今年観た映画ベスト10 - 高世仁の「諸悪莫作」日記(12月28日付記事) タイトルから分かるように今日の高世記事も拉致はなぜ見過ごされてきたのか6 - 高世仁の「諸悪莫作」日記(12月7日付記事)の続きではありません。高世もいい加減、(つづく)として…

「珍右翼が巣くう会」に突っ込む(2020年12/6~8日分:荒木和博の巻)

◆荒木のツイート https://twitter.com/ARAKI_Kazuhiro/status/1335823604978647041 予備役ブルーリボンの会「レブラ君とあやしい仲間たち」。お二人の元陸軍大佐殿の怪しい会合のお話しです。 予備役ブルーリボン、つまり予備自衛官なので「元陸軍大佐」では…

今日の産経ニュース(2020年12月6日分)

【最初に追記】 河野談話を撤回したら、ますます世界中に慰安婦像がつくられる - ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)でこの拙記事をご紹介頂きました。いつもありがとうございます。なお、河野談話を撤回したら、ますます世界中に慰安婦像がつくられる - …

「珍右翼が巣くう会」に突っ込む(2020年12/5日分:荒木和博の巻)

人権映画祭会場でライブ【調査会NEWS3369】(R02.12.5): 荒木和博BLOG 今人権映画祭会場の民団大阪のホールにいます。 民団もよくもまあ「アンチ北朝鮮」というだけで、「嫌韓国ウヨ」で「河野談話否定論」「外国人地方参政権否定」の荒木ら巣くう会一味と…

高世仁に突っ込む(2020年10/29日分)(追記あり)

鬼海弘雄さんが語る「写真の可能性」2 - 高世仁の「諸悪莫作」日記 高世仁に突っ込む(2020年10/27日分) - bogus-simotukareのブログで取り上げた鬼海弘雄さんが語る「写真の可能性」 - 高世仁の「諸悪莫作」日記の続きです。 高世は 鬼海弘雄さんを偲ん…

ある意味「贅沢な映画」である「砂の器」

http://www.j-kinema.com/suna-no-utsuwa.htm 名シーンはたくさんある。 後半の加藤嘉と春日和秀の旅のシーン群、粥を二人ですするところや 学校の体育の授業を見つめる春日和秀、二人を追い出す浜村純の警官、丹波哲郎の切々と語るセリフ回し(別にラストの…

「珍右翼が巣くう会」に突っ込む(2020年9/29日分:荒木和博の巻)

黄海射殺事件の謎【調査会NEWS3339】(R02.9.29): 荒木和博BLOG アンチ北朝鮮、アンチ太陽政策(アンチ文政権)のウヨ荒木らしく、北朝鮮や文政権に悪口雑言ですが、少なくとも「荒木の建前上の目的」拉致解決においてこの問題は何ら関係ありません。 俺も…

今日の中国ニュース(2020年9月23日分)

【産経抄】9月23日 - 産経ニュース 「ディズニーは中国政府に叩頭(こうとう)している」。 香港の民主活動家はツイッターにこう書き込んで、ディズニーの新作映画「ムーラン」のボイコットを訴えた。一部シーンの撮影が、イスラム教徒への迫害が続く新疆…

今日の朝鮮・韓国ニュース(2020年8月24日分)(追記あり)

輸出厳格化1年 半導体素材、韓国生産にシフト: 日本経済新聞(企業報道部 福本裕貴、岩野恵) 韓国政府は日本による輸出管理の厳格化*1以降、半導体材料などの先端素材分野で国産化を支援する動きを拡大させてきた。 韓国での動きに日本の素材メーカーには懸…

新刊紹介:「歴史評論」9月号(副題:映画『樺太1945年夏 氷雪の門』、『焼肉ドラゴン』、開高健『日本三文オペラ』などの簡単な紹介(?)があります)

詳しくは歴史科学協議会のホームページをご覧ください。小生がなんとか紹介できるもののみ紹介していきます。正直、俺にとって内容が十分には理解できず、いい加減な紹介しか出来ない部分が多いですが。 ということで今回は特集『中世村落史研究のフロンティ…

欧米(?)での松本清張

外国人が読みたくなる日本文学|日経BizGate (2)『Inspector Imanishi Investigates』は直訳すると「今西刑事が捜査する」で、正解は(10)『砂の器』(松本清張)。主人公の心情を描写した抽象的なタイトルは欧米では伝わらないとか。 ちなみに欧米で無くて中…

「珍右翼が巣くう会」に突っ込む(2020年7/29分:荒木和博の巻)

産経新聞「北で日本人7人と接触」との記事について(7月29日のショートメッセージです): 荒木和博BLOG 産経「北で日本人7人と接触」の記事について【調査会NEWS3309】(R02.7.29): 荒木和博BLOG これが「横田めぐみさんと会った」なんて話で信憑性が高けれ…

三浦小太郎に突っ込む(2020年7月26日分)

逢魔名画座「からっ風野郎」上映会のお知らせ | 三浦小太郎BLOG Blue Moon 「からっ風野郎」 三浦小太郎に突っ込む(2020年3月29日分) - bogus-simotukareのブログでも触れましたが、この「からっ風野郎」、興行的には成功したようですが、三島の演技は「素…

ミステリ作家としての遠藤周作(注:遠藤『闇のよぶ声』『真昼の悪魔』『悪霊の午後』のネタばらしがあります)

推理作家協会賞に呉勝浩さん - 産経ニュース 第73回日本推理作家協会賞は、(中略)「評論・研究部門」が金承哲さんの「遠藤周作と探偵小説」(教文館)にそれぞれ決まった。 遠藤には 遠藤周作 - Wikipedia 【小説の発表年順】 ◆犯罪事件九州大学生体解剖…

高世仁に突っ込む(2020年7/20日分)

日本でなぜPCR検査が増えないのか3 - 高世仁の「諸悪莫作」日記 高世仁に突っ込む(2020年7/14日分) - bogus-simotukareのブログで紹介した日本でなぜPCR検査が増えないのか2 - 高世仁の「諸悪莫作」日記の続きです。 さて詳しくは、日本でなぜPCR検査が…

「珍右翼が巣くう会」に突っ込む(2020年7/15分:荒木和博の巻)(注:横溝正史原作・市川崑監督映画『病院坂の首縊りの家』のネタばらしがあります))

◆荒木のアホツイート 荒木和博がリツイート ◆レブラくん(RBRA)予備役ブルーリボンの会 「できる」のに「しない」ことを、勝手に「できない」と決めていないか。拉致被害者救出に自衛隊を活用することは「できる」が、「する」か「しないか」は政府の意志に委…

三浦小太郎に突っ込む(2020年7月11日分)(追記あり)

モリコーネと「ニュー・シネマ・パラダイス」 | 三浦小太郎BLOG Blue Moon 私はこの映画を観て、勝手に「この寓話の意味はこうだ!」と思い込み、完全版を見た時全く違う解釈を示された気がして、今も2時間版にこだわってます。でも、この寓話の解釈は、100…

三浦小太郎に突っ込む(2020年6月29日分)

「東海道四谷怪談」上映会にご参加いただきありがとうございました。 | 三浦小太郎BLOG Blue Moon 27日の「東海道四谷怪談」上映会には15名の参加を頂き、まことにありがとうございました。 三浦とお仲間が好きにやればいい話ではありますが、もはや「参加者…

「珍右翼が巣くう会」に突っ込む(2020年6/28分:荒木和博の巻)(追記あり)

◆奇妙奇天烈なワセダクロニクル ご支援のお願い:ワセダクロニクル 私たちの記事を読んでもらうため、料金の壁(購読料)を設けません。独立したジャーナリスト集団であるワセダクロニクルには広告収入もなく、取材費も給料もありません。あるのは、私たちと…

今日の産経ニュースほか(2020年6月23日分)

【正論】なぜ韓国はホワイト国足りえぬか 国連安保理専門家パネル元委員・古川勝久 - 産経ニュース 徴用工判決と慰安婦像への逆ギレという「WTO違反行為(ホワイト国除外)」を「北朝鮮への密輸の疑いガー」とデマで正当化しようとする「古川勝久」の駄文で…

倍賞美津子が助演した古谷三敏原作の映画『ダメおやじ』は、だいぶ原作とテイストが違った(と思う)(ボーガス注:『八つ墓村』のネタばらしがあります)

【2021.8.5追記】 ようやく三波伸介の(数少ない)主演映画『ダメおやじ』を観ることができた - ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)でご紹介いただきました。いつもありがとうございます。 【2020.6.11追記】 三波伸介も、やはりシリアスな方向へもシフト…